1195件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

南九州市議会 2028-06-20 06月20日-02号

全国的に政治に関心が薄れる中,本当にこうしてたくさんの方がみえていただけるということは感謝したいと思います。今後もよろしくお願いいたします。 それでは,一般質問に入ります。 先に通告してありました2点について質問します。 1点目は,地域支援施策についてであります。 人口減少高齢化地域がだんだんと疲弊する中,地域活性化地域支援は大切なことではないかと思っております。

鹿屋市議会 2025-06-25 06月25日-03号

一方、高等学校では、中学校の既習事項を踏まえて、現代社会政治・経済において、よりよい社会実現を視野に、現代の諸課題を追求する中で、育児・介護休業法労働者派遣法、ワーキングプアなど、今日的課題についてもより深く学習いたします。 また、将来進む可能性のある仕事や職業に関する活動を試行的に体験するインターンシップを行い、より現実的な職業観勤労観の形成と確立を目指します。 

鹿屋市議会 2021-12-19 12月19日-05号

社会保障人口問題研究所は、数十年前から、将来、日本人口が減ってくると警鐘を鳴らしていたのに、政治家も官僚も全く反応しませんでした。それは、国だけでなく、地方も全く同じだと言っても過言ではありません。 全国で896の自治体が消滅する「地方消滅」という本が上梓されて、初めてその重大さに気がつき、驚きと危機感全国を駆けめぐったことは、記憶に新しいものがあります。 

鹿屋市議会 2021-06-26 06月26日-04号

政治活動の一環として、ポスティングを、役場から「事前運動であるからやめなさい。」と言われたとのことです。私なりに精査しましたが何の問題も見つからず、「大丈夫だから続けなさい。」と私は答えました。選挙管理委員会もしくは自治体担当者見解が異なるように感じますが、告示前の政治活動であるポスティングについての見解を求めます。 

鹿屋市議会 2020-12-09 12月09日-02号

議員福﨑和士議員) 永田良吉氏が愛された明治の偉人、西郷隆盛氏が「政治は愛である。」というふうにおっしゃったことをすごく共感をしておられて、永田良吉氏は、いつも事あるごとに政治を愛というふうに言っておられたそうです。私たち地方議員も愛をもって市政に取り組んでいきたいというふうに思っておりますので、今後とも頑張っていきたいと思っております。 

南九州市議会 2020-11-21 11月21日-02号

政治判断をぜひしていただきたいと。子ども全員にその減免措置をするとなれば,2,500万でしたかね,そういうお金で足りると。だから本当にこの子育てに優しいそういう市政であってほしいというのを願いますので,そういう政治判断も求めるわけです。 最後ですね。いわゆる短期保険証が発行されております。これは短期保険証は,平成27年度が509人,28年度が466人,29年度が437人です。

鹿屋市議会 2020-09-19 09月19日-04号

最後になりますが、こういった市民の声を思いをちゃんと言葉にして政治活動をしていくことをお約束して、質問を終わります。─────────── △日程第3-第15     令和元年度鹿屋一般会計補正予算(第2号)の専決処分の承認について外12件 ○議長宮島眞一君) 次に、日程第3 議案第55号から日程第15 議案第67号までの議案13件を一括して議題といたします。 

鹿屋市議会 2020-09-17 09月17日-02号

我が国の政治の仕組みは、国政では、選挙された議員で組織される国権の最高機関である国会が指名する内閣総理大臣内閣を組織し、国会に対して責任を負う議院内閣制を採用しております。国民を一元的に代表する国会に基盤を置く内閣行政権を持つことになるため、内閣総理大臣選出党派とそうでない党派の間には、常に緊張感が存在します。

南九州市議会 2020-09-04 09月04日-02号

終わりに,横浜市の林文子市長は,去る8月29日,カジノを含めた総合型リゾート施設IRを,これまで白紙の状態としていた態度から,政治家として,一転,誘致する方針を正式に表明し,会見で市をめぐる状況については,人口減少高齢化の進行で厳しい財政状況が見込まれるとの認識を示した上で,IR横浜市の成長戦略を牽引する力があると述べ,IR実現に向けて,本格的な検討準備を進めると宣言しております。

南九州市議会 2020-09-03 09月03日-01号

1つ,市民政治参加につきまして,今回の参議院選挙において投票率が低下したのは,市の投票所が削減されたことが影響したのではないかと考えられます。投票所再編前に戻すお考えはないかどうか。 2点目,議会制民主主義の根幹である市民参政権市民政治参加について,市長見解をお尋ねします。 2点目,会計年度任用職員制度導入につきまして。 

霧島市議会 2020-03-27 令和 2年第1回定例会(第7日目 3月27日)

政治社会が大切にすることこそ求められているのであります。サービス切捨て負担強化ではなく,国庫負担の引上げを図り,安心して老後を暮らせる施策こそ求められていることを指摘し,本案に対する私の討論と致します。 ○議長(阿多己清君)  以上で,前川原正人議員討論を終わります。次に,1番,山口仁美議員

南九州市議会 2020-03-25 03月25日-05号

次に,選挙管理総務費選挙啓発費は,有権者の政治選挙への意識を高め,公正な選挙実現を図る経費が計上されております。 委員から,投票区の再編後に執行した選挙において,投票率が低かった要因をただしたところ,若年層選挙に対する意識が低いことが原因と考えられる。選挙管理委員会において,若年層にも広く啓発を行い,主権者教育に取り組んでまいりたいとの答弁でありました。 

伊佐市議会 2020-03-23 令和2年第1回定例会(第5日目) 本文 2020年03月23日開催

政治不信を招くようなパフォーマンスではなく、リアリティーが求められる政治であってこそ市民からの信頼を得ることができるのではないでしょうか。  子ども医療費の拡充は子育て世代の願いなのかもしれません。しかし、同時に知っていただきたい現状の伊佐市の医療体制もあります。限られた厳しい財政状況の中で行っている伊佐市の子育て支援策もあります。

姶良市議会 2020-03-17 03月17日-06号

議員自ら地域に入り、庶民と政治をつなぐ公明党の役割への期待がますます高まっていると実感します。全議員が一昨年に実施しました100万人訪問調査運動や昨年の幼児教育無償化に関する調査はまさに結党以来の伝統を引き継いだ小さな声を聴く力を生かした取り組みでありました。 最近の公明党ならではの大きな実績といえば、消費税軽減税率教育無償化です。

鹿児島市議会 2020-03-04 03月04日-08号

しかしながら、政治に関わる者として市民皆様の負託にお応えすることが難しくなり、甚だ勝手ながら、今期をもって引退させていただくことにしました。 森市長を初め当局の皆様、先輩、同僚議員皆様市民皆様、マスコミの皆様など、この間、多くの皆様に賜りました御指導、御鞭撻に心から感謝を申し上げます。 以上をもちまして、私の個人質疑の全てを終わります。 ありがとうございました。