81件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

霧島市議会 2019-11-28 令和元年第4回定例会(第1日目11月28日)

また,被保険者の生活習慣の早期発見を目的とした長寿健診や人間ドックの受診助成,重複・頻回受診者への訪問指導などの保健事業を行うことにより,当該医療制度の適正な運営に努めている。平成30年度決算額は,歳入総額13億4,637万6,147円,歳出総額13億4,027万7,571円で,実質収支は609万8,576円の黒字となっているとの説明がありました。

霧島市議会 2019-02-28 平成31年第1回定例会(第5日目 2月28日)

平成31年2月1日現在の30日以上の病休者は,生活習慣やメンタル不全による疾病が原因で6名となっています。次に3点目にお答えします。パワハラの苦情相談があった場合は,相談者の意向を最大限尊重した上で対応に当たっています。苦情相談の多くは,話を聞いてほしいことがほとんどであり,相手には言わないでほしいとの意向も強くあります。ただし,相談者が希望した場合は,双方の話を聞いて対応しています。

霧島市議会 2019-02-18 平成31年第1回定例会(第1日目 2月18日)

「誰もが支えあいながら生き生きと暮らせるまちづくり」における健康づくりの推進につきましては,健康きりしま21(第3次)の基本理念に基づき,個人地域ぐるみでの健康づくりを支援するとともに,特定健診や各種がん検診の受診率向上を図り,生活習慣の予防や疾病の早期発見・早期治療,特定保健指導等による重症化予防に努めてまいります。

霧島市議会 2018-12-07 平成30年第4回定例会(第5日目12月 7日)

この生活習慣予防と介護予防,それがちょうど重なる65歳から75歳の間が,重点的に栄養管理の変化が必要になってくる期間ではないかなというふうに思います。生活習慣,いわゆるメタボ予防からフレイル予防への転換,この栄養の問題に対して,本市ではどのようにお考えになっているか教えてください。

霧島市議会 2018-11-27 平成30年第4回定例会(第1日目11月27日)

市町村では,主に被保険者の生活習慣の早期発見を目的とした長寿健診や人間ドックの受診助成,重複・頻回受診者への訪問指導などの保健事業を行うことにより,当該医療制度の適正な運営に努めているところである。平成29年度決算額として,歳入総額13億6,210万5,469円,歳出総額13億5,454万9,000円で,実質収支は755万6,469円の黒字となっているとの説明がありました。

霧島市議会 2018-09-14 平成30年第3回定例会(第5日目 9月14日)

それで,市のほうは,まずは生活習慣予防ということで,とても力を入れ一生懸命知恵を出して頑張っていらっしゃいます。でも,それ以上にその要因となるこのたばこというものが中途半端になっていれば,そこを一生懸命やったところで元の部分を頑張って無くさないと効果がないのではないかなと感じます。民間の保険会社では,保険料がたばこを吸う,吸わないで料金が変わってきます。

霧島市議会 2018-06-14 平成30年第2回定例会(第4日目 6月14日)

本市では,第2期霧島市国民健康保険データヘルス計画にて,国の指針に基づき,生活習慣対策を始めとする,被保険者の健康増進により,医療費の適正化及び保険者の財政基盤強化を目的にしています。データヘルス計画の策定に向けて,地域健康課題を明確にし,具体的な目標設定を行っていくということでありますが,データヘルスを展開する上で,重症化予防は大きなテーマと思います。

霧島市議会 2018-06-13 平成30年第2回定例会(第3日目 6月13日)

また,成人後の生活習慣の抑制につながったり,協調性や社会性というものが育つ,そういったことから幼児期にどれだけ運動をさせるかということを大変重要視している,そのために指針が出たというふうに捉えていいかと思います。私のほうで霧島市においては,子供たちの遊び場というのがどのような状況かというアンケート集計をとりました。大体609名のうち332名の方にお答え頂いております。

霧島市議会 2018-03-27 平成30年第1回定例会(第7日目 3月27日)

