777件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

伊佐市議会 2019-06-05 令和元年第2回定例会(第1日目) 議事日程 2019年06月05日開催

           │ │ │  20│第八師団創隊57周年及び北熊本駐屯地開設62周年記念行事(熊本市)    │ │ │  23│県立北薩病院対策協議会要望活動(鹿児島市)              │ │ │  25│県政説明会(鹿児島市)                        │ │ │  26│天皇陛下御即位三十年奉祝感謝の集い(鹿児島市)            │ │ │  27│県立北薩病院清掃

鹿児島市議会 2019-06-01 06月25日-02号

廃棄物の処理及び清掃に関する法律第六条第一項に、市町村は、当該市町村の区域内の一般廃棄物の処理に関する計画を定めなければならないと規定されており、第二項第一号に、一般廃棄物の発生量及び処理量の見込みについて、また、第二号には、一般廃棄物の排出の抑制のための方策に関する事項について計画に定めるものとされております。 そこで伺います。 

鹿児島市議会 2019-06-01 06月27日-04号

◎建設局長(松窪正英君) 公園内においては、愛護作業の清掃用具を入れる倉庫や災害応急対策に必要な物資等を入れる防災倉庫が設置されております。 以上でございます。   [中元かつあき議員 登壇] ◆(中元かつあき議員) 答弁いただきました。 愛護作業の清掃用具を入れる倉庫や防災倉庫の設置はあるようであります。

霧島市議会 2019-03-28 平成31年第1回定例会(第7日目 3月28日)

次に,市民環境部関係についての主な質疑としては,「伊佐北姶良環境管理組合から離脱することで,敷根清掃センターの整備計画との関係性について及び地域への説明をどのように考えているか」との質疑には,「伊佐北姶良環境管理組合が管理する未来館に委託している横川地区,牧園地区を,新しい敷根清掃センターに含めるのか,含めないのか。

鹿児島市議会 2019-03-01 03月20日-10号

二点目に、新南部清掃工場(ごみ焼却施設・バイオガス施設)整備・運営事業については、バイオガスの技術がいまだ確立されない中で中核市としては初めての事業となることやDBO方式による事業であり、約四年間の建設期間と二十年三カ月にわたる運営期間が終了するまでは事業の検証を行うことができないという不透明な事業であることの問題点をこれまでも我が会派として指摘してきたが、その建設費用等が予算計上されていること。

霧島市議会 2019-02-28 平成31年第1回定例会(第5日目 2月28日)

敷根の公民館では火薬庫までの連絡道路をしっかりと清掃作業もされています。ところが,その中は,さっき言いましたように,民有地ということでできないような状況もあるわけですけれども,自治会,公民会組織もあるわけですが,そういったところを利用して年に数回清掃作業をするとか,市のほうから対応させるとか,そういうことはできないものですか。

霧島市議会 2019-02-26 平成31年第1回定例会(第3日目 2月26日)

例えば,調理で働いている方とか,清掃で働かれている非常勤職員につきましては,これは労災の適応になりますので,労災のほうでそういった災害があったときには補償するということになりますので,正規,非正規にかかわらず全て,そういった労働災害につきましては補償するということになります。 ○25番(前川原正人君)  私がお聴きをしたいのは,北九州市のような事例が実際もう発生したわけですね。

伊佐市議会 2019-02-22 平成31年第1回定例会(第1日目) 本文 2019年02月22日開催

また、清掃費においては、伊佐北姶良火葬場管理組合及び伊佐北姶良環境管理組合未来館への負担金、一般廃棄物最終処分場維持管理事業、伊佐市衛生センターきらり館管理事業、旧衛生センター機械室等の解体工事などに予算を措置しております。  次に、労働費につきましては、830万円を計上いたしました。シルバー人材センターへの活動補助に予算を措置しております。  

霧島市議会 2018-12-26 平成30年第4回定例会(第6日目12月26日)

今後の計画としては,光ブロードバンドの整備事業や敷根清掃センターの建設など,そのほか例年実施している道路改良事業や街路整備事業,小中学校の大規模改造事業などを計画している」との答弁。「5年間延長されることで,充当率などの変更はなかったのか」との質疑に,「合併特例債の充当率,後年度の交付税措置については,変更はない」との答弁。

