80件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

霧島市議会 2019-10-07 令和元年第3回定例会(第6日目10月 7日)

会議規則第166条の規定により,議員派遣について,お手元に配信しましたとおり,木野田誠副議長及び有村隆志議員を,令和元年10月16日に東京都内で行われる桜島火山活動対策議会議会中央要望へ,松元深総務環境常任委員長を,令和元年10月16日から17日まで松山市で開催される全国民空港所在都市議会議会総会へ,木野田誠副議長を,令和元年10月25日に海津市で開催される薩摩義士秋季顕彰へ,議長を除く全議員

霧島市議会 2019-06-07 令和元年第2回定例会(第1日目 6月 7日)

また,霧島山の噴火警戒レベルにつきましては,現時点では霧島山全ての活動火山においてレベル1以下となっていますが,引き続き,火山活動の活発化に備え,万全を期してまいります。救急救助体制の充実につきましては,外国人からの119番通報や外国人が関わる救急現場での活動に際し,迅速かつ的確に対応するため,民間の電話同時通訳サービスによる多言語通訳システムを新たに導入し,5月1日から運用を開始しました。

霧島市議会 2018-10-09 平成30年第3回定例会(第6日目10月 9日)

会議規則第166条の規定により,議員派遣について,お手元に配信しましたとおり,下深迫孝二副議長を,平成30年10月17日,秋田市で開催される全国民空港所在都市議会議会総会及び,平成30年10月25日,岐阜県津市で開催される薩摩義士秋季顕彰へ,木野田誠議員を,平成30年10月24日,東京都で実施する桜島火山活動対策議会議会による中央要望活動へ,議長を除く全議員を,平成30年11月6日から9日までの

伊佐市議会 2018-09-06 平成30年第3回定例会(第3日目) 本文 2018年09月06日開催

火山活動も含めて、そんな気もいたしておるところでございますが、皆様方も、くれぐれも御注意していただきますように、お願いしたいと思います。  それでは、今回の質問は、市内の中学校の活性化策と、何度も出ておりますけども、小中学校の空調設備ということで2点ほど挙げておりますが、まず1点目でございます。市内の中学校の活性化策としておりますけども、特に部活動のことでございます。  

霧島市議会 2018-09-04 平成30年第3回定例会(第1日目 9月 4日)

観光業の振興につきましては,昨年10月以降の新燃岳・硫黄山の火山活動の活発化に伴い,観光にも大きな影響が出ておりましたが,6月28日に気象台から警戒範囲の縮小が発表されたことを受け,約4か月ぶりに大浪池や韓国岳への登山道が開放されました。私も早速,大浪池経由で韓国岳に登頂し,登山道などの現状把握を行ったところです。

伊佐市議会 2018-09-04 平成30年第3回定例会(第2日目) 本文 2018年09月04日開催

また、9月1日の南日本新聞に「硫黄山は現在の警戒態勢で大丈夫だと思うが、地下深くにマグマが蓄積しているため、いずれは火山活動が活発化し、レベルが引き上げられるだろうと指摘され、噴火警戒レベルで霧島山全体の活動に注意を促した」と報道されたが、市長としてはどのような御見解なのか、お尋ねしたいと思います。

霧島市議会 2018-06-14 平成30年第2回定例会(第4日目 6月14日)

この領域は新たに形成されたものではなく,噴火に直接係る地下の浅い部分の火山活動の状況を示しているものでもない。噴火の可能性については,これまでと変化はないと考えており,噴火警報予報事項に変更はない。また,霧島山において,仮に,従来の火口以外で噴火するような場合には,地震活動など浅い部分での活動の変化を現在の観測体制で捉え,噴火の兆候として事前にお知らせできるものと考えている」とのことでした。

霧島市議会 2018-06-12 平成30年第2回定例会(第2日目 6月12日)

○農林水産部長(川東千尋君)  会場となります農大跡地につきましては,今,議員がおっしゃいましたように,新燃岳の火口から約8㎞近く離れておりますので,2011年の大規模な噴火を始めと致しまして,これまでの火山活動で直接的な被害を被るような影響はございませんでした。しかしながら,今おっしゃいましたように,風向きによっては会場方面への降灰が想定されるところでございます。

