35件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

姶良市議会 2020-06-23 06月23日-03号

要旨、第1回定例会前の議員全員協議で、副市長留任について報告があり、また新年度になり職員異動により新しい体制がスタートしました。 そこで、以下の事項について伺います。 要旨1、副市長留任と任期について、本人の希望か、市長からの要請か、伺います。 2、これまでの職務・職責に関する実績と今後さらに期待することについて伺います。 3、新しい職員体制人事異動に対する考え方について伺います。 

霧島市議会 2020-02-28 令和 2年第1回定例会(第5日目 2月28日)

本市は,平成30年12月27日に招集された伊佐北姶良環境管理組合議会臨時会及び昨年8月19日に招集された同組合議会定例会議員全員協議において,新たなごみ処理施設整備計画概要霧島市内から排出されるごみ処理を統一することに伴い当該組合から脱退することなど,ごみ処理に関する市の考えを説明しました。

伊佐市議会 2020-02-26 令和2年第1回定例会(第1日目) 議事日程 2020年02月26日開催

                        │ │ │   │第31回南九州中部市議会議長会定期総会(小林市)            │ │ │  14│第67回鹿児島下一周市郡対抗駅伝競走大会伊佐地区選手団出発式     │ │2│   │鹿児島後期高齢者医療広域連合議会第1回定例会鹿児島市)      │ │ │  18│宮人一般廃棄物最終処分場公害対策専門委員会              │ │ │  19│議員全員協議

霧島市議会 2020-02-26 令和 2年第1回定例会(第3日目 2月26日)

本市は,平成30年12月27日に招集された伊佐北姶良環境管理組合議会臨時会及び昨年8月19日に招集された同組合議会定例会議員全員協議において,新たなごみ処理施設整備計画概要霧島市内から排出されるごみ処理を統一することに伴い当該組合から脱退することなど,ごみ処理に関する市の考え方説明しました。

霧島市議会 2019-12-11 令和元年第4回定例会(第5日目12月11日)

伊佐北姶良環境管理組合からの脱退につきましては,昨年12月27日に招集された当該組合議会臨時会議員全員協議において,本市は,保有する敷根清掃センターを建て替え,これに合わせて,本市のごみ処理を一本化するため,横川・牧園地区ごみ敷根清掃センター等処理する方針であり,これらを踏まえると,当該組合から脱退する可能性があることを説明し,具体的な協議を開始したい旨をお伝えしました。

伊佐市議会 2019-11-27 令和元年第4回定例会(第1日目) 議事日程 2019年11月27日開催

                      │ │ │   │伊佐シルバー人材センターとの懇話会                 │ │ │16~17│北九州伊佐会総会北九州市)                    │ │11│  19│鹿児島後期高齢者医療広域連合議会第2回定例会鹿児島市)      │ │ │   │第16回肥薩四市議会議員研修会熊本県水俣市)             │ │ │  20│議員全員協議

伊佐市議会 2019-09-02 令和元年第3回定例会(第1日目) 議事日程 2019年09月02日開催

            │ │ │   19│令和元年第2回伊佐北姶良環境管理組合議会定例会           │ │8│    │令和元年第2回姶良伊佐地区介護保険組合議会定例会霧島市)    │ │ │ 22~23│鹿児島市議会議長会定期総会                    │ │ │ 24~26│第50回種子島鉄砲まつり姉妹都市盟約締結10周年記念植樹西之表市) │ │ │   26│議員全員協議

伊佐市議会 2019-06-05 令和元年第2回定例会(第1日目) 議事日程 2019年06月05日開催

                         │ │ │   │鹿児島農民政治連盟伊佐支部通常総代会                │ │ │25~26│東海伊佐会(名古屋市)                        │ │ │27~28│鹿児島市議会議長会定期総会西之表市)               │ │ │28~29│九州治水期成同盟連合会定期総会(宮崎県延岡市・副議長代理出席)    │ │ │  29│議員全員協議

