105件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-05 霧島市議会 平成30年第4回定例会(第3日目12月 5日) 改正の主な内容は,一般職の会計年度任用職員制度を創設し,任用,服務規律等の整備を図るとともに,特別職非常勤職員及び臨時的任用職員の任用要件の厳格化を行うものです。あわせて,期末手当及び通勤手当の支給を可能にするものであり,臨時・非常勤職員の処遇改善につながるものとなっています。 もっと読む
2018-06-14 霧島市議会 平成30年第2回定例会(第4日目 6月14日) 改正の主な内容は,一般職の会計年度任用職員制度を創設し,任用,服務規律等の整備を図るとともに,特別職非常勤職員及び臨時的任用職員の任用要件の厳格化を行い,本制度への必要な移行を図るものです。併せて期末手当の支給を可能にするものであり,臨時・非常勤職員の処遇改善につながるものとなっております。 もっと読む
2018-02-28 伊佐市議会 平成30年第1回定例会(第2日目) 本文 2018年02月28日開催 だから、私はあえて、本来の首長がやるべき、守るべき規律に照らし合わせて、今、施策というのを考えているわけです。  そういう中で、今、うちが、これから未来永劫、子ども医療費無料化のためにお金をつぎ込めるかといったら難しいんですね。だから、私は、ほかの首長はあえてサービスしてそれを打ち出してくるんですけど、私は今までそれをしてきていないわけです。これは将来を考えるからこそやっているわけですね。 もっと読む
2017-12-18 霧島市議会 平成29年第4回定例会(第2日目12月18日) 改正の主な内容は,一般職の会計年度任用職員制度を創設し,任用,服務規律等の整備を図るとともに,特別職非常勤職員及び臨時的任用職員の任用要件の厳格化を行い,本制度への必要な移行を図るものです。 もっと読む
2017-12-12 伊佐市議会 平成29年第4回定例会(第5日目) 本文 2017年12月12日開催 ただし、あくまでもソフト事業に対する地方債であることから、財政規律維持の観点から、総務省令で市町村ごとに発行限度額が設けられており、また、地方財政措置の重複を避けるため、特別交付税の算定対象としたものは除くこととされております。   もっと読む
2017-12-08 伊佐市議会 平成29年第4回定例会(第4日目) 本文 2017年12月08日開催 だから、私たちはちょうどそこまでの任期を任されているわけですが、その間に関しては、もちろんそれは財政運営の規律を守りながらですけども、絶対大丈夫であるということは言えると思います。  しかし、東京オリンピック後というこのことは、やはりどんな方もおっしゃっていますね。よほど考えていなければ、やはりその時点である程度の基金というのは絶対必要です。 もっと読む
2016-12-14 伊佐市議会 平成28年第4回定例会(第3日目) 本文 2016年12月14日開催 私があずからせてもらいますこの4年間というのは次の世代につなぐ大変重要な時期だと考えておりますので、財政的には大変規律ある運営をしてまいりたいと思っております。それは、合併の推進債も終わりますし、地方交付税の算定も1本になりますし、交付税というのは数値の計算になりますので、そうして人口減少が起こるごとに億単位で減っていきます。そういう中でどこまでのサービスが許されるかということだと思います。   もっと読む
2016-09-14 鹿屋市議会 平成 28年 9月定例会-09月14日−04号 ◎総務部長(森田誠君) 調査自体はいたしておりませんけども、改めて服務規律の徹底についてということで、全職員に通知をいたしております。まあ、挨拶のこと、それから、今、市民からのいろんな御意見、苦情も含めた御意見、そういった事例も具体的にちょっと載せて、それを、周知をするようにもいたしてございます。 もっと読む
2016-03-25 姶良市議会 平成 28年 3月定例会(第1回)-03月25日−10号 この条例の目的は、市民と議員の相互信頼関係を確立するため、政治倫理に関する規律をさらに高め、議員は市民の代表であるという自覚と良識を持ち、みずからの明確な政治倫理基準に基づき、公明正大な市政の推進に努めるとともに、誇りと使命感を持って市政を担いつつ、常に説明責任を果たしていく必要がある。この倫理基準は議員の努力義務を定めるものであり、それに対する違反は議員みずからによって律していくものとする。 もっと読む
2015-12-07 霧島市議会 平成27年第4回定例会(第3日目12月 7日) 学校は,教育基本法の第14条第2項に基づいて,政治的な中立性を確保することが求められていること,高等学校は学校教育法第50条及び第51条並びに学習指導要領に定める目的・目標等を達成すべく生徒を教育する公的な施設であること,高等学校の校長は各学校の設置目的を達成するために必要な事項等について必要かつ合理的な範囲内で在籍する生徒を規律する包括的な機能を有するというふうになっております。 もっと読む
