43件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鹿児島市議会 2020-02-19 02月19日-03号

補正予算では、鹿児島港湾整備事業費負担金全体について、国直轄港湾改修事業費は1億2,185万円、県施行重要港湾改修事業費等が2,925万4千円それぞれ減額補正となっていますが、人工島、いわゆるマリンポートかごしまについた国の補正予算は、鹿児島国際クルーズ拠点整備事業進捗を図るため、国が施行する新たな岸壁の本体工と県が施行する歩行者用上屋工事等が計上されたものであり、次のような理由から反対しま

鹿児島市議会 2020-02-14 02月14日-02号

次に、款土木費項港湾費目港湾費鹿児島港湾整備事業費負担金全体について、国直轄港湾改修事業費は1億2,185万円、県施行重要港湾改修事業費等は2,925万4千円、それぞれ減額補正となっているところですが、その中で人工島、いわゆるマリンポートかごしま関係補正予算について、以下伺ってまいります。 質問の1点目、マリンポートかごしまについた国の補正予算概要をお示しください。 

姶良市議会 2016-09-08 09月08日-05号

重点事業というのは、まさしく高速道路に直結するような道、そして重要港湾とは整備しましょう。それ以外については、地域の方々の意見を聞きながら事業を進めていきましょうという形になります。 ただし、やっぱり事業が非常に少なくなってきたので、じゃあ限られた予算早目に供用開始するような仕組み、そして経済波及効果あるような事業一つ優先度を高くしている。

鹿児島市議会 2016-03-01 02月23日-03号

次に、第一二四号議案 一般会計補正予算中、第七款土木費鹿児島港湾整備事業費負担金におけるマリンポートかごしまに係る負担金については、二十七年度の事業概要事業費及び本市負担額等はどのようになっているものか伺ったところ、マリンポートかごしまに係る二十七年度の事業としては、重要港湾改修事業として路盤工などの道路整備港湾環境として芝生広場などの緑地整備が行われており、これらに係る事業費及び本市負担額

鹿児島市議会 2015-03-01 03月03日-05号

鹿児島東西幹線道路は、鹿児島インターチェンジ中心市街地及び重要港湾である鹿児島港を結ぶ地域高規格道路であり、重要なルートとして長年にわたり整備が進められています。 そこで伺います。 第一点、現時点の整備状況と新年度の整備計画及び事業費。 第二点、市域内交通円滑化広域ネットワークという観点から東西幹線道路の果たす役割と認識。 以上、お示しください。 

鹿児島市議会 2015-03-01 02月25日-04号

なお、第九四号議案 一般会計補正予算関係事項については、当局説明を踏まえ、意見の開陳を願ったところ、委員から、「第七款土木費鹿児島港湾整備事業費負担金のうち、マリンポートかごしまに係る負担金について、今回の補正による本市負担額が、重要港湾改修事業六百五十六万円、港湾環境二億五千七百十五万二千円の合わせて二億六千三百七十一万二千円で、平成二十六年度までの累計事業費上物整備を含め、およそ二百六十二億円

鹿児島市議会 2014-03-01 02月14日-02号

平成二十五年度事業は、重要港湾改修事業道路整備を、港湾環境整備事業緑地整備を、県単港湾整備事業噴水広場整備を行うこととされております。 重要港湾改修事業事業費は四千万円で、負担率は、国が十分の五・九、県が十分の二・四六、市が十分の一・六四であり、負担額は、国が二千三百六十万円、県が九百八十四万円、市が六百五十六万円となっております。 

鹿児島市議会 2014-03-01 02月19日-03号

初めに、マリンポートかごしまに係る負担金について、対象となる工事内容事業費及び本市負担額はどのようになっているものか伺ったところ、本市負担金対象となる工事内容については、重要港湾改修事業として道路整備港湾環境整備事業として緑地整備、県単港湾整備事業として噴水広場整備が予定されており、これらに係る事業費及び本市負担額は、道路整備が四千万円に対して六百五十六万円、緑地整備が一億九千百七十五万二千円