南九州市議会 2018-12-06 12月06日-02号

夢・風の里アグリランドえいにつきましては,11月27日の議員全員協議で今後の方針報告をさせていただきました。 市の方針としては,民間活力を活用するために,サウンディング調査により提案やアイディアを広く募集した上で,活用方策を決定する流れで取り組みたいと考えております。 次に,質問2の2,風力発電研究施設誘致について。 

伊佐市議会 2018-11-30 平成30年第4回定例会(第1日目) 議事日程 2018年11月30日開催

                    │ │ │  17│熊本伊佐会(副議長代理出席)                     │ │ │   │第9回伊佐シルバー祭り                        │ │ │  20│ゆめ・ときめき活動推進セミナー(副議長代理出席)           │ │ │   │国道267号改良促進期成会熊本要望会熊本市)             │ │ │  22│議員全員協議

伊佐市議会 2018-08-31 平成30年第3回定例会(第1日目) 議事日程 2018年08月31日開催

                │ │ │18~19│第49回種子島鉄砲まつり西之表市:副議長代理出席)          │ │8│  21│労働安全衛生大会                           │ │ │  23│第2回伊佐北姶良環境管理組合議会定例会                │ │ │   │第6回伊佐市新庁舎建設検討委員会                   │ │ │  24│議員全員協議

伊佐市議会 2017-12-01 平成29年第4回定例会(第1日目) 議事日程 2017年12月01日開催

                    │ │ │7~8│鹿児島市議会議長会臨時総会東京)                 │ │11│  10│肥薩市議会議員研修会(出水市)                   │ │ │  17│第2回鹿児島市町村総合事務組合議会定例会鹿児島市)        │ │ │  18│第7回伊佐シルバー祭り                        │ │ │  22│議員全員協議

伊佐市議会 2017-09-07 平成29年第3回定例会(第3日目) 本文 2017年09月07日開催

また、一昨日の同僚議員一般質問で、DMO・株式会社やさしいまちで3地域ブランディングの項目──これは一般質問になかったんですが、一応、担当課長に言っておりましたが、一般質問の締め切りが8月24日でしたので、9月の広報が出てわかったのですが、本当はこういう広報は随時、議員全員協議そういうので説明願えれば先にわかっていたのですが、研究開発施設誘致となると薬草をうたってあったので、このような分野があったのかと

伊佐市議会 2017-09-01 平成29年第3回定例会(第1日目) 議事日程 2017年09月01日開催

                       │ │ │  17│第71回県民体育大会伊佐支部選手団結団式(副議長代理出席)       │ │ │17~18│南九州中部市議会議長会中央要望活動東京都)             │ │ │19~20│第48回種子島鉄砲まつり(副議長代理出席)               │ │8│  21│議会運営委員会                            │ │ │  24│議員全員協議

伊佐市議会 2017-03-06 平成29年第1回定例会(第2日目) 本文 2017年03月06日開催

議員全員協議において配付いたしました参考資料でもお示ししておりますが、国の平成29年度地方財政計画では、地方交付税出口ベースで前年度から0.4兆円減少の16.3兆円とされております。その計画を受け、伊佐市におきまして、地方交付税は前年度当初予算額から6,000万円減少して56.4億円と見込んでおります。

鹿屋市議会 2016-03-08 03月08日-03号

このような中、10月30日の議員全員協議におきまして、苦渋の決断でありますが、今回の訓練移転については、やむを得ないものと表明させていただいたところでございます。 市民の皆様におかれましては、これまで経験したことのない米軍訓練が本市で行われることによる航空機の騒音安全性への不安や懸念など、さまざまな思いがあるものと十分に承知をいたしております。

鹿屋市議会 2015-12-08 12月08日-03号

市長は、10月30日の議員全員協議及び11月5日のリナシティでの市民説明会において、米軍空中給油機KC-130の鹿屋基地への訓練移転にかかるこれまでの対応と、防衛省との協議について説明をいたしました。市長最終判断として、9月議会決議から1カ月がたった。決議を重く受けとめ、防衛省の回答も、完全ではないが一定の評価はできる。騒音等の問題もあるが、42市町村のうちほとんどが受け入れている。

  • 1
  • 2