運営者 Bitlet 姉妹サービス
784件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-02-27 伊佐市議会 平成31年第1回定例会(第2日目) 本文 2019年02月27日開催 高齢社会となり、本市においても葬儀が増えてきているのはどなたも感じていらっしゃることだと思います。以前の葬儀のあり方は、お通夜から葬儀まで自治会全員が出て、お別れ膳から最後の弔い膳まで、みんなで料理をつくり送り出していた状況でありましたが、このときは費用もかからず安くで済んでおります。現在は葬儀場も増え、自治会での葬儀は皆無に等しくなりまして、多額の葬儀代を心配されております。   もっと読む
2018-12-06 伊佐市議会 平成30年第4回定例会(第4日目) 本文 2018年12月06日開催 その目的は高齢社会における交通弱者の対応策として最適な地域公共交通を探ることで、実証期間を平成30年7月1日から平成30年9月30日までの3カ月間、運行時間を月曜から土曜の午前10時から午後3時とし、試験運行がなされ、その効果を現在、分析しているところであります。きょうの新聞に1日9.7回利用され、成果があったと掲載されておりました。   もっと読む
2018-09-06 伊佐市議会 平成30年第3回定例会(第3日目) 本文 2018年09月06日開催 また、今後の超高齢社会に向けてですが、本市においては、既に高齢化率が40%で、公的サービスにコミュニティ等の機能を加えた支援体制が、今現在、整いつつあります。   もっと読む
2018-06-12 霧島市議会 平成30年第2回定例会(第2日目 6月12日) 高齢社会も来ます。人口減の時代も来ます。その中で本当に必要な路線,本当に増便しなければならない路線,そこらを精査しながら,国の支援,それから九州を挙げて全ての自治体,県も含んで,どうあるべきかということを,そろそろ腰を据えて議論するべきときに来ているのではないかなと。 もっと読む
2018-06-04 伊佐市議会 平成30年第2回定例会(第2日目) 本文 2018年06月04日開催 この減少は、伊佐市に限ったことではなく、全国的に、減少率のパーセントが少々違っていても少子高齢社会は避けて通れないのが実態ではないでしょうか。人口減社会が続くとなると市の財政状況も厳しくなるし、経済活動をはじめとする地域の活力も衰退すると懸念されるが、伊佐の未来はどうなるのか心配するところであります。  そこで、人口減による学校のあり方はどうなっているのか不安であります。 もっと読む
2018-02-23 伊佐市議会 平成30年第1回定例会(第1日目) 本文 2018年02月23日開催 安倍内閣では少子高齢社会への対応を最大の課題として、人生100年時代を見据えた、一億総活躍社会をつくり上げるために、生産性革命と人づくり革命を柱に掲げ、経済社会システムの大改革に挑戦するとしています。   もっと読む
2017-12-14 鹿児島市議会 平成29年第4回定例会(12月)-12月14日−05号 次に、少子高齢社会を迎える中で、将来世代への負担である負債については、いずれ一人当たりの負担が大きくなっていくと推測されます。さらには、インフラや工作物の老朽化や更新などが今後の財政圧迫化に影響していくものと思われます。今後においてはなお一層の資産の状況や資産形成について注視し、慎重かつ的確に資産のあり方を検討すべきであると考えます。   もっと読む
2017-12-14 鹿児島市議会 平成29年第4回定例会(12月)-12月14日−05号 次に、少子高齢社会を迎える中で、将来世代への負担である負債については、いずれ一人当たりの負担が大きくなっていくと推測されます。さらには、インフラや工作物の老朽化や更新などが今後の財政圧迫化に影響していくものと思われます。今後においてはなお一層の資産の状況や資産形成について注視し、慎重かつ的確に資産のあり方を検討すべきであると考えます。   もっと読む
2017-12-05 鹿児島市議会 平成29年第4回定例会(12月)-12月05日−01号 二点目、今後、高齢社会を迎えるとともに、国保や介護等でも医療費やサービスの抑制のために元気な高齢者には元気で過ごしていただく予防や健康づくりが課題となっているにもかかわらず、浴室使用料等の新設、値上げによってサービスを抑制することは、高齢者福祉センターの設置条例などの目的を損なっていること。   もっと読む
2017-12-05 伊佐市議会 平成29年第4回定例会(第2日目) 本文 2017年12月05日開催 ◯3番(岩元 努議員)  人口減少と高齢社会が問題視されている中、観光での交流人口をいかに増やして地域の活性化につなげるのか。 もっと読む
