717件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鹿屋市議会 2025-06-25 06月25日-03号

本年10月から、消費税率10%への引き上げが実施されます。その税収は毎年1兆円規模でふえ続ける社会保障費を賄う大きな財源となります。 国は消費税率10%引き上げに伴い、駆け込み需要とその後の反動減によって消費が落ち込むことがないよう、需要のばらつきをならわす平準化対策に重点を置き、消費税対策に万全を講じるとしています。 

鹿屋市議会 2023-12-10 12月10日-03号

制度税率が変わることなどから、この努力が続けられるか難しくなっていくことから、全国知事会市長会で国へ財源保証を要望されているのではないでしょうか。今後とも、市民生活を守るため、要望活動は続けていただきたいと思います。 そして、鹿児島県では、2023年までに国保料算定方式を4方式から3方式にしていくということです。

鹿屋市議会 2021-06-26 06月26日-04号

──────────────1、議事日程(第4号) 第 1  会議録署名議員指名 第 2  一般質問 第 3  鹿屋税条例等の一部を改正する条例専決処分承認について(議案第1号) 第 4  鹿屋国民健康保険税条例の一部を改正する条例専決処分承認について(議案第2号) 第 5  改元に伴う関係条例整理に関する条例専決処分承認について(議案第3号) 第 6  消費税及び地方消費税税率改定

鹿屋市議会 2020-12-09 12月09日-02号

市税は、税率改正影響による法人市民税の減少が見込まれる一方、個人市民税納税義務者数や1人当たり所得金額の増加、市税収納率向上の取り組みにより、30年度決算と同程度の109億円を見込み普通交付税は、国の概算要求において、前年度比4.0%増とされていることから、現段階では、本年度交付決定額115億円から2億円増の117億円を見込んでいるところであります。 

南九州市議会 2020-11-21 11月21日-02号

安倍政権が10%への消費税率引き上げを強行して50日がたちました。消費者はもちろん,あらゆる現場で不安と混乱が広がっております。増税前から景気が悪化していたことは,9月の日銀短観が大企業製造業行政判断指数が3四半世紀連続で悪化していることを示していました。 また,現在の消費不況は,2014年4月に安倍内閣が5%から8%へ消費税率引き上げを強行したことが引き金となりました。

鹿屋市議会 2020-07-03 07月03日-05号

────────────────1、開会日時  令和元年7月3日(水)午後1時────────────────────────────────1、議事日程(第5号) 第 1  会議録署名議員指名 第 2  鹿屋税条例等の一部を改正する条例専決処分承認について(議案第1号) 第 3  改元に伴う関係条例整理に関する条例専決処分承認について(議案第3号) 第 4  消費税及び地方消費税税率改定

霧島市議会 2020-05-01 令和 2年第1回臨時会(第1日目 5月 1日)

報告第4号,霧島介護保険条例の一部を改正する条例専決処分については,昨年10月に消費税率が10%に引き上げられたことに伴い,消費税財源として平成27年度から介護保険法に基づき実施している低所得者保険料軽減に係る取組の更なる強化に向け,所要改正を行うため,令和2年4月20日付けで専決処分したものです。

霧島市議会 2020-03-27 令和 2年第1回定例会(第7日目 3月27日)

次に,議案第18号,令和年度霧島国民健康保険特別会計予算について,自由討議はなく,反対討論として,県の標準税率等が提示された後,執行部税率等の計算をしているが,その中に,行政政策的視点が全く入っていない。国からの交付金等,増額されたものがあれば,その分を使い,税率を少しでも下げる努力をすべきと考える。市民目線での政策的視点が欠けているとの討論がありました。

南九州市議会 2020-03-25 03月25日-05号

市税は,太陽光発電設備等償却資産に対する固定資産税の増はあるものの,個人市民税農業所得等減額見込み法人市民税税率が引き下げられたことによる市民税の減を見込み,前年度比1,171万3,000円減の36億3,943万6,000円が計上されております。 地方消費税交付金は,前年度比8,700万円増の8億4,900万円が計上されております。 

姶良市議会 2020-03-17 03月17日-06号

最近の公明党ならではの大きな実績といえば、消費税軽減税率教育無償化です。この政策社会の分断、格差をどう防ぐかという時代的な要請に応えたものと言っても過言ではありません。 これからも小さな声を聴く力と時代のニーズを捉え、的確に政策に反映する力を存分に発揮し、皆様のご期待や思いにお答えしてまいりたいと思います。 私は通告しました3つの項目について質問します。 

霧島市議会 2020-03-13 令和 2年第1回定例会(第6日目 3月13日)

ここで,本市の近年の国保税の流れについて検証してみますと,国民健康保険納税義務者負担軽減するため,当初,平成22年度から平成24年度までの3年間,霧島国民健康保険税特例措置に関する条例を制定し,所得割額税率特例として減額を行ってきました。その結果として,年間約1億数千万円程度税収が下がったそうであります。

姶良市議会 2020-03-13 03月13日-04号

市税は1億8,212万7,000円の増ですが、法人市民税税率の緩和で減額になっております。地方消費税交付金は、前年度比3億4,000万円の増となっており、市税1億8,212万7,000円を上回っております。 消費税増税影響は深刻で、家計の消費は落ち込み、デパートやスーパーも前回以上の落ち込みとなっており、キャッシュレス導入で資金繰りの問題など生じております。

伊佐市議会 2020-03-04 令和2年第1回定例会(第3日目) 本文 2020年03月04日開催

◯市長(隈元 新君)  平成30年度税率改定いたしましたが、国保税は、74歳まで負担いただく医療給付分後期高齢者支援金分と、それから、40歳から64歳まで負担いただく介護納付金がございます。それぞれ所得割均等割平等割が設定されており、その合計でいきますと、所得割では19市中高いほうから8番目、均等割は4番目、平等割は5番目となっております。  

南九州市議会 2020-03-03 03月03日-02号

本来なら,県が示された標準保険料率に基づき,毎年度税率を検討,改定していくことが望ましいところですが,本市としましては,被保険者税負担に対する不安感を和らげ,制度安定性を維持する観点から,令和年度については,税率改定せずに,一般会計からの法定外繰入により収支のバランスをとったところであります。 

鹿児島市議会 2020-03-03 03月03日-07号

質問の2点目、令和年度国保税率改定を検討する上で、国保税の引下げを求める要請5,151筆に示された市民の声をどう受け止めたのか。 以上、答弁願います。 ◎市民局長古江朋子君) お答えいたします。 鹿児島国民健康保険運営協議会への諮問につきましては、令和年度国民健康保険税税率を据え置くことなどについて意見を求め、同協議会から原案どおり了承するとの答申をいただいたところでございます。 

鹿児島市議会 2020-02-27 02月27日-06号

質問の1点目、市長の今任期において私ども党市議団は、安倍政権消費税率の10%への増税市民生活地域経済に大打撃を与えたことや、市民負担を与える一方で桜を見る会などの政治、税金の私物化等によって国民政治への信頼を損なっている問題など、県においては、こども医療費助成制度現物給付の充実の方向性鹿児島本港区、県総合体育館などのまちづくりの問題など、機会あるごとに市長政治姿勢と対応を求めてまいりました