74件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

南九州市議会 2020-09-04 09月04日-02号

それじゃ,この点についてはですね,そういうことではっきり言えないんですが,この「スーパーグリーンさつま」,そういう名前で出していますが,これはやっぱり苗木生産するそこあたりのあれもどうかなと,どのように働いているのかなというような,私はそういう疑問を持っております。そういうことも言っておきたいと思います。 それでは,その次に白線,道路のほうに移りますが,道路の市道に限らずです。

霧島市議会 2019-12-12 令和元年第4回定例会(第6日目12月12日)

ソメイヨシノヤマザクラ苗木ソメイヨシノの小枝を接ぎ木して生産いたします。したがって,この根本から生えてきている小枝は台木であるヤマザクラであろうと考えられますし,後継樹木ヤマザクラでもよいのではないかなと思います。また,根本に盛り土をしていなければ,ほかの株からもヒコバエが芽生えたものではないかなと思われます。以上のことを念頭に幾つかの具体的な質問に移りたいと思います。

伊佐市議会 2019-06-13 令和元年第2回定例会(第3日目) 本文 2019年06月13日開催

3、造林用苗木生産の増量に向けた取り組みとして、県は、現在27の個人や団体が年間約200万本を生産しているとしながら、県内の造林用苗が今後造林を推進していく中で、年間300万本から400万本必要になると説明して、新規生産者技術習得施設整備支援に努め、対応していくと見解を示しております。  

霧島市議会 2018-12-07 平成30年第4回定例会(第5日目12月 7日)

しかしながら,再造林率はいまだ低いため,今後においても,県や関係機関と連携を図りながら,造林保育コスト低減労働力及び苗木の確保などに取り組んでまいります。 ○16番(仮屋国治君)  最近年をとったせいか,時間調整がなかなかうまくいきませんで,今回1項目だけにしたつもりだったんですが4項目になりまして,急ぎ足で再質問に入ります。順番にまいります。1問目,GAPのところから。

鹿児島市議会 2018-06-01 06月20日-04号

そして、このほど、私も自宅の庭にユーカリ苗木を三本植えました。現在、まだ八十センチぐらいの高さですが、肥料もやっています。自分の食べるものもへずって肥料もやっていますが、早く大きくなって平川動物公園コアラに持っていきたいと、けさも来るときにユーカリの木に今から行ってくるからねということで挨拶をするようにしておりますが、楽しく大事に育ててまいります。長い目で期待してください。

鹿児島市議会 2018-03-01 02月27日-04号

農作物以外では、植林した苗木の食害のほか、ごみステーションでの被害などがございます。鳥獣被害が及ぼす影響としては、農作物被害を受けたことによる営農意欲減退耕作放棄地拡大などがございます。 生息状況につきましては、県が鹿及びイノシシの調査をしており、二十八年度から市町村別推定個体数を公表しているところでございます。

伊佐市議会 2017-03-10 平成29年第1回定例会(第5日目) 本文 2017年03月10日開催

◯市長(隈元 新君)  今おっしゃいましたように、「輝くあしたのために苗木を植えましょう」というのが、その一文に私の気持ちは込めたつもりでおります。  本来ならば、僕は誤解がないとするならば、同じ苗でも別な例えを使おうと思っていたんです。議会の総括の場ですので、議会で申し上げてもいいのかなとは思うんですが、有名なルターの言葉があります。

鹿児島市議会 2017-03-01 03月06日-07号

これまでに、私自身、過去の本会議質疑でも、ユーカリ農園整備強化コアラ飼育頭数増加に欠かせないと取り上げるとともに、平川動物公園周辺を含め、ユーカリ苗木栽培現場を広げるためにお願いをして回り、コアラ飼育充実には、ユーカリ植栽充実がこのことを通じても非常に不可欠であることをつくづく痛感をいたしました。 

霧島市議会 2017-02-22 平成29年第1回定例会(第3日目 2月22日)

造林計画につきましては,先程の主伐に係る伐採のうち,苗木植栽人工造林として更新するものが162件の45.27haとなっており,主伐面積に対する再造林面積の比率であります再造林率は,34.2%となっております。なお,残る387件の87.27haは,伐採後において植栽を行わず,自然再生を図る天然更新であります。

伊佐市議会 2015-12-10 平成27年第4回定例会(第3日目) 本文 2015年12月10日開催

バイオマス発電所は、山を知っている年配者と若い子育て世代が一緒になって、木材の伐採から運搬、集積、乾燥チップ化発電所勤務、また、10年から20年サイクルで伐採するそうでございますけれども、毎年の苗木栽培植栽、余熱で温室ハウスなど、裾野は幾らでも広がっていくと思われますが、伊佐地区林業発展につながるとは思いますけれど、御意見を伺いたいと思います。

霧島市議会 2015-10-02 平成27年第3回定例会(第6日目10月 2日)

国分中央高校キリシマツツジ苗木育苗を行っているが,それに関わる予算は,全て市の予算か」との質疑に,「国分中央高校における増殖に対する取組は,教育委員会の規定の予算の中で対応している。また,キリシマツツジに関しての主な取組として,保存・増殖,それと市民の認知度の向上であり,当面は市が主体的に関わることが重要である」との答弁。

鹿屋市議会 2015-09-15 09月15日-03号

それと、あと苗木なんですけれども、先ほど、平成30年まででしたか、30年までに8割再造林をするという目標を立てるということでしたが、今、苗木が少なかったり、高騰してきているということでしたが、それは大丈夫でしょうか。 ◎農林商工部長今平健太郎君) 県のこの目標8割というのは、非常に我々も高い目標だと思っています。

姶良市議会 2015-09-09 09月09日-04号

それと、先ほど来出ております国元商会のほうが竹チップの製造、それとこれは竹の苗木販売なんですが、株式会社産木というところがホウライチク系竹苗販売をしているというふうに聞いております。 以上でございます。 ◆19番(吉村賢一君) 竹というのは、ほっておくと隣の山へ、あるいは杉林も枯らすといいます。それから、休耕田もどんどん侵食していきます。