運営者 Bitlet 姉妹サービス
2485件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-20 伊佐市議会 平成31年第1回定例会(第6日目) 本文 2019年03月20日開催 経済を立て直すためには庶民増税ではなく、プレミアム商品券発行ではなく、国民の暮らしを応援して消費を拡大し、それによる生産や雇用の拡大しかありません。 もっと読む
2019-03-05 伊佐市議会 平成31年第1回定例会(第5日目) 本文 2019年03月05日開催 そのほか、子育て世代包括支援体制として、妊娠期から出産、子育ての切れ目ない支援の実施のため、子ども家庭支援員として子育てコーディネーター雇用での支援体制強化に努めでまいります。  また、短期入所できる児童養護施設との契約数を増やし、入所できる体制の整備も努めたいと考えております。   もっと読む
2019-03-04 伊佐市議会 平成31年第1回定例会(第4日目) 本文 2019年03月04日開催 そのほかに、妊娠から出産、子育てでの切れ目ない支援をするため、子育てコーディネーターを雇用し、子育てに悩んでいる方への支援として、早目の不安軽減に努め、児童虐待に至ることがないように早期の支援に努めたいということで優先して取り組んでいけたらというふうに思っています。 もっと読む
2019-02-28 伊佐市議会 平成31年第1回定例会(第3日目) 本文 2019年02月28日開催 次に、この平成31年度の当初予算案の中に、子育てコーディネーターを雇用し、支援の一体性と連続性を確保すると同時に、児童相談所との円滑な連携と協働の体制をより一層強めるとしてありますけれども、子育てコーディネーターというのは、虐待についての対応の人材ということになるわけですかね。 もっと読む
2019-02-27 伊佐市議会 平成31年第1回定例会(第2日目) 本文 2019年02月27日開催 2020年4月からこの会計年度任用職員としての雇用計画になります。  そのためには、2019年度中に条例や規則等の制定をしなければならないのではないかと思っております。 もっと読む
2018-12-21 伊佐市議会 平成30年第4回定例会(第7日目) 本文 2018年12月21日開催 公務員の給与は市場原理により決定が困難であるため、その時々の経済、雇用情勢を反映して決定されている民間給与に準じて決められるとの原則から、官民比較して決定されたものであり、妥当な勧告であると判断しています。   もっと読む
2018-12-07 伊佐市議会 平成30年第4回定例会(第5日目) 本文 2018年12月07日開催 この方針に沿った施策としましては、特定のもので改善につながるということでないと思いますが、雇用環境の維持・確保や移住、定住の促進など、まち魅力化とそのPRを図りながら転出入の改善となるとかと思います。   もっと読む
2018-12-06 伊佐市議会 平成30年第4回定例会(第4日目) 本文 2018年12月06日開催 それともう一つ、雇用の関係ではやはり景気がいいということのためにどうしてもほかの職種へ行ってしまうという、この大きな二つの社会的な要因というのがこの背景にはあると思っております。   もっと読む
2018-11-30 伊佐市議会 平成30年第4回定例会(第1日目) 本文 2018年11月30日開催 被用者保険には雇用主の2分の1負担があり、国保に比較して保険料は安く抑えられています。国保も発足当時は国の助成が約半分ありましたが、国が市町村国保に支出する助成を次々と減らしてきたために、国保税が高騰しています。社会保障の制度である以上、保険料は安心して払える金額にし、法定外などの繰り入れは当然であると考えます。  以前は法定外繰入もなく、3億円を超える基金積立もありました。 もっと読む
2018-09-07 伊佐市議会 平成30年第3回定例会(第4日目) 本文 2018年09月07日開催 また、成人になった後のことになりますと、雇用機会を増やす、それは企業誘致もありますし、地元の事業所や会社などへの働きかけ、できるだけ地元に就職して、地元で家庭を持っていただいてお子さんが増えていただくという、そういうことに力を注ぐ、そのためには住宅政策への支援や、あるいはイベント等を通じて活力のある若者が好む、そういう場所をつくっていくということも人口対策の一助じゃないかなと思っております。   もっと読む
2018-09-04 伊佐市議会 平成30年第3回定例会(第2日目) 本文 2018年09月04日開催 ◯林務課長(井上 修君)  この数字は非常勤で雇用されている方は入っておりません。 もっと読む
