62件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

伊佐市議会 2020-12-17 令和2年第4回定例会(第4日目) 本文 2020年12月17日開催

農業後継者育成は、農業委員会、県、伊佐駐在伊佐農業公社JA連携を取りながら取組を行ってまいります。就農する前に、研修を希望される方、親元就農を希望される方、独立自営就農を希望される方、経営継承などの就農相談を行いながら、できるだけ国の支援事業を活用できるように取組を行ってまいります。  

南九州市議会 2020-12-10 12月10日-03号

当然,今の現段階においても,そういったところでも新たな品種改良等も進めているところではあると思いますので,今後もJAとも一緒になって,そういった形では要望というかそういった意見は出していきたいと思います。以上です。 ◆議員竹迫毅)  ぜひそのように関係団体とも連携をとって,国に強く,これでもか,これでもかというぐらいやってもらいたいと。

南九州市議会 2020-12-08 12月08日-01号

小売り茶になると,それなりの付加価値が高まるということで収入が増えるところでございますけれども,店舗を持ったり,それから,在庫を持ったり,そういう経費が非常にかかるということでございますので,ここについてはJA協議をしながら,JAのお茶をまず販売して,小売り事業について,ある程度認識を持っていただきながら,そして,ある程度資金力もできた中で小売りを進めるということで,今,協議を進めているところでございます

鹿屋市議会 2020-09-15 09月15日-03号

いずれにしましても、今後の農業経営を維持、拡大していくためにスマート農業への取組は必要不可欠でありますことから、引き続き、県やJA関係機関団体連携しながら、かのや型スマート農業推進方針に基づき取組を進めてまいります。 ◎農林商工部長松下勉君) それでは、(2)スマート農業技術の開発・実践プロジェクトについて、①事業の概要についてお答えいたします。 

南九州市議会 2020-09-03 09月03日-03号

近年,本市におきましても農業生産法人,そういった組織も増えてきておりますので,そういった組織におきましてはJAは経由せず直接出荷等もやっている団体も多くございますので,そういった生産法人等にも相談等をしていただいて販路をそういった形でいろいろ話を聞いてみるのもいいんじゃないかと思うところでございます。以上です。 ◆議員西山一)  ありがとうございました。

南九州市議会 2020-09-02 09月02日-02号

農政課長櫛下町浩二)  すいません,今回の種苗法の改正によりまして,そういったいろんな事務,そういった農家負担と,あと許諾料が上がっていって農家負担等が出てくるのではないかという部分についてですが,先ほども若干触れましたけれども,サツマイモなんかで,本市で言いますと,当然JAなり,ほかの団体等が育苗して苗を売っているわけですけれども,その購入するJAにおいて,その許諾料,そういった申請に関

南九州市議会 2020-06-18 06月18日-03号

それから,国の事業等,ほかにつきましては,JAが主にやっているところではございますが,市としましてもJA一緒になって連携をしながら協力をしていきたいと思っております。以上です。 ◆議員内園知恵子)  ぜひとも申請ができてお金が入れるように御協力お願いします。 それでは,茶業の状況について,お尋ねします。 

南九州市議会 2020-06-17 06月17日-02号

農政課長櫛下町浩二)  研修等,そういった育成実施予定についてということだと思いますが,青年農業者に限らずに,認定農業者新規就農者担い手農家等に対しまして,市,JAで構成されます南九州担い手育成総合支援協議会というのがあるんですが,そこを中心にしまして,営農技術栽培研修,それからパソコンの簿記研修とかいろいろ研修がございます。

伊佐市議会 2019-12-06 令和元年第4回定例会(第4日目) 本文 2019年12月06日開催

まず、農業後継者への支援でございますが、伊佐市としましては農業委員会、それから伊佐駐在伊佐農業公社JA連携をしながら就農をされる方の相談を受けているところでございます。就農される前に研修を希望される方につきましては、国の事業であります農業次世代人材投資事業、それから、農業を経営される方については、農業次世代人材投資事業資金等を活用してもらっているところでございます。  

鹿屋市議会 2019-11-29 11月29日-01号

今後においても、生産者意欲を持ち、安心して生産活動に取り組めるよう、国や県、JA連携しながら病害対策に取り組んでまいります。 大隅縦貫道整備促進については、本市及び肝属地区4町の首長及び議長で構成する「大隅縦貫道整備促進期成会」において、8月に決起大会を開催したほか、10月には国土交通省や財務省に出向き、早期整備に向けた要望を行いました。 

鹿屋市議会 2018-12-12 12月12日-04号

そういったことを踏まえて、今後については、先ほど申し上げた合同説明会へのJAの参画を促すこと、あるいは先ほどおっしゃられた意欲喚起相談事業ですかね、についても十分勉強させていただいて検討させていただきたいと考えております。 ◆議員(吉岡鳴人議員) よろしくお願いします。 次に、今度は青年就農給付金制度、いわゆる農業次世代うんぬんの話をさせていただきたいと思います。 

鹿屋市議会 2018-12-10 12月10日-02号

今後とも、県に対しまして早急な原因究明対策の確立をお願いするとともに、市といたしましても、生産者への技術対策の積極的な情報提供や、県やJA組織する技連会中心に、生産者協力を得ながら、品種や作型によって発生に差があるのかを確認する現地実証を行うなど、少しでも生産者の不安が取り除けるよう取り組んでまいりたいと思っております。 

姶良市議会 2018-11-30 11月30日-04号

また、JAの集荷の体制もできておりますし、業者との年間の作づけ計画等もできておりまして、それに沿って目標を立てて取り組んでいらっしゃいますので、今後もそのあたりについては農家さんと一緒になって推進していきたいというふうに思っております。 ◆13番(湯元秀誠君) 今部長が言われたように、やっぱりそういうところを推進してある。後押ししてある。

南九州市議会 2017-12-06 12月06日-01号

それと,個人補助についてですけれども,これにつきましては,購入要望が市役所のほうに申請書が出されましたら,その中を精査しまして,購入支給決定通知書というものを個人に出しますので,決定通知書を持ってJAいぶすき,またはJA南さつまの支所のあるところのJA負担金の30%分を出していただいて購入するという形になります。 以上です。