265件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

霧島市議会 2019-06-20 令和元年第2回定例会(第4日目 6月20日)

コミュニティの中で授乳や子守などの子育てを助け合って一緒に行うことで,子供がまだ独立していないうちに次々に子供を産み育てることができて繁栄してきました。グラフを御覧ください。お母さんたちは産後エストロゲンというホルモンが産前の200分の1に急減します。エストロゲンが減少すると,強烈な孤独感を感じます。孤独やストレスに対して,耐久性が落ちる,助けが欲しくなる,これはもう本能的なところです。

霧島市議会 2019-03-28 平成31年第1回定例会(第7日目 3月28日)

公営企業の観点から独立採算制の経営で,使用料と処理費用の関係をどのように考え,他会計からの繰入金をどのように考えていくのか」との質疑には,「平成30年度に策定した経営戦略の中で,10年計画における起債償還や状況の変化における使用料等を含め,試算を行いながら料金改定も10年間で行っていくことを考えている。

伊佐市議会 2019-02-28 平成31年第1回定例会(第3日目) 本文 2019年02月28日開催

独立採算制で行っている水道会計でございますので、みずからがどこかで財源を持たなければならないということでありまして、どうしても料金改定は避けられない時期が来るというふうに思っております。  丁寧に御説明申し上げながら御理解いただけなければできないことでありますので、ある程度、早目に取り組んでいかなければということで、先日も御説明させていただいたところでございました。  

霧島市議会 2019-02-28 平成31年第1回定例会(第5日目 2月28日)

教育総務課長(本村成明君)  国は独立行政法日本学生支援機構が,県は広域財団法人鹿児島県育英財団が貸付けを行っております。本市におきましては,なるべくたくさんの人に制度を利用してもらうという観点から,それらと本市の貸付制度との併用は認めていないところでございます。 ○13番(前島広紀君)  併用は認めていないということですか。

伊佐市議会 2019-02-27 平成31年第1回定例会(第2日目) 本文 2019年02月27日開催

これは独立採算制でございますので、一般会計から繰り入れをして工事を行うとか、料金を軽減するとか、そういうことのできない会計仕組みでございますので、あくまでも自力でやらなければならないということになります。国のほうで補助事業等があるわけですけども、しかしながら、それには条件等が幾つかありまして、その条件を満たさないと補助は受けられない、制度にはのせられないということになっています。

霧島市議会 2019-02-26 平成31年第1回定例会(第3日目 2月26日)

国民体育大会推進課長(有満孝二君)  カウントダウンボードにつきましては,霧島市開催競技のPRと国民体育大会及び障害者スポーツ大会への市民の総参加の機運醸成を目的に,昨年度は市内の工業系の学科学部を持つ4校,鹿児島県隼人工業高等学校鹿児島県立霧島高等学校独立行政法国立高等専門学校機構鹿児島工業高等専門学校学校法人都築教育学園第一工業大学に共同製作をお願いし,現在,本庁舎西側正面玄関付近

霧島市議会 2019-02-18 平成31年第1回定例会(第1日目 2月18日)

水道事業につきましては,公営企業として経済性と公共性の両立を図り,独立採算制の原則を堅持しながら,管路の新設や老朽管の布設替え,配水池等の施設整備などを計画的に実施し,引き続き,安全で良質な水の安定供給に努めてまいります。また,国分台明寺配水区の基幹管路を耐震管へ更新するなど,災害事故に強い強靭な水道システムの確立に向けた取組を進めてまいります。

霧島市議会 2018-12-26 平成30年第4回定例会(第6日目12月26日)

医師医療センターについては,病院事業会計独立した会計になっているので,今回の計画変更には含まれていない」との答弁でした。ほかにも質疑がありました。自由討議はなく,議案処理に入り,討論はなく,採決の結果,議案第104号については,全会一致で原案のとおり可決すべきものと決定しました。以上で,本委員会に付託された,議案3件の報告を終わります。

霧島市議会 2018-12-06 平成30年第4回定例会(第4日目12月 6日)

これによりますと,今まで放課後児童クラブ,放課後子ども教室と,それぞれが独立した取組に立っておりましたけれども,これがより総合的に連携を深めていくというような事業でございますので,教育委員会としましても,放課後児童クラブのほうにそのような機能が持たせられないだろうかということで,検討は致しているところでございますけれども,人材の確保というのが,かなり困難なところでございまして,まだ先に進めていない状況

伊佐市議会 2018-12-05 平成30年第4回定例会(第3日目) 本文 2018年12月05日開催

これは全く別個のもので、諮問だけして、それに対する御回答といいますか、決定事項というのは、私たちの意に沿うとか沿わないとかということは全く関係ない独立したところで行われたというふうに御理解いただきたいと思います。  だからこそ、その附帯事項に関しましては、真摯に受けとめて、サービスが落ちないようにどういう手だてがあるかということをこれから検討していくということでございます。  

霧島市議会 2018-12-05 平成30年第4回定例会(第3日目12月 5日)

一方,任意接種で生じた健康被害につきましては,独立行政法医薬品医療機器総合機構に対しまして接種された御本人が,また御家族直接請求されることになりまして,この医薬品医療機器総合機構のほうから補償金が支払われることになります。 ○12番(木野田誠君)  今までインフルエンザ接種に対する助成等について,65歳以上の方を除いた接種の助成等について,執行部で話し合われたことはありますか。

霧島市議会 2018-11-27 平成30年第4回定例会(第1日目11月27日)

予算の付け方に配慮が必要ではないか」との質疑に,「数年前までは合併処理浄化槽への移行も進んでいたが,子供独立して高齢者世帯のみとなっていることや下水道の普及などもあって,汲み取り式や単独浄化槽からの移行が進んでいない状況である。平成25年度実績で443基,平成26年度で365基と推移している状況で,平成29年度予算を見積もった。

垂水市議会 2018-10-04 平成30年  9月 定例会(第3回)-10月04日−06号

水道事業は、市民生命にかかわるインフラであり、独立採算で行うべき事業ではなく、一般会計からの繰り入れをすべきものであります。  よって、決算の認定に反対するものであります。 ○議長(新原春二) これで討論を終わります。  これから採決に入りますが、本案については、剰余金処分と決算認定の二つの表決が必要となる案件でありますので、それぞれについて採決を行います。  

伊佐市議会 2018-09-06 平成30年第3回定例会(第3日目) 本文 2018年09月06日開催

独立行政法国立長寿医療研究センターが出しています認知症予防マニュアルによりますと、継続した教室参加のために認知機能の低下している者や体調不良等の欠席者への連絡、さらに運動に対して機能的に難しい者、苦手意識のある方に対しての声かけ、参加しやすい雰囲気づくり等の配慮を行いました。これにより、スタッフとの信頼関係が構築でき、継続参加につながる要因になったとありました。  

垂水市議会 2018-09-04 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月04日−04号

ヌエックとは、独立行政法人の国立女性教育会館が主催するセミナーのことでございます。少し長くなりますが、また、各地域男女共同参画を推進していただくエキスパートとして鹿児島県男女共同参画地域推進員を新たに2名推薦し、県下市町村の中では最多9名を輩出しており、各地域での講師を務めながら、普及啓発活動を積極的に担っていただくとともに、スキルアップや人材育成に御尽力をいただいております。