223件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

霧島市議会 2019-03-28 平成31年第1回定例会(第7日目 3月28日)

質疑の終結後,第3回と第4回の委員会において,各会派の意見の取りまとめ及び自由討議に入りました。自由討議では,①事業収支シミュレーションの数値設定が甘く,精度の面から再検討すべきではないか。②全室個室ではなく,多床室も考慮すべきではないか。③不採算医療を担う公立病院の役割を堅持すべきではないかなど,様々な意見が出され,最終的に,次の3点について全会一致の提言がまとまりましたので,御報告いたします。

鹿児島市議会 2019-03-01 03月05日-07号

我が会派が尼崎市の未来いまカラダポイント制度を調査してわかったことは、健診、保健指導で一気に六百ポイントがたまった上に、周りの方に健診を紹介するだけで、紹介された人も紹介した人もともに百ポイントをためられるという仕組みでありました。それは、多くの市民にまずは健診を受けてもらい、自分の体の状態を知って健康行動につなげてほしいとの強い願いが込められているからではないでしょうか。 

鹿児島市議会 2019-03-01 02月15日-02号

私ども日本共産党会派は、議員定数削減が本市議会で議論されるようになってから、少子高齢化に伴う厳しい財政状況などを勘案した場合に定数ではなく、みずからの報酬を削るべきと主張してきた立場から、人事院勧告に基づいて自動的に引き上げられる仕組みについて問題提起をしてまいりました。 そこで、質問の四点目、今回の議案提案に当たって、期末手当の引き上げについて鹿児島市特別職報酬等審議会は開催されたものか。

鹿児島市議会 2019-03-01 03月20日-10号

第二に、三十一年度は高齢者福祉センター同様、利用者が減少している敬老パスについて利用状況等の調査に取り組むこととしているが、同センターの利用者数の回復に向けた抜本的な改善策は講じられておらず、我が会派としてはもとの無料に戻すべきとの立場であること。

鹿児島市議会 2018-10-01 10月09日-08号

以上のような質疑経過を踏まえ、委員会におきましては、本件についての意見集約に臨み、意見の開陳を願ったところ、委員から、「我が会派としては、そもそもマイナンバー関係の議案については、これまでも個人情報が漏えいする懸念があることから反対してきたが、今回の条例改正についても、一点目に、生活保護法に準ずる制度を利用している外国人については、新設された進学準備給付金を申請される方の同意なく情報連携等の対象となる

鹿児島市議会 2018-03-01 03月09日-10号

同議案につきましては、今後の人口減少及び高齢化の進行に伴う社会保障費の増大等を見据えた場合、鹿児島市議会としても将来の人口動態や財政状況を勘案する中で、市民意見のさらなる反映を実現するとともに、より効率的な議会運営に努める必要があると考えることから、今後の鹿児島市の将来を見据え、議員定数を五十人から四十五人に改めるとの理由で、私ども日本共産党会派を除く各会派の代表者と無所属議員の十一名の議員提案となっており

鹿児島市議会 2018-03-01 03月22日-11号

次に、小学校と中学校では暖房の使用に顕著な差があるが、このことについてはどのように考えているものか、また、クーラーの利用に当たっては、適切な使用ができるよう現場の判断を尊重していただきたいとの要望をここ数年、会派として行ってきているが、暖房使用の判断は教育委員会、学校現場どちらの判断が優先されるのか伺ったところ、小中学校間の暖房使用の差については、児童生徒の発達段階の違いや学校がある場所の地形や標高差

伊佐市議会 2018-02-28 平成30年第1回定例会(第2日目) 本文 2018年02月28日開催

私たちは、この保険制度の改革について、会派5人で先月1月22日、23日に地方議員研修会に参加してきました。今回の改正で、特に現在、市町村が保険者になって運営している国保制度が、県が運営に加わり、国保の制度を守り続けるため、県と市が共同で運営していくというものであります。  また、国保の被保険者の方々の国保税の算定が大きく変わり、今期定例会にも議案第26号として提出されております。

