48件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

南九州市議会 2020-03-05 03月05日-04号

2種混合とかポリオ,4種混合日本脳炎風疹,BCG,ヒブ,小児肺炎子宮頸がん水痘B型肝炎成人用肺炎球菌というようなことで,いろんな助成予防接種があろうかと思います。任意で接種ができるものについては,子どもインフルエンザ等についてですけれども,これについて,できれば近隣の市とこうやって同じようにできるようなことやってもらえればというふうに思っているところです。

南九州市議会 2020-03-03 03月03日-02号

予防費予防接種関係費は,風疹追加的対策分執行見込みにより減額するものであります。 委員から,風疹対策予防接種について,抗体検査受診者への通知やフォローについてただしたところ,対象者には年度内に再度案内し,次年度以降においても事業実施することから,この期間においてもまた勧奨する予定であるとの答弁でありました。 次に,教育費について申し上げます。 

鹿児島市議会 2020-03-03 03月03日-07号

接種を行う場合の予防接種種類は、麻疹風疹のほか11種類で、負担額は最大で23万円程度でございます。 以上でございます。   [崎元ひろのり議員 登壇] ◆(崎元ひろのり議員) 答弁いただきました。 中核市における助成制度導入状況については、前回の8市からこの2年間で実施予定も含めると58市中、約6割の34市にまで導入が進むようであります。

霧島市議会 2019-07-05 令和元年第2回定例会(第6日目 7月 5日)

このほか,保育所等整備に関する経費風疹予防接種拡充農政畜産関係で,国県の100%補助での大型施設整備に要する経費国民体育大会等推進事業費など,各般にわたっての事業費を計上し,必要な予算措置であることから,賛成であるとの討論がありました。採決の結果,議案第50号は,賛成多数で原案のとおり可決すべきものと決定しました。

伊佐市議会 2019-06-18 令和元年第2回定例会(第4日目) 本文 2019年06月18日開催

昨年から風疹が全国的に発生し、成人の方で風疹抗体を持っていない方々を把握して予防接種を実施するという事業であると思います。私も市役所に就職して、結婚して、子ども風疹になったときにこの病気に罹患したことを今さらながら思い出しました。  今回のこの事業は、今年度は昭和47年4月2日から昭和54年4月1日生まれの男性900人を対象とするということであります。

鹿児島市議会 2019-03-01 02月26日-04号

次に、麻疹風疹予防対策について伺います。 昨年七月から関東地方中心風疹が流行しており、本市においても本年一月十五日に最初の風疹患者が確認されたとの報道がありました。風疹は免疫のない女性妊娠初期に罹患すると胎児先天性風疹症候群と呼ばれる障害を引き起こすことがあることから、風疹拡大を終息させる対策が急がれています。 そのことを踏まえ伺います。 

鹿児島市議会 2019-03-01 02月20日-03号

また、新たに不妊専門相談センターを設置し、不妊・不育症に関する相談等に対応するとともに、風疹予防対策拡充麻疹風疹予防接種歴のない未成年者に対する公費での接種子育て支援活動を行う市民団体への助成拡充ひとり親家庭等の抱えるさまざまな課題に対応する総合相談会の開催に取り組むほか、保育所等利用定員拡大学生等保育所等への就労促進児童が安全に保育を受けることができる環境整備幼児教育

霧島市議会 2018-12-07 平成30年第4回定例会(第5日目12月 7日)

2問目の風疹対策についての1点目と2点目は関連がありますので,一括してお答えします。風疹は,風疹ウイルス感染によって起こるウイルス性発疹症であり,その主な症状としては,発疹や発熱,リンパ節の腫れなどが見られ,妊婦,特に妊娠初期女性風疹感染すると,胎児にも感染し,出生した乳児が難聴や心疾患白内障等の先天異常を起こす可能性があると言われています。

鹿児島市議会 2018-03-01 02月28日-05号

次に、風疹予防対策についてお伺いいたします。 この件については、これまで未来の赤ちゃんを守るため、予防接種費用助成事業早期実施を要望していたことから、お伺いいたします。 初めに、風疹抗体検査については、第一点、目的対象者を含む概要。 第二点、過去三年の受検者数及び抗体価が低いとされる人数、割合をお示しください。 次に、風しん予防接種事業については、第一点、背景、目的概要、期待される効果。 

鹿児島市議会 2018-03-01 02月21日-03号

妊娠出産子育て切れ目のない支援につきましては、子育て世代包括支援センター中心に、きめ細かな支援を継続するほか、新たに先天性風疹症候群予防のためのワクチン接種費用や不育症治療費に対する助成HTLV─1の母子感染予防のためのミルク支給を行うとともに、産婦及び新生児の健康診査早期に行い、産後の支援充実を図ります。 

鹿児島市議会 2015-09-01 09月02日-01号

このほか、新たに風疹抗体検査水痘ワクチン接種全額公費負担で実施したほか、発達に気がかりがある子供の言葉の相談を行う言語聴覚士保育所等を巡回する専門員を配置しました。 高齢者障害者福祉につきましては、高齢者福祉センター伊敷(仮称)の基本・実施設計等を行ったほか、障害児等が通う事業所に対し助成するとともに、障害福祉サービス等に対する市独自の利用者負担軽減を行いました。