2015-11-26 姶良市議会 平成 27年 12月定例会(第4回)-11月26日−02号 このように、このことについては姶良市でも小学校入学のときに、子どもたちやそれからその保護者の皆さんが大きなギャップを感じたり不安を感じたりしないように、小学校スタートから落ち着いて学習をするという、そういう学校が持つ集団性とか規律性とか公共性などをしっかりと身につけさせるということを重視して取り組んでいるところでございます。   もっと読む
2015-11-18 南九州市議会 平成 27年 第 4回定例会(11月)-11月18日−01号 これには,「地方公共団体は,関係を有する第三セクター等について自らの判断と責任により徹底した効率化・健全化等についての取り組みを進め,財政規律の強化に努めることが必要である」ということを言っているんです。人ごとじゃないということですよね。  「地方公共団体におかれては,出資を行っている法人については,効率化・経営健全化と地域活性化等に資する有意義な活動に取り組まれるように留意をされたい」と。   もっと読む
2015-09-17 伊佐市議会 平成27年第3回定例会(第5日目) 本文 2015年09月17日開催 これはどんなことをやっても、人間が持っている弱い面ですから、そこは私どもが研修あるいは規律を、倫理規程をしっかりしていくということで防ぐしかありません。  ネット上あるいはシステム上は、日本年金機構が行ったのとは全く違います。これは先ほど説明を総務課がいたしましたが、繰り返しになりますが、外部とは遮断しますので、こういうことは起こりません。   もっと読む
2015-09-11 霧島市議会 平成27年第3回定例会(第5日目 9月11日) それで,ガバナンスという言葉があるんですが,ガバナンスとは,意思決定や経営に規律を持たせることだそうです。誰に権限と責任があるかを明確にし,それを監視と点検できるようにしておくことということですが,本件のような補助金交付事業等については,誰にどう指示して,どのような報告を受けたのかお示しください。 ○市長(前田終止君)  いろいろと御指摘を賜りました。 もっと読む
2015-06-24 鹿屋市議会 平成 27年 6月定例会-06月24日−04号 ◎総務部長(森田誠君) 4、新人事評価制度の取り組みについての(2)鹿屋市法令遵守等の推進に関する条例など、他例規と新人事評価制度との関連性についてですが、コンプライアンスや意識、姿勢の評価においては、規律性に関する評価項目を検討中であることや、処遇反映の面で、昇給・昇格のほか、分限処分についても評価結果を活用する予定であることから、制度構築に当たっては、当然のことながら、関係例規との整合性を図っていく もっと読む
2015-03-11 伊佐市議会 平成27年第1回定例会(第5日目) 本文 2015年03月11日開催 今後、伊佐市が健全な財政運営を続けていくためには、経費全般の見直しや建設事業の平準化など、調整しながら、歳出の抑制と市税の自主財源の確保と有利な国県補助金、そして地方交付税の措置のある地方債を活用して財政規律に努めていく必要があると考えております。   もっと読む
2015-03-09 伊佐市議会 平成27年第1回定例会(第3日目) 本文 2015年03月09日開催 繰り入れにも該当するんですけど、これらの減免につきましては、被保険者間の公平性の確保や健全な介護保険財政の運営と財政規律の保持の観点から、従前からお示ししているとおり、三原則がありまして、まず一つ目、介護保険料の全額免除、二つ目、収入のみに着目した一律の減免、それから三つ目に、介護保険料減免分に対する一般財源の投入については適当でないため、引き続きこのいわゆる三原則の遵守に関し、各保険者において適切 もっと読む
2015-03-06 南九州市議会 平成 27年 第 1回定例会( 3月)-03月06日−04号 ほかの教育債であるとか,過疎債であったりとかいろいろなものは,これはハード的な物をつくる今の運営に使うという部分の性質のもので,勿論これは市の行財政改革の中でも借入金は当該年度の地方債元金償還額以内に抑えるという規律がありますので,その中に入ってるものですが,この臨時財政対策債はそれからは除かれているわけですよね。 もっと読む
2015-03-04 鹿屋市議会 平成 27年 3月定例会-03月04日−03号 しかしながら、少子高齢化による社会保障費の増加や老朽化したインフラの整備、維持管理対策など、本市を取り巻く財政状況は今後厳しくなることが予想されるため、引き続き財政規律を堅持してまいりたいと考えております。   もっと読む
2015-02-23 伊佐市議会 平成27年第1回定例会(第1日目) 本文 2015年02月23日開催 菱刈小学校校舎の建てかえや汚泥再生処理センター建設などの大型プロジェクトのためにやむを得ないこととはいえ、今後も大きな事業が予定されていますので、財政規律をもう一度見直す必要があります。財政調整基金を多額に取り崩し始めると、瞬く間に枯渇する危険性があります。事業の見直しや固定費の削減を行いつつ、安定した財政基盤を確保した継続できる行政でなければ、市民の皆様に大きな迷惑をかけることになります。   もっと読む