霧島市議会 2018-02-23 平成30年第1回定例会(第5日目 2月23日)

市民の皆様の声を市政へ届ける会派新風会の一人として,通告に基づき質問いたします。まず,交通安全対策と道路整備について伺います。農振農用地の整備がされた地区に,後から小学校ができたことで農道が狭く,車の往来も非常に多くなってきています。市道下井29号線については,下井地区からもまちづくり委員会等で要望も出されているようですが,子供たちの登下校時や農繁期においては,通学にも影響があると思われます。

霧島市議会 2017-12-20 平成29年第4回定例会(第4日目12月20日)

この夏,急逝された我が会派の先輩議員であった,今は亡き時任議員の意思を受け継ぎ,市民の皆様の生活を守り,女性の声の代弁者となって全力で働いてまいります。先輩議員の皆様方,中重新市長を始め行政の皆様方,何卒御指導のほどよろしくお願いいたします。

鹿児島市議会 2017-10-01 10月02日-08号

議事日程 第八号     平成二十九年十月二日(月曜)午前十時 開議第 一 第四三号議案 人権擁護委員候補者の推薦について意見を求める件第 二 第二〇号議案ないし第二七号議案第 三 第四四号議案 平成二十九年度鹿児島市一般会計補正予算(第三号)第 四 意見書案第九号 地方財政の充実・強化を求める意見書提出の件第 五 決議案第一号 北朝鮮による核実験等に抗議する決議の件第 六 決議案第二号 自民みらい会派

伊佐市議会 2017-09-08 平成29年第3回定例会(第4日目) 本文 2017年09月08日開催

緒方議員からもありましたが、我々の会派では、6月、7月、8月とWCS、飼料用米について勉強会を行ってきました。カミチクの取締役常務との意見交換会、錦江ファームの混合飼料工場、TMRセンターでの研修、大分県安心院におけるカミチク契約農家への現地視察、以上の内容も踏まえた上で、最初の混合飼料工場の建設誘致に向けた取組についてお伺いいたします。  

伊佐市議会 2017-09-05 平成29年第3回定例会(第2日目) 本文 2017年09月05日開催

そこで私たち、私を含め5人、この伊佐市議会で会派をつくっております。で、その会派の中でいろいろ協議しまして、質問をするだけではなく、実際現場がどうなのか、もっとやっぱり深く知るべきではないかということで、いろいろ協議を重ねまして、ことし6月から、7月、8月と月1のペースでカミチクグループ担当者の方と直接お会いし、いろいろお話をお伺いいたしました。

垂水市議会 2017-06-23 平成29年  6月 定例会(第2回)-06月23日−02号

次の質問ですけれども、5月30日から6月2日までの4日間、私も会派の政務調査で北海道の稚内市に行かせていただきました。その中で、稚内市の稚内駅再開発ビルキタカラというところも説明をいただきまして、その御説明の中で、子どもが遊べるキッズスペースというものも非常に、このキタカラでは、市民によく活用されているという御説明をいただきました。  

鹿児島市議会 2017-03-01 02月28日-05号

既に御存じのとおり、この件については我が会派の同僚議員が長年にわたり取り組んできた経過があり、私どもとしてもその一日も早い実現を強く願っているところです。本年一月三十日にJR九州がこの問題を検討してきた四者連絡会実務者協議に鹿児島中央駅西口開発整備イメージとする計画案を提示されたことから、同地区の整備に向けた足がかりとして大きな関心が寄せられています。

垂水市議会 2016-12-13 平成28年 12月 定例会(第5回)-12月13日−04号

このたび社民党の橋口芳議員とともに、市議会会派「脱原発の会」を結成しました。「脱原発の会」は、名前のとおり原発のない社会を目指すという1点で協力、協働する会派であります。この4年間一歩でも脱原発社会に近づけるよう精いっぱい頑張ってまいります。よろしくお願い申し上げます。  通告に基づき一般質問を行います。まずは高速船甑島についてであります。  私は、甑島住民を対象にしたアンケート調査を行いました。