10件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

鹿児島市議会 2017-03-01 03月07日-08号

県によると、新川河川改修事業については、田上橋から大峯橋までの区間において河川法線を計画するため、測量設計委託を二十九年度にかけて行うこととしているとのことでございます。 以上でございます。   [中元かつあき議員 登壇] ◆(中元かつあき議員) 答弁いただきました。 県におきまして、河川整備計画策定区間田上橋から大峯橋までの区間に対し測量設計委託が実施されることが明らかになりました。

鹿児島市議会 2011-10-01 09月21日-05号

次に、県によりますと、岩崎橋付近改修工事着手前流下能力は毎秒三十六トンで、河川改修の目標とする流下能力は、毎秒六十五トンで計画しているところであり、これまで、河川法線是正ネック橋梁のかけかえ等により、現在、毎秒四十九トンまで流下能力の向上を図ったとのことでございます。 以上でございます。   [入船攻議員 登壇] ◆(入船攻議員) 御答弁をいただきました。 

鹿児島市議会 2006-12-01 12月12日-04号

城ケ平橋から徳重橋までの区間につきましては、これまで城ケ平橋詳細設計改修計画を作成するための測量設計を行っておりましたが、今回、これをもとに河川法線の基本的な考え方がまとまったことから、この内容について説明がなされたところでございます。 以上でございます。   [ふじくぼ博文議員 登壇] ◆(ふじくぼ博文議員) 答弁をいただきました。 

鹿児島市議会 2005-03-01 03月11日-07号

平成十五年九月議会での私の質問に対して、県の説明では、岩崎橋付近屈曲部分の百九十五メートルの河川法線是正及び上流部防災調整池整備に取り組んでおり、それ以外の区間については、現在施工中の事業進捗を見ながら、今後、事業実施時期も含めて検討してまいりたいとのことでしたが、検討をされたのか、検討されていないのか、県の考え方をお聞かせをいただきたいと思います。 以上、御答弁をください。

鹿児島市議会 2003-07-01 06月24日-03号

まず、山崎川の改修状況につきまして、県に伺いましたところ、県道坂元伊敷線岩崎橋付近屈曲部河川法線是正するため、平成十四年度延長四十メートルの護岸整備を行うとともに、第二山崎橋整備に着手されたとのことでございます。本年度は、引き続き、第二山崎橋のかけかえと護岸整備に取り組まれるとのことでございます。

鹿児島市議会 2002-06-01 06月17日-02号

次に、山崎川の岩崎橋周辺改修について県にお伺いしましたところ、現在岩崎橋付近延長約二百メートルの屈曲部河川法線是正に取り組んでおり、今年度は延長四十メートルの護岸整備を実施しているとのことでございます。この区間用地取得につきましては、十八筆中十一筆の契約を完了しており、契約率六一%とのことでございます。

  • 1