運営者 Bitlet 姉妹サービス
130件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-03-22 鹿児島市議会 平成30年第1回定例会(2・3月)-03月22日−11号 第二に、同集会を主催する民間運動団体は、平成二十八年に部落差別解消法が成立した際の附帯決議に、「過去の民間運動団体の行き過ぎた言動等、部落差別の解消を阻害してきた」と指摘されているにもかかわらず、現在も同団体は差別糾弾闘争の継続を表明していることから、同集会が特定の民間運動団体の運動論について、参加者への影響を与える場になるのではないか懸念されること。 もっと読む
2018-03-08 鹿児島市議会 平成30年第1回定例会(2・3月)-03月08日−09号 附帯決議案が無視された種子法廃止により、元農水大臣・山田正彦氏が「これで公共の種子として農家に安く提供されてきたコシヒカリ等の多様な固定種はなくなり、モンサント等の民間の数種に絞られることに(農競強化法第八条第四項)」という意見があるが、そうなれば遺伝子組み換え種子が混入してくるということになるのか。  本市の農家はどのような影響を受けるのか、本市としてどのような対策をとるのか。   もっと読む
2017-09-19 鹿児島市議会 平成29年第3回定例会(9・10月)-09月19日−04号 同法の附帯決議も含めた改革の内容。  同法成立で現場の農家から懸念されていることは何か。  八月一日施行の八法の目玉政策と言われる農業競争力強化支援法の本市の農家へ与える影響はどのようなことが考えられるのか。  以上、まとめて答弁ください。 ◎産業局長(山下正昭君) お答えいたします。   もっと読む
2017-09-19 鹿児島市議会 平成29年第3回定例会(9・10月)-09月19日−04号 同法の附帯決議も含めた改革の内容。  同法成立で現場の農家から懸念されていることは何か。  八月一日施行の八法の目玉政策と言われる農業競争力強化支援法の本市の農家へ与える影響はどのようなことが考えられるのか。  以上、まとめて答弁ください。 ◎産業局長(山下正昭君) お答えいたします。   もっと読む
2017-03-24 伊佐市議会 平成29年第1回定例会(第6日目) 本文 2017年03月24日開催 この問題は、議員年金をやめるときの附帯決議として、何か保障をということで出ておりましたし、特に、今、社会保険庁なんかは、アルバイトの方々、そういう方々まで幅を広げて、ぜひ入ってくれというものもあります。また、趣旨書にございますが、言われたように、若い人のあとの生活保障、そういう問題が出てまいりますので、私は賛成の立場から、していただくように要望いたします。 もっと読む
2017-03-21 鹿児島市議会 平成29年第1回定例会(2・3月)-03月21日−10号 第二に、二十八年十二月九日に部落差別解消推進法が成立したが、同法は新たな差別を生みかねないことや同和問題の固定化・永久化につながる懸念があることから、参議院において可決された「過去の民間運動団体の行き過ぎた言動等、部落差別の解消を阻害していた要因を踏まえ、これに対する対策を講ずる」との附帯決議の遵守が求められていること。 もっと読む
2017-03-21 鹿児島市議会 平成29年第1回定例会(2・3月)-03月21日−10号 第二に、二十八年十二月九日に部落差別解消推進法が成立したが、同法は新たな差別を生みかねないことや同和問題の固定化・永久化につながる懸念があることから、参議院において可決された「過去の民間運動団体の行き過ぎた言動等、部落差別の解消を阻害していた要因を踏まえ、これに対する対策を講ずる」との附帯決議の遵守が求められていること。 もっと読む
2016-12-22 霧島市議会 平成28年第4回定例会(第6日目12月22日) 平成23年に地方議会議員年金制度が廃止され,当該法案について衆・参両院で旧制度廃止後,概ね1年程度を目途として地方議会議員の新たな年金制度について検討を行うことを附帯決議として示しております。 もっと読む
2016-07-07 姶良市議会 平成 28年 6月定例会(第2回)-07月07日−07号 なお、附帯決議として子育て支援施策で、医療分野は極めて重要であり、また医療負担を所得で制限する制限をかけることは公平性に欠ける。今後早期完全無料化にすべきである。併せて県への現物給付化に向けての働きかけを強く要望する。  以上で、文教厚生常任委員長の報告を終わります。 ○議長(湯之原一郎君) これで、文教厚生放任委員長の報告を終わります。 ○議長(湯之原一郎君) これから質疑を行います。 もっと読む
2016-06-21 鹿児島市議会 平成28年第2回定例会(6月)-06月21日−03号 また、今回の法改正における附帯決議において、介護保険優先原則のあり方について引き続き検討することとされており、本市としましては、今後も国における検討状況を注視してまいりたいと考えております。  以上でございます。    [大園たつや議員 登壇] ◆(大園たつや議員) 答弁いただきました。   もっと読む