霧島市議会 2018-06-04 平成30年第2回定例会(第1日目 6月 4日)

観光業の振興につきましては,昨年10月以降,新燃岳や硫黄山等の火山活動が活発化したことにより,一時は霧島山での登山やトレッキングを楽しむことができない状況にありましたが,噴火警戒レベルの引下げや警戒範囲の縮小に伴い,少しずつではありますが元の姿に戻りつつあります。私も,高千穂峰の登山道開放の際には,関係者一同と安全確認を行いながら登山を楽しみ,心地よい汗と山頂からの壮観な景色を満喫したところです。

霧島市議会 2018-03-27 平成30年第1回定例会(第7日目 3月27日)

本市と致しましては,今後も火山活動の継続が予想されますことから,関係機関からの情報収集に努め,不測の事態にも対応できるよう万全の体制で警戒に当たっているところでございます。また,御鉢につきましては,2月15日以降,火山性地震が減少し,少ない状態となっていることから,3月15日,気象庁噴火警戒レベルを2から1へ引き下げ,高千穂峰への登山道が警戒すべき範囲から外れました。

霧島市議会 2018-03-07 平成30年第1回定例会(第6日目 3月 7日)

3月1日,4か月半ぶりに新燃岳が噴火し,今後,火山活動が更に活発化する可能性があるとして,気象庁は,同日16時40分に噴火警戒レベル3を継続したまま,警戒が必要な範囲を火口からおおむね2㎞からおおむね3㎞へ拡大することを発表しました。霧島市としましては,新燃岳の火山活動に関する庁内の情報共有会議を開催し,直ちに庁内における24時間体制の警戒を開始いたしました。

伊佐市議会 2018-03-07 平成30年第1回定例会(第4日目) 本文 2018年03月07日開催

新燃岳の火山活動が活発なようです。きのうからも爆発的噴火が見られました。降灰など、あらゆる災害がこれ以上起きないよう、切に願うものであります。  それでは、今回はヘルプカードの導入について伺いたいと思います。  災害発生どきや緊急事態発生どきに障がいのある人は自分から助けを求めることもできず、孤立する危険があります。

霧島市議会 2018-02-21 平成30年第1回定例会(第3日目 2月21日)

今後におきましても,本年2月に御鉢の噴火警戒レベルが引き上げられたときのように,突然,火山活動が活発化することも考えられますので,関係機関等との連携を強化し,早めの情報収集及び情報伝達に努めるとともに,霧島山における警戒避難体制の構築と避難施設の一体的な整備について,霧島山火山防災議会で協議したいと考えております。次に,2点目にお答えします。

霧島市議会 2018-02-13 平成30年第1回定例会(第1日目 2月13日)

防災対策につきましては,台風や局地的豪雨により全国各地で発生している浸水・土砂災害を始め,いつ起こるか分からない大地震火山活動など,不測の事態に備え,引き続き,関係機関と連携を図りながら,地域防災力の強化に努めてまいります。あわせて,高齢者や障がい者など,避難行動要支援者に対する支援体制の充実や市民に対する防災情報伝達手段の強化に向けた取組を進めてまいります。

霧島市議会 2017-12-20 平成29年第4回定例会(第4日目12月20日)

12月15日の気象庁発表によりますと,11月下旬には再び火山性微動が観測され,12月1日から4日にかけて火山性地震の一時的な増加や,10月末以降,GNSS連続観測による霧島山を挟む基線の伸びが再び見られることから,霧島山の深いところでマグマが蓄積されていると考えられ,新燃岳では,火山活動がやや高まった状態が続いているようです。

霧島市議会 2017-06-13 平成29年第2回定例会(第2日目 6月13日)

このほか,国・県や各大学などによる霧島山の観測体制も充実してきており,火山活動の状況についても事前の把握ができる体制となっております。さらに,平成27年12月に施行された改正活動火山対策特別措置法に基づき,平成28年8月には,鹿児島県宮崎県を始め,関係市町や国の機関及び観光関係団体代表等を含む合計31機関で構成された霧島山火山防災議会が設置されたところでございます。