鹿児島市議会 2013-03-01 02月20日-03号

初めに、鹿児島港湾整備事業費負担金におけるマリンポートかごしまに係る負担金については、平成二十四年度の対象となる工事内容並びに本市負担額はどのようになっているものか伺ったところ、マリンポートかごしまに係る二十四年度の本市負担金対象となる工事内容については、重要港湾改修事業として道路設計及び整備港湾環境整備事業として緑地設計及び整備が予定されており、これらに係る本市負担額は、道路関係事業費二千万円

鹿屋市議会 2012-12-10 12月10日-02号

内之浦方面しましても、大変な時間を要しますし、志布志においては、大隅はもちろん、県庁所在地との横断道路の東の拠点であることと、東南アジア及び関西、東京方面への海上輸送重要港湾バルク港の拡大に向けての縦の高速道とあわせて必須事項であり、架橋はもちろんのこと、高隈にトンネルを通して直接鹿児島へ1時間の道路をつくってほしいと言われるほどであります。 

鹿児島市議会 2012-10-01 09月11日-02号

次に、鹿児島インターチェンジ中心市街地及び重要港湾を結び、地域高規格道路である鹿児島東西幹線道路についてお伺いいたします。 第一点、現在の進捗状況について。 第二点、鹿児島東西道路整備検討会において武岡トンネルから分岐したトンネルが(仮称)甲南インターチェンジと結ばれるという案について、途中分岐することによりどのような効果を生み出すのか。 

鹿児島市議会 2012-03-01 03月19日-10号

次に、鹿児島港湾整備事業費負担金については、国直轄港湾及び県施行重要港湾改修等に係る事業費負担金として、二十三年度比約一億八千百万円増の約三億五千五百万円が計上されているが、この負担金には、今後、上物等整備が予定されているマリンポートかごしまに係る分も含まれているものか伺ったところ、おただしの負担金については、今回の予算には計上していないところであるということであります。 

鹿児島市議会 2011-03-01 03月08日-08号

鹿児島港は、桜島航路等湾内フェリー離島航路発着場となっているなど、県内の人・物の流れの中心的役割を担うとともに、国際観光船が寄港する港でもあり、港湾法で定める重要港湾となっております。このようなことから、本市としては、これまで本港区やマリンポートかごしま整備促進を図ってきたところでございます。 

鹿児島市議会 2009-12-01 12月04日-04号

港湾海岸津波高潮統合補助事業二分の〇・一〇六二四、重要港湾改修事業改修・その他)十分の一・六六、重要港湾改修事業廃棄物処理)十分の二・五九六、港湾施設改良費統合補助事業改良)三分の〇・八、港湾施設改良費統合補助事業延命化)三分の〇・四、県単砂防事業一〇%、急傾斜地崩壊対策事業(公共・大規模)五%、急傾斜地崩壊対策事業一般・大規模)一〇%、急傾斜地崩壊対策事業一般・その他)二〇%、急傾斜地崩壊対策事業

鹿児島市議会 2009-06-01 06月17日-04号

県によりますと、「平成二十年度鹿児島市に負担を求めた港湾関係事業は、重要港湾改修事業廃棄物処理施設整備事業などで、総事業費が四億四千三百三十五万三千円、うち事務費が二千二百七十五万一千円である」とのことでございました。 県から示された事業ごと事務費から本市が支払った事務費を算出しますと、四百五十五万五千円となります。しかし、事務費内容については示されていないところでございます。 

鹿屋市議会 2008-06-17 06月17日-03号

御承知のとおり、先般、志布志港、大阪間に就航しております大型フェリー航路を宮崎県に移すという、大隅半島にとりましては大変危惧する動きがあったわけでありますが、今何とかこれらは食いとめたものの、今後このような地域間競争を考えた場合、大隅半島としては離島を含む内航航路、あるいは御指摘のような国際港としての外航航路、こういったような基幹的な航路につきましては、やはり志布志重要港湾に集中的に機能を集めまして