6件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

霧島市議会 2018-10-09 平成30年第3回定例会(第6日目10月 9日)

次に,議案第78号,霧島市家庭保育事業等の設備及び運営に関する基準を定める条例の一部改正について,執行部の説明では,家庭保育事業等は,0歳から2歳までの子供を,保育園などの施設よりも少人数の単位で預かる事業であり,保育園,幼稚園及び認定こども園との連携によって,集団保育を体験させるための機会の設定,家庭保育事業者が職員病気休暇等により保育を提供することができない場合に,家庭保育事業者等に

霧島市議会 2017-06-14 平成29年第2回定例会(第3日目 6月14日)

やはり病気休暇診断書を出してしっかり静養をしていただくというのが,同じ人間としての扱いではないんですか。改善すべきではないですか。 ○総務課長(橋口洋平君)  すみません。訂正させてください。一般臨時職員の有給休暇ということで,先ほど6か月以上雇用した職員につきましては,年休と今おっしゃいました感染力の強い病気と忌引きということで,現在,整理してありました。

霧島市議会 2009-03-06 平成21年第1回定例会(第5日目 3月 6日)

さらに,長期的病気休暇をとりながら家庭の農作業に一生懸命汗を流してる職員もいたということです。こういった職員雇用をし続けることは問題だという話であります。1期4年の集大成という観点からお尋ねしているわけなんですが,合併前は出勤簿に代わるタイムカードが使用されていた町もありました。霧島市になって,出勤簿になっております。

霧島市議会 2008-09-18 平成20年第3回定例会(第5日目 9月18日)

平成20年4月から8月までに1か月以上の病気休暇を取得した職員は11名であり,9月1日現在の病気休暇者は4名になっております。また,9月1日現在の地方公務員法第28条第2項第1号の規定に基づく休職扱いの職員は2名となっております。なお,病気休暇者及び休職者の内訳についてでありますが,身体的なものとメンタル面のものとがありますが,詳しい内容につきましては控えさせていただきたいと存じます。

霧島市議会 2007-09-28 平成19年第3回定例会(第6日目 9月28日)

そのほかに内科医師病気休暇と内科医師の長期研修により常勤医師が少なかったことや平成18年4月からの診療報酬のマイナス改定が収益の減少となっております。現在は耳鼻咽喉科は非常勤医師で対応し,内科医師の一人は長期研修が終了し職場復帰しております。病気休暇の内科医師は後任の常勤医師を確保したところであります。

  • 1