183件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鹿児島市議会 2021-03-10 03月10日-08号

長寿計画は、校舎屋内運動場等対象にしており、プール施設は、経過年数を基に改築計画を立て、これまでのコンクリート製からステンレス製への改築を31校で計画していることが明らかになりました。 全国的に小学校プール老朽化対策が喫緊の課題であり、財源との兼ね合いから民間屋内プールの活用か屋外プールの改修または新設するか判断が分かれています。

鹿児島市議会 2021-03-08 03月08日-06号

教育長(杉元羊一君) 令和3年度の長寿計画に基づく主な事業には、屋内運動場の大規模改造等を含む校舎屋体等整備事業などがあり、事業費は約41億円でございます。 以上でございます。   [中元かつあき議員 登壇] ◆(中元かつあき議員) 答弁いただきました。 令和3年度に行われる事業費の総額は約41億円とのことであります。では、今後の長寿命化によるコストの見通しと効果についてお示しください。 

伊佐市議会 2020-12-16 令和2年第4回定例会(第3日目) 本文 2020年12月16日開催

必要に応じて、その内容については随時見直しをしていくことと考えておりますが、現在作成いたしております施設個別計画につきましては、まだ再編、要は統合する、複合化するということが十分に検討できておりませんので、ほとんどの施設長寿計画というふうになるかと考えております。  

鹿屋市議会 2020-12-08 12月08日-03号

今の回答、一つは長寿命化の問題、これはいわゆる財政的な問題、あるいは耐震化の問題、こういった方向から、今まで建築物が45年であったものを75年にとかいうのがベースにあったかと、今、私が言うのは、このこともなんですが、長寿計画というよりも、まずは機能面そのものが、もう耐震補強をしても、機能面そのものが直るかという話なんです。 

姶良市議会 2020-12-01 12月01日-03号

1点目、姶良市公営住宅等長寿計画(平成24年3月)によると、高井田住宅は、平成28年から29年に現在地に建て替え計画となっていますが、今後の計画をお伺いいたします。 2点目、この住宅は、昭和38年に建築され57年が経過し、現在は、空き住宅になっています。近くにはリニューアルオープンした龍門滝温泉龍門滝龍門司坂など、多くの観光資源が点在しています。

伊佐市議会 2020-09-02 令和2年第3回定例会(第2日目) 本文 2020年09月02日開催

市営住宅におきましては、伊佐市公営住宅等長寿計画これは平成23年に策定いたしまして平成29年に改定をしております。これに基づき、解体用途廃止予定団地対応を進めていくところであります。平成29年改定時の全団地数は25団地216戸で、現在までの解体戸数が29戸であります。現在の管理戸数が187戸のうち入居戸数は107戸で、空き家戸数が80戸であります。

姶良市議会 2020-03-16 03月16日-05号

そういうような意味から、公共施設の再配置計画とか、そういうようなものもつくっているところでございますけれども、この長寿計画を国としてはつくらせて、その計画に位置づけられたこと、例えば、今の例は、その河川の仕事をした場合に、恐らく議員がおっしゃってくださっている75%というのは、その分を、通常はその寄洲除去とかいうのは起債対象には今まではなっていないんですけれども、いわゆる、それで起債を起こしたり

姶良市議会 2020-03-13 03月13日-04号

最後に、修正を求める以外の部分につきましては、今回も学校のトイレの洋式化が見送られたことは、非常に不満に思いますが、そこは今後の長寿計画に明記されることを期待し、基本的には安定的な行政サービス確保された上に、雨水排水対策事業や自校式給食施設整備など、長年市民も議会も求めてきた案件が盛り込まれたもので、期待する点も多い予算であることをお伝えし、私の賛成討論といたします。

鹿児島市議会 2020-03-04 03月04日-08号

水道局長秋野博臣君) 雨水路老朽化対策は、これまで長寿計画に基づき実施しており、併せて耐震化対策も行っております。水道局に移管後も引き続き取り組んでまいります。 以上でございます。   [ふじくぼ博文議員 登壇] ◆(ふじくぼ博文議員) 答弁いただきました。 厳しい財政状況の中ですが、計画的に順調に整備されているようであります。引き続き御努力をお願いいたします。 新しい質問に入ります。 

南九州市議会 2020-03-04 03月04日-03号

これに基づきまして,各教育委員会に対しましては,令和2年度,来年度までに個別施設ごと長寿計画策定を求めております。文科省は今後の公立学校施設整備費については,令和元年度から学校施設長寿計画策定状況を勘案し,事業採択前提条件としているということで,先ほど教育長からも答弁があったとおりでございます。 

鹿児島市議会 2020-02-26 02月26日-05号

次に、急傾斜地崩壊対策事業における長寿計画について伺います。 近年の全国的な大規模土砂災害の発生を受け、本市においては、国、県と連携した急傾斜地崩壊対策事業等に取り組まれております。 そこで伺います。 これまでの整備箇所数整備率。 整備後の維持管理について現状と課題。 長寿計画の今後のスケジュール。 以上、お示しください。 次に、団地再生推進事業について伺います。 

姶良市議会 2020-02-25 02月25日-02号

総務部長宮園正浩君) 文化会館加音ホールにつきましては長寿計画を立てておりまして、第1期が平成30年5月から令和15年3月まで、この15年間を第1期としております。第2期が令和15年から令和25年までの10年間を第2期としています。 第1期につきましては音響、照明などの設備を対象とするとしていますので、計画どおり進んでいるということになります。

南九州市議会 2020-02-18 02月18日-01号

学校教育施設などの整備については,児童生徒の安全・安心の確保や適正な教育環境整備を図ることを基本に,長寿計画書の策定作業と並行しながら,計画的な整備を実施してまいります。 生涯学習推進につきましては,市民ニーズや社会の要請などを把握しながら,生きがいづくり生活文化向上を図る各種学習機会の提供を進めてまいります。 

伊佐市議会 2019-12-10 令和元年第4回定例会(第5日目) 本文 2019年12月10日開催

◯3番(岩元 努議員)  今回の内容については、訪問給食サービス事業施設整備ということなんですけれども、公共施設等総合管理計画個別施設計画長寿計画の一環として、計画的なものでなくてはならないと思いますけれども、なぜこのタイミングでの追加補正予算なのか。