747件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

伊佐市議会 2020-12-17 令和2年第4回定例会(第4日目) 本文 2020年12月17日開催

それと、先日も森田議員からもありましたが、伊佐市は県下でも有名な農林畜産業のまちであります。生産牛や、農業においては先ほど久保議員も話されましたけれども、伊佐米金山ネギ、カボチャ、水田ゴボウ、ゴーヤなど、これらの栽培で農業収入を得ておりますね。市長の公約にもありましたが、稼げる農業を進めるにはやはり指導者も大事であります。そして後継者育成ですね。

伊佐市議会 2020-12-16 令和2年第4回定例会(第3日目) 本文 2020年12月16日開催

今の県下発生状況からいたしますと、いつ、我が伊佐市に発生してもおかしくないという状況かと思います。若者は軽症で済むかもしれませんけれども、高齢者基礎疾患者は重症化すると言われておりますので、先ほどの課長の説明では、北薩病院に4床の受入れというような病床では逼迫することがあり得ると思います。  

南九州市議会 2020-12-10 12月10日-03号

ですから,この品種改良についても,そういう問題点があるのをクリアしていくのが品種改良だと思いますので,この品種改良についても,先ほど言ったように,県下市町村,県,それから他県の産地も巻き込んで,国に強力にお願いするということも,これは必要じゃないかというふうに思いますが,その点もどう思われますか。

鹿児島市議会 2020-12-10 12月10日-04号

また、商業高校女子高校につきましては、中学生やその保護者等のニーズなどを踏まえるとともに、生徒募集対象県下全域にわたっておりますことから、県との協議を行いながら両校の学科の在り方について検討してまいります。 以上でございます。   [米山たいすけ議員 登壇] ◆(米山たいすけ議員) 答弁いただきました。 これまでも本会議において再三申し上げ、要望してきましたが、改善はされておりません。

霧島市議会 2020-12-02 令和 2年第4回定例会(第3日目12月 2日)

県下第二の都市である霧島市でも,18歳までの全ての子供へ,これは住民税非課税課税関係なく全ての子供への無料化を実施すべきと考えますがいかがでしょうか。三つ目の質問に,メガソーラー発電所建設問題についてであります。11月13日に霧島虎ヶ尾岡メガソーラー建設反対協議会と,市議会の私も参加を致しております総務環境常任委員会議員と語ろかいを開催をさせていただきました。

姶良市議会 2020-12-01 12月01日-03号

令和元年度決算で、経常収支比率が96.8%となり、地元新聞県下自治体の中で姶良市がワースト1との報道がありました。市民の中に、庁舎建設等大型事業を控える中で、市財政に関して、姶良市は大丈夫なのかと危惧する声も聞こえてきます。一つの数字で杞憂するものではないとは考えますが、市民の理解を深めてもらう意味も含めて、以下の事項についてお伺いいたします。 

姶良市議会 2020-09-08 09月08日-05号

それから、2点目のスクールサポートスタッフの配置事業の件ですが、ハローワークを通して申込みのあった希望者に対して面接を実施して選考しますということなんですが、恐らく県下の小学校全ての対象でされると思うんですが、仮に応募者が不足の場合、いわゆる選考の人数ですか、400人以上の学校8校に各1人を配置するとなっておりますが、これに満たない場合はどのような対応をされるんでしょうか。 

伊佐市議会 2020-09-02 令和2年第3回定例会(第2日目) 本文 2020年09月02日開催

それと、陸上競技場も先ほど出ましたが、伊佐県体時に改修され、現在、市民体育大会では多くの市民方々が利用していますし、夜間は県下一周駅伝選手女子駅伝選手方々が練習されております。特に県下一周駅伝競走大会においては、今年こそは最下位脱出ということで一生懸命頑張っていただき、練習の成果が見えて11位と健闘されたわけですね。  

姶良市議会 2020-09-02 09月02日-03号

2016年度の市町村民所得では、姶良市は県下5番目の位置を保っておりますが、一方、1人当たり所得では23番目という位置であるとともに、増加率においては、さらに低い29位というふうな、新聞に出ておりました。あまりに低位置状況であると思いますが、この要因は何にあると分析し、今後、市民1人当たり所得向上に向けてどのような施策が必要とお考えかお知らせください。 項目2、高齢者移動対策について。 

南九州市議会 2020-09-01 09月01日-01号

新型コロナ発生をしましてから,県下はもちろんですけれども,各自治体が様々な努力をされているわけです。我が町も商工業者の方を始めとして,農業商工業です。子育て家庭支援のための対策がなされてきました。そういった政策を,いろんな制度を受けて,本当に助かったという,そういう声なども届いておりますけれども,いわゆるこれですまない,ますますこの経済的には大変な状況が広がることが,もう予想されるわけです。

伊佐市議会 2020-06-09 令和2年第2回定例会(第2日目) 本文 2020年06月09日開催

県下状況を見ながら判断するということを答えましたけれども、県下流れといたしまして、夏季休業を短縮するかというのはそれぞれの市町村で判断をすることになりますが、ほとんど全ての市町村夏季休業を短縮するような流れになっていくのではないかというように捉えております。