2016-06-21 鹿児島市議会 平成28年第2回定例会(6月)-06月21日−03号 また、今回の法改正における附帯決議において、介護保険優先原則のあり方について引き続き検討することとされており、本市としましては、今後も国における検討状況を注視してまいりたいと考えております。  以上でございます。    [大園たつや議員 登壇] ◆(大園たつや議員) 答弁いただきました。   もっと読む
2016-03-25 姶良市議会 平成 28年 3月定例会(第1回)-03月25日−10号 他方、自衛隊派遣に関し、法律の施行にあたり、国会の関与強化の措置について合意し、5党合意署名、署名尊重の閣議決定、さらに附帯決議を行って、法律は9月30日公布されたものであります。   もっと読む
2015-09-29 伊佐市議会 平成27年第3回定例会(第6日目) 本文 2015年09月29日開催 この案件は、9月16日に自由民主党、公明党、日本を元気にする会、次世代の党及び新党改革の5党により平和安全法制についての合意書が合意され、同月17日、参議院「我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員会」において、同合意書の内容が附帯決議として議決された上で、同月19日、参議院本会議において可決、成立いたしました。そのため、この段階で意見書を上げても法案が廃案になることはありません。   もっと読む
2015-09-29 姶良市議会 平成 27年 9月定例会(第3回)-09月29日−08号 以上のような討論の後、委員の中から議案第60号に対する附帯決議案が提出され、採決に入り、採決の結果、議案第60号 姶良市個人番号の利用に関する条例制定の件については、附帯決議を付して賛成多数で可決すべきものと決しました。  それでは、附帯決議について申し上げます。  マイナンバー制度は、国民一人ひとりに番号をつけて管理統制を一元化する制度で、行政側にとってはメリットの大きい制度である。 もっと読む
2015-09-14 鹿児島市議会 平成27年第3回定例会(9月)-09月14日−04号 国会では、このような事態が起きないように参議院附帯決議を上げ、関係機関に十分な配慮を求めていましたが、その決議内容をお示しください。そして、二割負担によって利用抑制が既に発生していることを当局は認識しているのか。また、今後、利用抑制の実態を把握していくお考えはないのか見解をお示しください。  答弁願います。 もっと読む
2015-09-14 鹿児島市議会 平成27年第3回定例会(9月)-09月14日−04号 国会では、このような事態が起きないように参議院附帯決議を上げ、関係機関に十分な配慮を求めていましたが、その決議内容をお示しください。そして、二割負担によって利用抑制が既に発生していることを当局は認識しているのか。また、今後、利用抑制の実態を把握していくお考えはないのか見解をお示しください。  答弁願います。 もっと読む
2015-06-22 姶良市議会 平成 27年 6月定例会(第2回)-06月22日−04号 既に改正法案及び附帯決議が可決、成立していることなどから、国に再考を要請する考えはありませんが、詳細につきましては、これから示されることになりますので、今後とも注視してまいりたいと考えております。  8点目のご質問についてお答えいたします。  これまでに示された資料によりますと、療養給付費等負担金の国庫負担率の上乗せ等については改正法には含まれていないようであります。 もっと読む
2015-03-10 鹿児島市議会 平成27年第1回定例会(2・3月)-03月10日−09号 広域的な系統利用の必要性等については、固定価格買取制度に係る国会での法案審議において、再生可能エネルギーを受け入れるための送配電網の強化や日本全体で需給バランスをとることの必要性などについて議論が交わされ、発送配電の分離や東西周波数の統一など、幅広く検討を進めることなどの附帯決議が行われております。  以上でございます。     もっと読む
2015-03-10 鹿児島市議会 平成27年第1回定例会(2・3月)-03月10日−09号 広域的な系統利用の必要性等については、固定価格買取制度に係る国会での法案審議において、再生可能エネルギーを受け入れるための送配電網の強化や日本全体で需給バランスをとることの必要性などについて議論が交わされ、発送配電の分離や東西周波数の統一など、幅広く検討を進めることなどの附帯決議が行われております。  以上でございます。     もっと読む
2014-12-10 鹿屋市議会 平成 26年12月定例会-12月10日−04号 その附帯決議の中で、幼児教育、保育、子育て支援の質・量の充実を図るためには1兆円程度の財源が必要であり、今回の消費税引き上げにより確保する0.7兆円程度以外の0.3兆円超について、速やかに確保の筋道を示すとともに、今後の各年度の予算編成において、財源の確保を最大限努力するものとするとして、新制度は平成27年4月の本格実施を予定し、基礎自治体、つまり市町村が地方版子ども・子育て会議の意見を聞きながら、 もっと読む