2017-12-05 鹿児島市議会 平成29年第4回定例会(12月)-12月05日−01号 二点目、今後、高齢社会を迎えるとともに、国保や介護等でも医療費やサービスの抑制のために元気な高齢者には元気で過ごしていただく予防や健康づくりが課題となっているにもかかわらず、浴室使用料等の新設、値上げによってサービスを抑制することは、高齢者福祉センターの設置条例などの目的を損なっていること。   もっと読む
2017-09-22 鹿児島市議会 平成29年第3回定例会(9・10月)-09月22日−07号 ただ、高齢社会が進んでいる本市で先ほど紹介した事例はますます増加してきていますといって、放置しておくわけにもいきません。  そこで、第一に、樹木が市道に張り出して交通の障害となっている箇所について、市民等からの相談件数は平成二十八年度で何件あり、その対応はどうなっているのかお示しください。  以上、答弁願います。 ◎建設局長(水元修一君) お答えいたします。   もっと読む
2017-09-22 鹿児島市議会 平成29年第3回定例会(9・10月)-09月22日−07号 ただ、高齢社会が進んでいる本市で先ほど紹介した事例はますます増加してきていますといって、放置しておくわけにもいきません。  そこで、第一に、樹木が市道に張り出して交通の障害となっている箇所について、市民等からの相談件数は平成二十八年度で何件あり、その対応はどうなっているのかお示しください。  以上、答弁願います。 ◎建設局長(水元修一君) お答えいたします。   もっと読む
2017-09-07 霧島市議会 平成29年第3回定例会(第4日目 9月 7日) 特に高齢社会になっておりますから。後から申し上げますけれども,6次産業であっても,大型農家よりも,6次産業化をするには中小零細のほうを重点的に考えていかなければならないと考えております。現在,農業は厳しい,厳しいと言っているだけでは何も解決しない。ですから,専門的頭脳を持った職員を集結させて,例えばちょっと違うかもしれませんけれど,霧島ジオパーク推進室的な組織を設置してみたらどうかと思います。 もっと読む
2017-09-07 伊佐市議会 平成29年第3回定例会(第3日目) 本文 2017年09月07日開催 人口減少と少子高齢社会に伴い、若者の地域外流出が進む中、伊佐市においても地域経済を支える企業や農業就農者の担い手が年々減少傾向にあり、深刻化しております。そこで、ことし5月に衆議院会館で行われました農業高校のGAP教育推進に関する意見交換会で普及活動に努めていただきたい方向性を示されました。参加校の伊佐農林高等学校としても取り組む必要性が出てきた、1年後を導入目標に準備を進めたいとしています。 もっと読む
2017-09-07 霧島市議会 平成29年第3回定例会(第4日目 9月 7日) 特に高齢社会になっておりますから。後から申し上げますけれども,6次産業であっても,大型農家よりも,6次産業化をするには中小零細のほうを重点的に考えていかなければならないと考えております。現在,農業は厳しい,厳しいと言っているだけでは何も解決しない。ですから,専門的頭脳を持った職員を集結させて,例えばちょっと違うかもしれませんけれど,霧島ジオパーク推進室的な組織を設置してみたらどうかと思います。 もっと読む
2017-09-06 霧島市議会 平成29年第3回定例会(第3日目 9月 6日) 例えば,福山のエリアの佳例川地域などは,積極的に厳しい人口減社会,高齢社会と直面されながら年間を通じて相当な行事を組んでおられます。 もっと読む
2017-09-06 霧島市議会 平成29年第3回定例会(第3日目 9月 6日) 例えば,福山のエリアの佳例川地域などは,積極的に厳しい人口減社会,高齢社会と直面されながら年間を通じて相当な行事を組んでおられます。 もっと読む
2017-06-22 鹿児島市議会 平成29年第2回定例会(6月)-06月22日−05号 この中で、公共交通のあり方についても進行著しい高齢社会の中の移動手段としてのその必要性を説き、その確保策について幾つかの提言も行っているところであり、事業者の責任の範疇を超えた行政としての政策の確立が求められています。これらを背景として、市長の指示のもと協議の場が設置できたことは評価したいと思います。遅きに失した感はありますが、公共交通の今後のあり方が具体的に動き出すものと思います。 もっと読む
2017-06-22 鹿児島市議会 平成29年第2回定例会(6月)-06月22日−05号 この中で、公共交通のあり方についても進行著しい高齢社会の中の移動手段としてのその必要性を説き、その確保策について幾つかの提言も行っているところであり、事業者の責任の範疇を超えた行政としての政策の確立が求められています。これらを背景として、市長の指示のもと協議の場が設置できたことは評価したいと思います。遅きに失した感はありますが、公共交通の今後のあり方が具体的に動き出すものと思います。 もっと読む