6件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

霧島市議会 2019-06-19 令和元年第2回定例会(第3日目 6月19日)

新しい時代の象徴とも言える歴史改元での令和の時代が開幕。技術革新の目覚ましい発展の反面,人口減少や少子高齢化など目前の課題も過去類を見ないスピードで迫りつつあります。政治課題の多様化,複雑化がより顕著になり,時代の先が見えない現代社会において,今,地方自治に求められているもの,そして,果たすべき議会の責務。それは,市民の皆様の共感を生む政策的対応及び明確な意思決定と決断であります。

伊佐市議会 2019-05-17 令和元年第1回臨時会(第1日目) 本文 2019年05月17日開催

なお、改元が行われたことにより、今回の補正から、今年度の予算名称を平成31年度から令和元年度に変更いたしております。  今回の補正は、総務費におきまして、新庁舎建設基本計画を策定するための支援業務を委託する経費について、新たに措置しております。その財源といたしましては、繰入金に増額の措置を講じております。  

伊佐市議会 2019-02-22 平成31年第1回定例会(第1日目) 本文 2019年02月22日開催

その先駆けとなる新年度は、さきに述べたように、改元消費税の引き上げを初め、国策による社会保障の充実や人事的な措置など、社会システムに大きく影響する制度改正があるため、適正かつ確実に対応しなければならず、また、全国高校総体カヌー競技の開催や新庁舎建設の本格的な検討、学校空調設備の設置やまごし館の浴場改修、旧衛生センター機械室等の解体など、大きな事業が計画されており、全庁的な連携によりさまざまな課題を

鹿児島市議会 2012-03-01 02月29日-05号

また、学説等を見ますと、維新の開始時期について、一八六七年の大政奉還とする説や一八六八年の明治改元とするなど諸説あるようですが、本市が平成三十年で百五十年目、いわゆる一八六八年を維新とする説を採用した根拠はどのようなものであるのか。 最後に、本事業のねらいとこれにより期待する効果についてお示しください。 次に、第一一四号議案 美術品購入の件についてお尋ねいたします。 

  • 1