448件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

霧島市議会 2021-06-16 令和 3年第2回定例会(第4日目 6月16日)

本市整備したこのシステムの圃場はありませんが,水田活用した経営所得安定対策推進事業により,稲発酵飼料加工用米等戦略作物や,ゴボウ,トマト等地域振興作物等の作付けを推進することによって高収益へとつなげていきたいと考えております。 ○保健福祉部特任次長医療センター整備対策監砂田良一君)  4問目のコロナウイルスワクチン接種についての1点目にお答えします。

伊佐市議会 2020-12-17 令和2年第4回定例会(第4日目) 本文 2020年12月17日開催

水田で麦、大豆飼料作物などの作物生産する農業者に対して交付金を直接交付するもので、水田フル活用を推進し、食料自給率自給力向上目的とした制度でございます。簡単に言いますと、米の転作交付金でございます。金額のほう、内容も言っていいんですかね。(「はい。」と呼ぶ者あり……12番議員)  それでは、伊佐市の令和元年度の交付金でございます。

鹿屋市議会 2020-12-07 12月07日-02号

私はこの10年間の取組の中で、圏域内初期救急医療体制維持確保のための大隅夜間急病センターの設置、圏域内畜産飼料自給率向上のためのアグリーンかのやの機械導入支援及び受委託事業TMRセンター整備支援及びTMR活用の促進、酪農コントラクター組織整備及び活用大隅広域図書館ネットワーク事業大隅広域公共交通ネットワーク事業などを通じて成果を残し、一定の評価ができるのではと思っています。

姶良市議会 2020-11-30 11月30日-02号

今、このエネルギー換算で30%台というのは、海外からの輸入に頼る飼料ベースも含めての考え方っていうか、数値です。食料自給率っていうのは、1946年度、食料自給率88%でした。ところが、1965年度に73%の水準を記録して以降、緩やかに下がって40%程度で、もう微減になっております。今、自給率ではもちろん100%というのは米だけです。牛肉に関しては36%。

南九州市議会 2020-09-01 09月01日-01号

そして,特に飼料用の牧草が,種が飛んできて,その路側の土砂に牧草が生えるというところもございます。 この牧草が厄介なもので,冬は枯れても,春になるとまた出てくる。そして,地域人たちが刈り取っても,2週間もするとまた出てくるんですよね。非常に管理に,市道についても,やっぱり地域人たちが通るもんだから,自分たち草払いをするんですが,なかなか追いつかない。 

伊佐市議会 2020-06-10 令和2年第2回定例会(第3日目) 本文 2020年06月10日開催

田中楠本線現状は、要望書にもありますとおり、マルイ農協の鶏舎及びJA豚肥育農場があり、飼料運搬の大型車両などの通行があり、一般車両との離合も安全に行うため、平成23年度に土側溝であった水路を蓋付側溝に変えた側溝整備工事を、延長104メートル施工し、ある程度の幅員を確保した経緯があります。  

霧島市議会 2020-02-27 令和 2年第1回定例会(第4日目 2月27日)

具体的には,飼料用のロール置き場,あるいは植林されているもの,また畜舎等が建設されているものなどです。このような状態は,農地法上は違反転用となることから,農地所有者などに対し,農地転用手続農地の復元に向けた指導をしております。なお,調査を行った委員から,農地不法投棄等があった旨の報告を受けたときには,その報告内容関係部署に伝達し,同部署が現地の確認を行っております。

鹿児島市議会 2020-02-25 02月25日-04号

第1に、飼料自給率向上のための耕畜連携の課題についてはどのような連携策を行い、飼料自給率はどれだけ向上したのか、また、その評価。 第2に、鳥獣被害対策として、捕獲数の5年間の推移とその結果としての被害の防止・軽減の状況評価。 第3、6次産業化推進の過去5年間の具体的取組所得向上生産拡大の5年前との比較。 次に、担い手育成について伺います。 

霧島市議会 2020-02-25 令和 2年第1回定例会(第2日目 2月25日)

飼料用米米粉用米複数年契約に対し,政府は産地交付金増額助成措置を新設する方針を決めました。市は,飼料用米に対しても産地交付金を助成する考えはないかお伺いいたします。鳥獣被害対策実践事業についてお伺いいたします。過去3年間の捕獲頭数捕獲隊従事者数をお示ししてください。狩猟免許の取得及び更新手続に要する費用,また捕獲した鳥獣に対する報償費は幾らかお示しください。

伊佐市議会 2019-12-06 令和元年第4回定例会(第4日目) 本文 2019年12月06日開催

そして、幸い伊佐の場合は水田が多いから、飼料になるわらがあるわけですね。これがまたいいんですよ。私の周辺に来られたらわかると思うが、水田にもわらを入れたあれがありますよね。あれがあるところは確かに和牛をやっているところですから、一つそういう面からも進めていただけば、これがもちろん農家もよくなります。

伊佐市議会 2019-12-02 令和元年第4回定例会(第2日目) 本文 2019年12月02日開催

広域農道についての御質問をいただいておりますが、この広域農道をどういうふうな道路として捉えるかということになると思うんですけども、産業道路として捉える場合は、日東地区畜産を営む企業がございますので、既存の広域農道平出水地区を通る県道118号、湯出大口線拡幅工事が進んでいることで、現状において、家畜飼料を運ぶための物流ルート確保されていると思っております。  

霧島市議会 2019-11-28 令和元年第4回定例会(第1日目11月28日)

飼料用米の玄米・籾が平成30年度1,566万6,592円に対し,平成29年度が1,261万2,405円で,飼料用作物,WCSの変動による差となっている」との答弁がありました。次に,建設部関係では,「道路維持の修繕,569件の中でまちづくり計画に載っていたのものが何件,それ以外の市として対応を急いだものが何件あったのか」との質疑に,「まちづくり計画分については98件対応している。

南九州市議会 2019-11-21 11月21日-02号

ですので,考え方によりますと,輪作体系飼料作の交換での作付とかそういうものであれば,そこで2年ほど飼料作をつくれば,その菌は餌となるサツマイモのつる,茎がなくなるわけですので,そこで収束するという菌でございますので,こう2年,3年かかる剤を待つよりも,そういう交換をしながら,輪作体系体系も今後考えていく必要があるんじゃないかなということで考えているところでございます。

鹿屋市議会 2019-09-18 09月18日-03号

分業体制による好循環型の地域社会づくりを形成したもので、先ほど言ったような牛の餌は主に牧草の粗飼料があって、粗飼料生産組合が各地区生産されて、さらにもともと産業廃棄物であった栄養価の高いでん粉かすを混合飼料として混ぜ合わせることで良質な餌をつくって、またその餌を食べて排出された完熟堆肥をその牧草の土壌に還元するといった、先ほど言ったちょっと仕組みなんですけども、農業本来の当たり前の仕組みかもしれませんけれども

鹿屋市議会 2019-09-06 09月06日-01号

また、本市においても発生が確認された、飼料用作物などに被害を及ぼすツマジロクサヨトウについては、県や関係機関と連携し、発生状況の把握や防除作業等対策を講じたところです。 現時点では、本市における被害拡大は確認されておりませんが、引き続き情報収集に努めるとともに、今後、国から示される対応マニュアルに基づき、対策を講じてまいります。