67件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鹿児島市議会 2021-03-22 03月22日-09号

次に、本市の小中学校においても、本年4月からタブレット端末等運用が本格的に始まることを踏まえ、子供たちの学びの保障のため、フレンドシップに通級できない児童生徒を含めた不登校児童生徒へのIC機器活用した学習支援の在り方について検討する時期に来ているものと思料することから、このことに対する当局の見解を伺ったところ、ICT活用については、不登校対策検討委員会などにおいて協議検討を行ってきており

鹿児島市議会 2021-03-02 03月02日-04号

その役割、業務内容につきましては、Society5.0時代の到来など学校を取り巻く環境が変化する中におきまして、本市における教育情報化を中心となって進めることを目的とし、IC機器通信ネットワーク運用管理を行います。また、教職員ICT活用指導力向上のための研修校内研修支援等充実に努めてまいります。 

伊佐市議会 2020-12-17 令和2年第4回定例会(第4日目) 本文 2020年12月17日開催

学校のほうでは180万円の定額をIC機器の保守や広報・宣伝の事業に使っていただいております。  7番目でございます。大口明光学園生徒確保事業でございます。二つの事業が入ってございます。学生寮補助事業として1人月1万3,000円の補助、それからスクールバス費用補助としまして市内通学生1人月2,500円、市外通学生1人月6,200円を補助しております。

鹿児島市議会 2020-12-09 12月09日-03号

こども未来局長吉田幸一君) 国の令和年度予算概算要求では、児童虐待防止対策に関するものとして、児童相談所等におけるIC機器導入支援専門人材確保に関する取組強化子ども食堂等を含めた地域における見守り体制の強化などが盛り込まれているところでございます。 以上でございます。   [大園たつ議員 登壇] ◆(大園たつ議員) 答弁いただきました。 

鹿屋市議会 2020-12-07 12月07日-02号

一方、GIGAスクール構想において整備されるタブレット等IC機器は、新学習指導要領に示された教育内容児童生徒1人1人がより主体的に、より深く理解し身につけるための極めて有効な道具として大いに活用することになりますが、これまで学校教育で大切にしてきた教師児童生徒との関わりや、児童生徒同士の真剣な切磋琢磨の中で学ぶといったような教育の不易の部分につきましては、これまで以上に大切にしながら教育していかなければならないことだと

鹿屋市議会 2020-11-27 11月27日-01号

IC機器活用できる教職員の割合が、小学校で70.8%、中学校で67%とのことであるが、活用できていない教職員への指導について、今後どのように指導していくのかとの質疑があり、これについては、令和年度までで電子黒板教師用タブレット整備が完了し、小学校においては、担任が有効に活用していることから、IC機器活用できる職員数は増加しているとのこと。 

鹿屋市議会 2020-06-15 06月15日-02号

議員東秀哉議員) こういったある程度IC機器を使いこなせて、RPAそれからAI使いこなせて、それなりの知識のある層をRPAリテラシーというんですか、そういうふうに言うんです。 最近は、片仮名、横文字が多くて、私も今回の質問をするに当たっていろいろ本を読んだところですが、これ、なかなか難解です。本当難解です。

南九州市議会 2020-03-04 03月04日-03号

学校教育課長田邉源裕)  不登校児童生徒に対してのIC機器活用というような御質問かと思いますが,現在も不登校児童生徒に対しましては,スクールカウンセラーとか,スクールソーシャルワーカー等を派遣しまして,さまざまな支援を行っているところでございます。 実際,このIC機器活用した支援については行われておりません。

鹿児島市議会 2020-02-26 02月26日-05号

小学校におきましては、担任IC機器英会話活動協力員AEA)を活用しながら授業充実に取り組んでいるところでございます。また、中・高等学校におきましては、国が英語教員英検準1級程度以上の取得目標としており、本市においても取得を奨励するとともに指導力向上研修充実してまいりたいと考えております。 

鹿児島市議会 2019-12-01 12月11日-03号

静岡県は、介護分野人材不足軽減のため、情報通信技術IC機器導入する事業者への助成金を二〇一八年度から開始いたしました。これはICTを使って介護記録管理を効率化し、人材を別の業務に振り分けて人手不足解消につなげる狙いがあるようであります。また、鹿児島県は介護職員人材確保対策事業介護ロボット導入支援事業など多くの事業を立ち上げ介護人材確保に取り組んでおります。

鹿児島市議会 2019-12-01 12月12日-04号

教育ICT化に向けた環境整備五カ年計画は、国が新学習指導要領実施を見据えて取りまとめたもので、平成三十年度から五カ年で学校におけるコンピューターなどIC機器ネットワーク環境整備目標水準を示したものでございます。国は、三十年度から五年間、単年度で一千八百五億円の地方財政措置を講じるとされております。 

南九州市議会 2019-11-20 11月20日-01号

このICTへの支援につきましては,教育の,特に教職員IC機器活用の際,効果的な使用ができるよう,いろいろ指導等も,あるいはサポートもしてくれるものというふうに捉えております。 本市におきましては,まだ配置はしておりませんが,今後必要性を考慮し,あるいは他市の情報を収集しながら,導入に向けての研究をしてまいりたいと今考えておるところでございます。 以上です。

南九州市議会 2019-03-07 03月07日-04号

研究授業の際は,各教科の特性を尊重しつつ,IC機器の効果的な使用方法グループ活動の仕方など,授業参観する際の視点をもって臨んでおります。 なお,これらの過程では,指導主事派遣要請も積極的に行われております。 次に,毎年実施される鹿児島学習定着度調査や,全国学力学習状況調査の分析をもとにした取り組みがあります。

鹿屋市議会 2019-03-05 03月05日-03号

また、水産業分野につきましては、国はIC機器活用した漁場養殖場環境の見える化やデータベース化養殖魚への自動給餌システム等開発普及に取り組んでいるところでございます。 本市といたしましては、今後、このような国等取り組みについての情報収集本市の林業及び水産業の振興に資する最先端技術を見極めながら、市内関係団体や生産への情報提供に努めてまいりたいと考えております。

鹿児島市議会 2019-03-01 02月27日-05号

今後とも、業務改善に努める中でIC機器のさらなる活用等を含め、教職員授業力向上を図るなど学力向上に取り組んでまいりたいと考えております。 平成三十一年度における教科用図書採択につきましては、三島村、十島村、本市で構成します鹿児島地区教科用図書採択協議会において協議することとなっており、観点につきましても同協議会において今後検討することとなります。

伊佐市議会 2019-02-22 平成31年第1回定例会(第1日目) 本文 2019年02月22日開催

児童生徒の確かな学力定着を図るため、教師指導力向上IC機器を積極的に活用した授業実践研究に取り組むとともに、小中一貫教育による通年での交流を支援し、共通実践事項設定評価について指導してまいります。  来年度からの小学校英語教育完全実施に向けては、これまでの研究成果を生かして教師支援員が連携し、全小学校における外国語活動外国語化充実を図ります。