14件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

伊佐市議会 2018-06-22 平成30年第2回定例会(第5日目) 本文 2018年06月22日開催

第3に、川内川取水にかわる上流側や他河川からの取水施設やパイプライン施設、ため池のしゅんせつ、補修や湿地田の暗渠工事等の対策を国、県に申請していただき、来年は耕作可能となることの内容でございます。  参考人及び紹介議員の説明の後、主な意見として、「請願の第1、第2については、既に国、県、市が素早く動いてくださり、あらゆる補償を行っていただいている。

伊佐市議会 2018-06-12 平成30年第2回定例会(第4日目) 議事日程 2018年06月12日開催

│ │  第三には、一,二と同時並行して川内川取水に替わる上流側や他河川からの取水施設や │ │ パイプライン敷設、ため池の浚渫・補修や湿地田の暗渠工事等の対策を国・県に申請して│ │ いただくこと。来年はぜひとも部分的であれ耕作可能となること、これが私たち関係農家│ │ の切実な思いであり願いであります。                       

伊佐市議会 2016-03-11 平成28年第1回定例会(第5日目) 本文 2016年03月11日開催

特にあそこは田んぼを埋め立ててつくったところで、湿地帯が多うございます。それと、南側と東側と言われましたが、今、外壁の工事か何かをされていると思いますが、そっちも心配でしたが、土地改良区とのちゃんとした話し合いもできておるんでしょうね、用水路関係は。  それと、新しくなりますので、どうしても家賃を高く設定せざるを得ないと思うんですよ。

鹿児島市議会 2015-06-01 06月23日-04号

樹林地のすぐ下の住宅は鬱蒼として、湿地帯の影響でやぶ蚊が発生し、道路は狭く、急傾斜地崩壊区域にあります。現在地での公園整備は下流域の団地への災害を軽減し、安心安全なまちづくりの面からも必要であります。本市が開発した当時とは設計基準も変わり、土木の材料や機械もさることながら、土木技術もはるかに進歩しております。

鹿屋市議会 2013-06-27 06月27日-05号

産業建設委員会 所管事務調査報告1 調査期日      平成25年5月14日(火)~16日(木)2 調査場所・調査事項(1)北海道江別市 ○江別経済ネットワークの取組について(2)北海道帯広市 ○「フードバレーとかち」の取組について3 調査報告(1)北海道江別市:江別経済ネットワークの取組について [江別市の概要]  江別市は、石狩平野の中央部に位置し、南端部の標高93.0mが最高で、北東の湿地帯で

姶良市議会 2012-11-26 11月26日-02号

もしそのようなことで湿地帯が、錦江湾の例えば国立公園に指定をされますと、当然規制がかけられるわけなんですけれども、県のレッドデータブックに掲載されておりますのは、開発行為をする場合に配慮をしていただきたいという趣旨の掲載というふうに聞いておりますので、そのようなレベルでの調整といいますか、配慮、そういうのは必要かというふうに思います。 以上です。

鹿児島市議会 2012-10-01 09月21日-07号

県によりますと、西之谷ダム洪水調節を目的とする治水専用ダムで、一定以上の降雨があった際に水がたまる方式であり、平常時は、ダムに水がたまることなく河川の流れと生態系は現状のまま維持され、また、新たに貯水池の一部を湿地化したり、ビオトープを整備するなど、鳥、昆虫、魚などの生息環境に配慮した取り組みを行うとのことでございました。 

姶良市議会 2012-03-22 03月22日-08号

また、絶滅危惧種の野鳥であるクロツラヘラサギが毎年越冬に訪れている姶良市加治木で、3月10日、国内外の専門家を講師に招いて、生態や越冬地の環境保全などを考えるシンポジウムも開かれ、約90人が参加され、越冬地としての鹿児島湾奥の湿地のあり方などが熱心に話し合われております。 ちなみに、クロツラヘラサギは、世界に2,693羽、うち284羽が国内越冬で、加治木で約20羽が観察されているということです。 

姶良市議会 2012-02-24 02月24日-01号

絶滅危惧種に指定されているクロツラヘラサギは、韓国などから飛来し、本市も含め錦江湾奥の湿地において越冬することから、その重要性を広く市民にも訴えていく機会として3月10日午後1時から姶良市クリーンセンター2階で開催します。クロツラヘラサギの生態に関する講演のほか越冬地としての湾奥湿地のあり方についてのパネルディスカッションを予定しております。 

南九州市議会 2011-03-08 03月08日-03号

◎農林水産部長(伊瀬知正人)  ただ今議員おっしゃるそのAコープの下,もともと田んぼで湿地のところです。水田再編でやったところですが,それがまた川竹が出てきて繁茂しているというような状況で,あの一体が下のほうと上のほうとあわせて2町歩ございます。

南九州市議会 2009-09-01 09月01日-01号

そこで,私は,今この私が緑に塗ってるのがその湿地帯なんですが,昔は大雨が降れば,ここは水田地帯であったわけですから,もちろんずっと下のほうも,霜出に至るまでもずっと水田があるわけですが,ここの水は以前の3倍,10倍じゃなくて,20倍,30倍の水が私は今度流れていくだろうと思ってるんですよ。今私のところの集落も側溝の整備が終わりましたので,県道が。 

鹿児島市議会 1994-10-01 09月20日-04号

雑草等が繁茂したため空き地が湿地化し、ハエ、蚊、その他の害虫の発生原因となっている状態、枯れ葉が密集しているため火災の原因となり、また近所の家屋に類焼する危険がある状態にある空き地、雑草が繁茂しているため、格好のごみ不法投棄場所になり、非衛生的な状態になっている空き地、雑草等が路上にはみ出し、通行者及び車両の通行の視界を悪くしている状態の空き地、雑草等が開花し、その花粉が人の健康を害するおそれがあると

  • 1