また,歳出については,国民健康保険の被保険者が,安心して必要な医療が受けられるよう,生活習慣の予防に重点を置きながら,特定健康診査受診率向上のための取組や健診結果に基づく特定保健指導人間ドック助成,医療機関での重複・頻回受診者に対する生活指導の実施,糖尿病重症化予防の推進及びジェネリック医薬品の普及などに引き続き取り組み,併せて医療費の適正化を進めていく。

霧島市議会 2018-02-23 平成30年第1回定例会(第5日目 2月23日)

1,生活習慣は気が付かないうちに進行し,痛みを伴わないため,気が付いたときには重症化しているケースが少なくありません。特定健診は早期発見,早期治療のために,とても有効な施策です。本市の特定健診の向上に向けた取組をお尋ねいたします。2,生活習慣代表ともいえる糖尿病は,進行すると腎臓病になり,やがて透析が必要となったり,人によっては失明したり,足の切断に至るなど,大変怖い病気です。

霧島市議会 2018-02-13 平成30年第1回定例会(第1日目 2月13日)

「誰もが支えあいながら生き生きと暮らせるまちづくり」における健康づくりの推進につきましては,新たに策定する健康きりしま21(第3次)の基本理念に基づき,市民健康意識の向上と貯筋運動や地域のひろば推進事業などの健康づくり事業を通して,個人地域ぐるみでの健康づくりを支援するとともに,特定健診や各種がん検診の受診率向上を図り,生活習慣の予防や疾病の早期発見・早期治療,特定保健指導等による重症化予防に

霧島市議会 2017-10-06 平成29年第3回定例会(第8日目10月 6日)

また,被保険者の生活習慣の早期発見を目的とした長寿健診や人間ドックの受診助成,重複・頻回受診者への訪問指導などの保健事業を行うことにより,当該医療制度の適正な運営に努めているところである。平成28年度の後期高齢者医療特別会計決算額は,歳入総額13億1,718万1,208円,歳出総額13億752万9,309円で,実質収支は965万1,899円の黒字となっているとの説明がありました。

霧島市議会 2017-03-28 平成29年第1回定例会(第7日目 3月28日)

次に,議案第29号,平成29年度霧島市国民健康保険特別会計予算について,執行部から,概要として,平成29年度予算については,生活習慣の予防に重点を置きながら,特定健康診査受診率向上のための未受診者訪問や健診結果に基づく特定保健指導人間ドック助成,医療機関での重複,頻回受診者に対する生活指導の実施,糖尿病重症化予防の推進,ジェネリック医薬品普及などに取り組み,医療費の適正化を進めることで,歳入歳出予算

霧島市議会 2016-11-28 平成28年第4回定例会(第1日目11月28日)

市町村では,主に被保険者の生活習慣の早期発見を目的とした長寿健診や人間ドックの受診助成,重複・頻回受診者への訪問指導などの保健事業を行うことにより当該医療制度の適正な運営に努めているところである。平成27年度決算額として,歳入総額12億5,917万2,153円,歳出総額12億5,269万304円で,実質収支は648万1,849円の黒字となっているとの説明がありました。

霧島市議会 2016-09-09 平成28年第3回定例会(第5日目 9月 9日)

がんは生活習慣由来と感染症由来に大別できる。胃がんは従来前者に分類されていたが,最近の研究により,その95%以上はピロリ菌の感染によることが明らかになってきた。更に私たちの研究チームは,胃がんと密接に関わりのある萎縮性胃炎の大半がピロリ菌感染によるものであることと,除菌によって胃がんが3分の1にまで減らせる可能性を明らかにし,胃がん予防のために除菌が必要であること強調してきた。

霧島市議会 2016-06-03 平成28年第2回定例会(第1日目 6月 3日)

次に,国民健康保険制度につきましては,生活習慣を未然に防ぎ,「健康寿命の延伸」及び「医療費の適正化」を図るため,5月から特定健康診査を市内の医療機関63か所で開始し,人間ドック助成につきましては,一般,女性コースのほかに脳疾患予防コース,がん予防コースの四つのコースにより実施しているところでございます。