霧島市議会 2018-12-07 平成30年第4回定例会(第5日目12月 7日)

3問目,多面的機能支払交付金事業いわゆる水土里サークルは水源の涵養,資源環境の保全,良好な景観の保全など,農業農村の多面的機能が適切に発揮されるよう農地法面の草刈り,水路の清掃,補修などの共同活動を支援する制度でありますが,どの程度機能しているものなのか,その現状と課題及び今後の対策をお尋ねいたします。

霧島市議会 2018-12-06 平成30年第4回定例会(第4日目12月 6日)

また,豪雨や台風等の直後には,旧1市6町の区域ごとに年間委託をしている建設業者が,まずは通行止めとなっている箇所を解消した後,路面や側溝の清掃,支障木の伐採作業などに従事し,安全な通行の確保に努めているところですが,管理する道路の延長が長く,作業も広範囲にわたることから,最終的な作業が完了するまでには時間を要する面があります。

伊佐市議会 2018-12-05 平成30年第4回定例会(第3日目) 本文 2018年12月05日開催

自治会に加入することでの得られるメリットとしましては、具体的な例を申し上げますと、ごみステーションの設置管理により、自宅近くでのごみの処理が可能になるということ、広報いさの発行に合わせた各種情報提供を受けられるということ、防犯灯の設置管理によりまして夜間の安心、安全が確保されること、地域内の清掃活動によりまして、生活環境が保たれるということがございます。

霧島市議会 2018-12-04 平成30年第4回定例会(第2日目12月 4日)

敷根清掃センターの施設整備については,敷根清掃センター周辺にストーカ炉方式により建て替え,2025年度の本稼働を目指す基本方針を決定しました。今後,この基本方針に基づき施設整備の基本構想を策定する中で,将来人口を予測するとともに計画ごみ処理量の試算を行い,焼却炉の規模を設定してまいります。

霧島市議会 2018-10-09 平成30年第3回定例会(第6日目10月 9日)

室内審査として,はじめに,議案第83号,平成30年度霧島市一般会計補正予算(第2号)について,執行部から総括として,今回の補正予算は,障がい者基幹相談支援センターの設置及び運営に係る経費や周遊観光バスの実証運行に係る経費を追加計上するほか,複数年度にわたる光ブロードバンドの整備や新たな清掃センターの建設に要する経費に係る債務負担行為の設定,地方自治法等の規定に基づく平成29年度決算剰余金の積立てなどを

霧島市議会 2018-09-14 平成30年第3回定例会(第5日目 9月14日)

本市では,国分,隼人,霧島,福山及び溝辺地区のごみを敷根清掃センターで,牧園及び横川地区のごみを伊佐北姶良環境管理組合の未来館で処理しています。このような中,敷根清掃センターは,稼働開始以来15年が経過し,老朽化により修繕が必要な範囲が拡大している状況にあることから,この度,施設整備についての基本方針を決定したところです。

霧島市議会 2018-09-12 平成30年第3回定例会(第3日目 9月12日)

最後に,敷根清掃センターの建て替えについてであります。7月12日に同センターの建て替えについての住民説明会が開催されました。説明会では,現在牧之原地区の一般廃棄物管理型最終処分場の建設の際に,旧清掃工場の焼却残渣9万t,燃やした数ですが,これは新たな焼却場で焼却処分するとの約束が守られていないという住民からの指摘がございました。

霧島市議会 2018-09-11 平成30年第3回定例会(第2日目 9月11日)

その他の取組としまして,出前講座等の各種講習会時において市民への啓発を行ったところであり,スポーツ庁からの「運動部活動における熱中症事故の防止等について」の通知を,市のスポーツ協会加盟団体,スポーツ少年団加盟団体,各施設の指定管理者等に周知したほか,市主催の国体ダンス講習会等での飲料水の配布などを行い,さらには,清掃関係委託事業者に対して,作業中の水分補給や適切な休憩を取るよう促したところです。