108件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

南九州市議会 2020-03-03 03月03日-02号

国庫支出金において,プレミアム付商品券事業補助金減額し,県支出金において,活動火山周辺地域防災営農対策事業補助金を追加するもので,また,財産収入土地建物売払収入において,頴娃地域三本松地区市有林4万6,290平方メートルの売払金を追加するものであります。 次に,繰越明許費補正について申し上げます。 

伊佐市議会 2020-02-26 令和2年第1回定例会(第1日目) 本文 2020年02月26日開催

以上、歳出について説明いたしましたが、歳入については、自動車取得税交付金地方特例交付金使用料及び手数料及び寄附金増額措置を講じ、市税交通安全対策特別交付金分担金及び負担金国庫支出金県支出金財産収入、繰入金、諸収入及び市債減額措置を講じております。  

姶良市議会 2019-11-29 11月29日-04号

あと、具体的なところでいきますと、自主財源の確保では、これ以外にはいわゆる財産収入これが公有財産売却の部分になってまいります。先般の一般質問の中でお答えしましたように、市が所有する市民の皆様の財産の中に、十二分に活用されていない未利用財産がございますので、ここのところの、今回のご質問の趣旨からいきますと、やはり売却を進めていくというところに力を入れていくべきであると。 

伊佐市議会 2019-09-02 令和元年第3回定例会(第1日目) 本文 2019年09月02日開催

以上、歳出について説明いたしましたが、これらの財源につきましては、地方譲与税株式等譲渡所得割交付金地方特例交付金地方交付税国庫支出金県支出金財産収入、寄附金繰入金繰越金及び諸収入をもって充当し、利子割交付金配当割交付金地方消費税交付金自動車取得税交付金環境性能割交付金分担金及び負担金使用料及び手数料及び市債については減額措置を講じております。  

鹿児島市議会 2019-03-01 02月12日-01号

また、歳入予算につきましては、財産収入、寄附金繰越金等を計上したほか、国庫支出金等減額しました。 このほか、千日町一・四番街区市街地再開発事業等についての繰越明許費を設定するとともに、鹿児島駅周辺都市拠点総合整備事業等についての繰越明許費を変更しました。 また、県議会議員選挙準備事務についての債務負担行為を変更しました。 次に、特別会計の主な内容について申し上げます。 

伊佐市議会 2019-02-22 平成31年第1回定例会(第1日目) 本文 2019年02月22日開催

以上、歳出について説明いたしましたが、歳入については、利子割交付金配当割交付金地方消費税交付金自動車取得税交付金地方交付税分担金及び負担金財産収入及び寄附金増額措置を講じ、市税地方譲与税使用料及び手数料国庫支出金県支出金繰入金、諸収入及び市債減額措置を講じております。  

姶良市議会 2019-02-18 02月18日-01号

この財源といたしましては、1ページと2ページに掲げてありますように、地方交付税国庫支出金県支出金財産収入、繰越金市債などで対処しました。 6ページの第2表繰越明許費補正は、事業進捗状況などにより、翌年度に事業完了となる社会資本整備総合交付金事業など13事業について繰越明許費の追加をするものであります。 

伊佐市議会 2018-11-30 平成30年第4回定例会(第1日目) 本文 2018年11月30日開催

最後に、歳入の款15財産収入、項財産運用収入、目1財産貸付収入のうち、林建設太陽光発電所用地として貸し付けている土地貸付料102万4,200円についてですが、当初、当局の説明に瑕疵があり、正確な情報のもと決議されたものでないこと、また市民からも、伊佐市の加計・森友問題と言われていること、現在行われている裁判では、審議をして議決をしたのは議会であり、責任議会にあるという反省のない姿勢からも、今回

南九州市議会 2018-06-29 06月29日-04号

財産収入において,パンとお茶の館茶楽里民間譲渡に伴う土地建物売払収入が計上されております。 諸収入については,新予防給付ケアプラン作成に係る費用の支払い方法の変更に伴い,新予防給付ケアプラン作成費減額するものであります。 以上の審査を踏まえ,委員会として,継続事業や例年実施される事業にもかかわらず,当初予算に計上せず補正対応している予算が見られた。

南九州市議会 2018-06-19 06月19日-01号

また,財産収入は,茶楽里民間譲渡による土地売払収入増額し,諸収入につきましては,事業採択団体決定により,コミュニティ助成金を計上し,一般財源繰越金増額して調整するものでございます。 以上で,議案第37号の提案理由説明を終わります。御審議のほど,よろしくお願い申し上げます。 ○議長(伊瀬知正人)  これをもって提案理由説明を終わります。 これから質疑を行います。質疑はありませんか。  

伊佐市議会 2018-03-23 平成30年第1回定例会(第6日目) 本文 2018年03月23日開催

六つ目に、歳入財産収入のうち林建設への土地貸付収入の分です。  この件は監査請求され、監査請求では監査委員の意見として、減額する必要性妥当性、経緯など、より丁寧で詳細な説明が求められると締めくくられていますが、いまだに説明はされていません。また、一般会計でも何回も質問されていますが、今回の一般質問の答弁では裁判中なので答えられないと、ついに説明責任さえ果たさない態度をとっています。

伊佐市議会 2018-02-23 平成30年第1回定例会(第1日目) 本文 2018年02月23日開催

以上、歳出について説明いたしましたが、歳入については、市税地方譲与税自動車取得税交付金財産収入、寄附金繰入金及び諸収入増額措置を講じ、利子割交付金地方消費税交付金分担金及び負担金使用料及び手数料国庫支出金県支出金及び市債減額措置を講じております。