2018-07-06 垂水市議会 平成30年  6月 定例会(第2回)-07月06日−資料 廃炉に関わる技術者を養成することは、今後増加する各地の廃炉作業を順調に進めるためはもちろん、川内原発を安全に廃炉に進めるために、何より働く人の安全確保と原発周辺の住民保護を目指す目的で、原発現地の使命として必要なことと考え、街の活性化や雇用にも結び付くと考える。  よって、鹿児島県知事に下記の内容を押さえた技術者養成学校の設置を求める意見書提出を強く要請する。            もっと読む
2018-06-29 霧島市議会 平成30年第2回定例会(第6日目 6月29日) 審査の中で出た主な質疑,答弁の要旨は,「弁護士を雇用するということだが,市の顧問弁護士への年間相談件数は」との質疑に,「市の顧問弁護士への最近の相談件数は,平成29年度が総務課を通じて弁護士事務所へ直接相談に行った件数と電話で相談した件数を合わせて29件,平成28年度が23件,平成27年度が25件であり,その後,同じ案件で,それぞれの課が直接相談した件数を含めると,2倍から3倍になる」との答弁。 もっと読む
2018-06-26 垂水市議会 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月26日−04号 本市では、先ほども答弁いたしましたけれども、平成27年10月に人口ビジョンを踏まえまして、雇用、移定住、結婚・出産・子育て、地域づくりの四つの分野を効果的に推進するために、総合戦略を策定し、地域活性化基金を活用しながら重点的に取り組んでいます。   もっと読む
2018-06-22 垂水市議会 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月22日−02号 また、実際、外国人労働者を雇用する場合なんですけども、その事業主はハローワークに対しまして、雇用状況を届けることが義務化されております。  鹿児島労働局においては、事業主に対する相談対応、雇用管理に対する指導並びに外国人労働者に対する各種告知に取り組まれております。   もっと読む
2018-06-15 霧島市議会 平成30年第2回定例会(第5日目 6月15日) 企業の存続は,地域活性化の担い手や雇用の確保が期待できることから,地元企業を育成し,支援することで雇用を確保し,経済効果を高めることは大事です。このようなことから,本市における中小零細企業の現状と課題及び今後の取組についてお伺いします。2,地元産業の発展には,地産地消や地元企業の育成で地域経済の循環型を進めれば,その経済効果は大きいと考えるが,見解をお示しください。 もっと読む
2018-06-14 霧島市議会 平成30年第2回定例会(第4日目 6月14日) ○市長(中重真一君)  今後の事業計画等を勘案しながら,しっかりと雇用の計画の中で考えていきたいと思います。 ○20番(新橋実君)  コンサルよりも一番現場を熟知しているのは,地元の職員だと私は思います。 もっと読む
2018-06-13 垂水市議会 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月13日−01号 雇用・移定住対策につきましては、「一緒にふるさとをつくろう〜地元就活幸福作戦〜」をキャッチフレーズに、新卒者の地元就職、U・I・Jターン人材の確保等に本格的に取り組んでいるところであります。また、甑島では、若手経営者を中心に、「地域雇用・移定住対策協議会」が、4月10日に上甑島地域で、今月11日には下甑島地域で設立されました。   もっと読む
2018-06-13 霧島市議会 平成30年第2回定例会(第3日目 6月13日) 霧島市の臨時職員の雇用に関する取扱規則は,それまで雇用期間は5年を超えることができない規定となっておりましたが,労働契約法は労働者の申し込みにより,期間の定めのない労働契約に変更できることになり,これが変更され,そして一定の改善が図られたことも周知の事実であります。 もっと読む
2018-06-12 霧島市議会 平成30年第2回定例会(第2日目 6月12日) ○21番(植山利博君)  その指導者の問題ですけれども,中学校の英語の定年退職した人を再雇用するとかという話も過去の質問の中で答弁されておりますけれども,なかなかそれでは,本当の言語教育,ヒアリングとスピーチを教えられるかと,子供に接するには,いわゆるバイリンガルでないと,2カ国語が本当に両方とも,日本語も英語もきちっと自然の中でしゃべれるような指導者でないと,子供にとってはしみこんでいかないのではないかと もっと読む