14件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

鹿児島市議会 2019-03-01 03月07日-09号

一、北方四島は、日本開国以来、我が国固有ではなかったのか。当局の意識を示してください。 二、国土や国民市民の生命など根源的問題に対して市長はどのような見解をお持ちなのか。 三、近ごろ我が自民党の総裁・安倍首相は、北方四島について、私とロシアのプーチン大統領との間で決着させると表明いたしました。その気概については私も高く評価するところであります。

姶良市議会 2013-03-18 03月18日-08号

この当時、開国思想を持ってた佐久間象山が、ほかの思想の持ち主からすると邪魔者ということで暗殺されたわけですが。こういったふうに、この護岸も百年の歴史を誇ってるところでございます。 ぜひとも、これを一つの軸に、観光の売りにして、この加治木の町の活性化に役立ててもらいたいと思うんですが、そういった方向では、市長、どうお考えでしょうか。 ◎加治木総合支所長石原格司君) お答えいたします。 

霧島市議会 2012-12-07 平成24年第4回定例会(第5日目12月 7日)

これは,岡山県が中心になって,この1300年前に岡山県に美作国,そして京都に丹後国,そしてこの我々のところに大隅国,この三つが同じ年に開国をされたということでございます。そういう日本を挙げての大きなこういう建国で国府を置いたということでありますので,ぜひこの機会を大事にいろんな場面場面で紹介をしていきたい。

霧島市議会 2010-12-08 平成22年第4回定例会(第3日目12月 8日)

平成の開国鎖国かを省庁間の前哨戦は加熱する一方であります。また,都道府県や農業団体など,いち早くTPP反対の決議をしております。農水省の試算では,我が国農業生産額は4兆1,000億円減少し,農業関連産業の影響として,国内総生産は7兆9,000億円も減少するとしています。また,食料自給率は14%まで下がり,農業多面的機能が3兆7,000億円失われるものと試算しております。

伊佐市議会 2010-12-07 平成22年第4回定例会(第3日目) 本文 2010年12月07日開催

いわゆる鎖国状態日本開国していく、そのために自由貿易に向かっていく、そのために農業の再生をやるということで今、政府が一生懸命やっているわけですけれども、どう考えても、今、米に700~800%ぐらいの関税をかけていますからね。ほかの農産物も、少ないものでも25%から50%の関税をかけるわけですから、関税がかかっていない品物というのはほとんどないんじゃないですかね。

霧島市議会 2010-12-07 平成22年第4回定例会(第2日目12月 7日)

どもは今までの歴史としては,FTA,EPA,2国間協議できちんとやっぱり開国どころか,もう本当にアジア,世界に向かって協議をしながら,地道にこつこつとやってこられた歴史もあるわけでございます。そういう意味で,本当にこれから私は市長会立場からもものを申し,そしてまた,国・県の方々にも議員レベル,あるいはまた省庁レベル,機会ある都度に私ども立場を訴えてまいりたいと,このように存じております。

鹿児島市議会 2008-09-01 09月09日-02号

薩摩藩英国の近代的な武器等の威力を知り、開国近代化と、東郷平八郎はその後英国のポーツマス市への留学となり、日本海軍の基礎をつくっていきます。同じ体験をしても敵の偉大さを認め、そのエネルギーを吸収するという謙虚さが感じられます。 そこでお伺いします。 第一に、薩英戦争薩摩藩の変化、明治維新をどのようにとらえているのかお聞かせください。 

鹿児島市議会 2003-10-01 09月19日-04号

生麦事件及び薩英戦争については、直接結びついている事件であるため切り離して考えられませんが、答弁でもありましたように、薩英戦争は、錦江湾を舞台に薩摩藩イギリスが戦った出来事であり、互いに損害を受けましたが、この戦いによって薩摩藩鎖国攘夷の無謀を悟り、開国へと政策転換を行い、またイギリス幕府支持から薩摩藩へと接近していき、それが倒幕、明治維新へとつながっていく、まさに時代の節目の重要な出来事だと

  • 1