12件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

霧島市議会 2014-12-05 平成26年第4回定例会(第5日目12月 5日)

その際,やむを得ない限度での破損を容認し,併せて損失補償規定を整備するというものでございます。二つ目と致しまして,土地の一時使用と致しまして,一つ目の措置のためやむを得ない必要がある場合,道路管理者は,他人の土地の一時使用竹林,その他の障害物の処分が可能であるというものでございます。

霧島市議会 2014-09-09 平成26年第3回定例会(第2日目 9月 9日)

本年度からは一部建物の移転や除却が始まり,移転工法によっては仮住居が必要な場合や,借家・アパート等の借家人は転居する必要が出てきますので,そのような個別の事案につきましては,公共用地の取得に伴う損失補償基準要綱等,補償基準に基づき適切に対応し,併せまして,市営住宅の空き室の優先的な入居など,仮住まいの対策も講じてまいりたいと考えております。

霧島市議会 2010-12-27 平成22年第4回定例会(第6日目12月27日)

不動産鑑定士土地の時価を求められる唯一の専門家とされており,開発公社の依頼した不動産鑑定評価は地価公示法に基づく公示価格,国土利用計画法に基づく基準値の価格,損失補償法に基づく公共事業の買収価格,相続税路線価,固定資産税評価など多くの法的な地価指標は鑑定評価をもとに価格が算出されているようであります。

霧島市議会 2010-03-08 平成22年第1回定例会(第5日目 3月 8日)

霧島市としては,合併前の自治体ごとに過去から現在までの経緯を詳しく検証して,委員会で資料を作成して検討されていらっしゃるでしょうから,市民へその事実と将来負担比率などを周知して,解散損失補償などの負担が一時的には大きくなるものの,中長期的には抜本的な改革として,将来の経済財政環境の変化などに耐え得る安定的な財政の構築につながると思うわけなのですが,開発公社と1日も早くきっぱり手を切ることは市民

霧島市議会 2008-03-04 平成20年第1回定例会(第2日目 3月 4日)

2点目は,議案第28号,予算に関する説明書の債務負担行為に関する調書287ページから288ページ,損失補償の分2件を除く20年度以降の支出予定額の合計は幾らか。  3点目は,同ページ,287ページから289ページ,年度表示の前々年度,前年度及び当該年度の欄は,平成18年度,平成19年度,平成20年度と記載したらどうか。  以上,お伺いいたします。

霧島市議会 2007-03-08 平成19年第1回定例会(第5日目 3月 8日)

当該公社については18年度当初予算債務負担行為として土地購入資金に対する損失補償限度額60億円が議決されました。そのことから当議会も当該公社の業務の運営について実質的な関与が行われるものであります。予算執行に関する調査権が市長には付与されており,調査を行われたのか。当該公社は,現在土地保有面積229万9千㎡であり,借入金現在高は36億3,900万円であります。

霧島市議会 2007-03-07 平成19年第1回定例会(第4日目 3月 7日)

議会で趣旨採択となりました中小企業融資制度と信用保証補助制度を新たに創設するには,融資金の未回収の損失補償が懸念されるなどそれ相応の財源も必要となってまいります。したがいまして,現在のところこの県が行っている優れた融資制度や県内でも充実していると考えております本市の商工業資金利子補給補助制度を活用し対処していただきたいと考えております。

霧島市議会 2006-09-29 平成18年第3回定例会(第6日目 9月29日)

主な質疑では,融資額の総額と損失補償額をどのくらい見込んでいるかとの質疑には,当初10億円ぐらいの融資総額を見込み,損失補償額は300万円以内に収まる見込みであるとの答弁。市でこの制度を創設する明確な必要性は何かとの質疑には,低利であり,簡素化された申込形態,各金融機関一律になり,資金運用の幅が広がるとの答弁。

  • 1