54件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

霧島市議会 2019-12-10 令和元年第4回定例会(第4日目12月10日)

子供への接し方,褒め方,叱り方,コミュニケーションの取り方などを習得し,暴力暴言ではない子育てを学ぶというものでございます。これは今,法改正により,しつけについて戸惑われる親子さんも多いと思っております。大人がこの方法を正しく認識し,子育てを学ぶ環境,親が学ぶ環境を早急に整えることが今,求められると思っております。

霧島市議会 2019-11-28 令和元年第4回定例会(第1日目11月28日)

人権の尊重と男女共同参画の推進につきましては,国が「女性に対する暴力をなくす運動」期間と位置付けた11月12日から25日までの2週間,本市においても,国分シビックセンター1階において,DV等に関するパネル展示や啓発映像の放映を行うとともに,女性に対する暴力根絶のシンボルであるパープルリボンにちなんで,パープルリボンツリーの展示を行いました。

霧島市議会 2019-09-12 令和元年第3回定例会(第4日目 9月12日)

特に,女性は,妊娠,出産や更年期といった生涯を通じて男女が異なる健康上の問題に直面することについて,十分な配慮が必要なこと,また一方で予期せぬ妊娠や情報の不足,女性による性についての主体的な判断と行動を阻む社会的性別,いわゆるジェンダーがあり,それらが性的暴力の要因となっていることもあることから,女性が生涯安心した性生活を始め,健康な生活を営むことができるよう,リプロダクティブ・ヘルス・ライツについての

霧島市議会 2019-06-21 令和元年第2回定例会(第5日目 6月21日)

ちなみにですが,薩摩川内市には,配偶者暴力支援センターが設置してあり,DV問題も迅速に対応できているそうです。現在,少子高齢化がどんどん進んでおり,従来とは違う問題も起きてきております。例えば,高齢ドライバーの交通事故の問題などもその一つです。現代社会環境に対応した相談支援の体制の構築を早急に取り組んでほしいと思います。

霧島市議会 2019-02-28 平成31年第1回定例会(第5日目 2月28日)

子供の面前で配偶者やその他の家族などに暴力を振るうということなどそのような行為心理的虐待というふうに言われていると思います。 ○8番(鈴木てるみ君)  子供の前でDVというのは,面前DVという言葉があるんですけれども,これも心理的虐待になるということでDVケースの場合は,子供暴力が向けられていなくても,例えば,父親が母親に対してDVを働いた場合には心理的虐待というものがあるということですよね。

霧島市議会 2018-12-07 平成30年第4回定例会(第5日目12月 7日)

トップアスリートをつくる,子供たちを強くしたい気持ちも確かにありますが,一歩間違えばパワハラや暴力沙汰などにも発展し,子供たちの健全育成にはほど遠いものになっていく。社会を生き抜くために適切な確かな体力を身に付けさせることは困難になるかと思います。指導の難しさもあります。顧問の先生方も大変だと思います。話題となっている長時間労働の問題もありますので,今後,関心が寄せられる部分だと思います。

霧島市議会 2017-12-20 平成29年第4回定例会(第4日目12月20日)

男女人権を侵害するあらゆる暴力の根絶に関するものとしまして,配偶者等からの暴力いわゆるドメスティック・バイオレンスについて,9割を超える市民が「人権を侵害する行為であり,どんな理由があっても暴力をふるうべきではない」と回答し,ドメスティック・バイオレンスは人権侵害だという認識が浸透してきております。

霧島市議会 2014-06-12 平成26年第2回定例会(第4日目 6月12日)

背景には,DVや離婚の増加などで夫の暴力から逃げ出し,居場所を知られるのを恐れて離婚もできずに歳月が経ち,新たなパートナーとの間に子供が生まれた場合,法律上は「夫の子」と推定され,「夫の戸籍」に入るとされ,そのため母親が届出を出せず,子供が無戸籍となってしまうのだそうです。そこで質問します。無戸籍の人が本市にはいるのかお伺いします。二つに,無戸籍であるがゆえに抱える問題点は何かお伺いします。

霧島市議会 2013-10-04 平成25年第3回定例会(第7日目10月 4日)

まず,議案第59号,霧島市住宅の設置及び管理に関する条例及び霧島市営単独住宅の設置及び管理に関する条例の一部改正について,執行部の説明によると,平成25年6月に「配偶者からの暴力の防止及び被害者保護に関する法律」が改正され,題名が改められたことに伴い,また老朽化した市営住宅及び市営単独住宅の取壊しを行うため,本条例の所要の改正をしようとするものである。

霧島市議会 2013-08-27 平成25年第3回定例会(第1日目 8月27日)

議案第59号,霧島市住宅の設置及び管理に関する条例及び霧島市営単独住宅の設置及び管理に関する条例の一部改正については,「配偶者からの暴力の防止及び被害者保護に関する法律」が改正され,題名が改められたことに伴い,老朽化した市営住宅及び市営単独住宅の取壊しを行うため,関係条例の所要の改正をしようとするものでございます。

霧島市議会 2013-03-27 平成25年第1回定例会(第7日目 3月27日)

次に,議案第3号,霧島市ひとり親家庭医療費助成に関する条例の一部改正について,執行部から,本条例は,昨年8月より児童扶養手当法施行令の一部を改正する政令施行によって,父または母が,配偶者からの暴力の防止及び被害者保護に関する法律の規定により保護命令を受けた児童も支給対象とすること,並びに対象者及び受給資格者の定義を明確にすることに伴い,所要の改正をするものである。

霧島市議会 2013-02-27 平成25年第1回定例会(第4日目 2月27日)

先日の新聞の中でも京都大学の佐伯教授が,教育上の体罰と教師による個人的な暴力とは紙一重であり,体罰の是非は個別のケースで論じなければいけないと。体罰教師の告発も,学校教育委員会を通り越して,直接地方自治体やマスコミに伝わると。そこに首長が出てきて,直接的に学校教育委員会を批判して,事態を動かそうとする。

霧島市議会 2013-01-10 平成25年第4回定例会(第5日目 1月10日)

執行部の説明では,平成25年6月に「配偶者からの暴力の防止及び被害者保護に関する法律」が改正され,生活の根拠を共にする交際をする相手からの被害者について,同法を準用し,新たな配偶者暴力防止等法の対象となる者についても,居住の安定を図り,その自立を支援するために公営住宅の優先入居などの取扱いが可能になったことから,所要の改正をするものである。