617件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鹿屋市議会 2053-12-11 12月11日-04号

災害廃棄物、いわゆる災害ごみにつきましては、生活環境の保全・公衆衛生の確保及び早期の復旧・復興のために、適正かつ円滑・迅速な処理が必要となります。 国は、平成23年3月の東日本大震災を契機とし、平成26年3月に「災害廃棄物対策指針」を策定いたし、これに基づきまして、県は平成30年3月に「鹿児島県災害廃棄物処理計画」を策定いたしました。 

南九州市議会 2028-06-20 06月20日-02号

◎企画課長(山脇勝次)  この事業は,もともとが過疎地域が過疎がすごく進んでいるということで,国の制度としまして並行しているのが地域おこし協力隊の事業とか,今,この集落支援員事業という二本立て,それから,復興支援員をおいて災害地の復興支援の事業という形で過疎地域と,あと,地方創生事業という捉え方で,地域が喪失されないようにしようという形でこの事業を進めておるところですけれども,集落支援員事業につきましては

鹿屋市議会 2023-12-10 12月10日-03号

九州北部豪雨や台風など自然災害が多く発生し、安全・安心の意識が高まり、さらに日米双方の関税を削減・撤廃する日米貿易協定国会承認され、来年1月から発効、九州自動車道の鹿屋から志布志間が令和2年度開通予定、クルーズ船の観光客が特別チャーター船での大隅半島ツアー実施、2019年度補正予算として、災害からの復旧・復興の加速、景気の下振れリスク東京オリンピック後の経済活力向上に事業規模26兆円を閣議決定

鹿屋市議会 2020-12-09 12月09日-02号

この場をお借りして、お亡くなりになられた方々に心からのお悔やみを申し上げるとともに、被害を受けられた方々の1日も早い復興をお祈り申し上げます。 さて、最近の災害の特徴として、これまで経験したことのない集中豪雨やほとんど台風の直撃を受けなかった地域に上陸するなど、人的にも物的にも大きな被害をもたらしました。例えば、千葉県へ上陸した台風15号や台風19号の被害は予想を大きく超えるものでした。

南九州市議会 2020-11-29 11月29日-03号

当初予算では,県への申請に基づき単年度の予算措置を行ったが,2月,3月に再度県と協議する中で東京オリンピックの建設に伴う資材不足や災害復興等に係る人手不足などにより建設については工期を十分にとる必要があると国,県から指導があった。当初予算計上に間に合わず単年度計画で全額計上していたが,1年目70%,2年目30%の事業変更となったため,30%相当分を減額するものであります。 

鹿屋市議会 2020-11-29 11月29日-01号

被災地の一日も早い復旧・復興を心からお祈り申し上げます。 今回の災害においては、河川の決壊等による浸水被害が深刻な状況であり、肝属川や串良川、姶良川など多くの河川を有する本市においては、大隅河川国道事務所等の関係機関と連携しながら河川改修や内水対策を進めるとともに、地域の実情に応じた避難訓練を実施するなど、浸水被害の軽減・解消に向けた取り組みを進めてまいります。 

鹿屋市議会 2020-09-17 09月17日-02号

去る6月末から7月初めの豪雨で被災をされました輝北、串良地区の市民の皆様並びに8月末の豪雨被害の佐賀県民、そしてこのたびの台風15号で災害関東地方の皆様に心からのお見舞いを申し上げ、一日も早い復興を御祈念するばかりでございます。 それでは、通告に従いまして、順次質問をしてまいります。 まず、1番目、環境行政についてであります。 近年の夏は、酷暑の連続、何と北の北海道まで拡大をしております。

南九州市議会 2020-09-03 09月03日-01号

被災された方々に心からお見舞いを申し上げますとともに,1日も早い復興を願っております。 それでは通告してある2点について質問をいたします。 まず1点目,健康増進対策についてであります。 我が国のスポーツ基本法前文に,スポーツは心身の健康の保持,増進にも重要な役割を果たすものであり,健康で活力に満ちた長寿社会の実現に不可欠であると規定されています。

鹿屋市議会 2020-06-24 06月24日-02号

災害で被害に遭われた方の復興も、なかなか資材不足や人材不足で進んでいない状況ですが、一日でも早い復旧をお祈り申し上げます。 6月といえば、梅雨の時期になります。鹿屋市においても災害は決して他人ごとではありません。豪雨災害地震等、いつ起こるかわかりません。早目の避難を心がけて、人命第一で災害対応の準備を心がけてまいりましょう。 雨が降り出してからの避難や夜分の避難は大変危険です。

伊佐市議会 2020-03-06 令和2年第1回定例会(第4日目) 本文 2020年03月06日開催

◯市長(隈元 新君)  詳細につきましては担当課長のほうから経緯を御説明いたさせますが、やはり戦後間もなくのころの私どもの平均寿命というのは60歳にまだ届かなかったというふうに記憶しておりますが、それから衛生状況や、あるいは経済発展や、さまざまな戦後日本復興によって、そして今の長寿社会へ移行してきております。

南九州市議会 2020-03-04 03月04日-03号

それで,今まで,通常,大規模改修というものを行っていたところなんですが,なかなかそういった災害復旧復興予算のほうに予算が傾斜された関係で,通常の大規模改修をやりたい,それで申請を出しても採択がなかなか難しくなったというのも背景にございます。 

鹿児島市議会 2020-03-04 03月04日-08号

そのための子供たちへの文科省が作成した放射線副読本及び復興庁が作成した「放射線のホント」について、以下お尋ねします。 原発事故のあった2011年の9月議会で、文科省放射線副読本の安全神話について質問して以来、11回目の質問をさせていただいておりますが、全国で反対署名や回収を行った自治体もありましたが、本市のこれまでの児童生徒への対応はどうだったのか。 以上、御答弁ください。

霧島市議会 2020-02-26 令和 2年第1回定例会(第3日目 2月26日)

1日も早い被災地の復興と被災されました皆様方の平穏な日常生活を心よりお祈り申し上げます。また,気仙沼市への職員派遣を今後とも継続していただけますように,切に願うものでございます。また,今回も一般質問の機会を得ましたこと,多くの市民の皆様に心より感謝を申し上げます。自分のことのように相手を思える心。

鹿児島市議会 2020-02-25 02月25日-04号

桜島大規模噴火対策事業につきましては、今後想定される桜島の大正噴火級の大規模噴火に備え、桜島火山災害対策の検討や防災訓練などを実施してきており、令和2年度におきましては、市街地側の広域避難シミュレーションを実施し、住民等の避難時間の把握やこれまでに検討してきた避難促進のための対策の実効性を検証するほか、大きな被害が想定される桜島島内の復旧・復興対策の検討などに取り組むこととしております。 

霧島市議会 2020-02-14 令和 2年第1回定例会(第1日目 2月14日)

国におきましては,新経済財政再生計画の下で引き続き経済財政の一体改革が図られる中,災害からの復旧・復興安全・安心の確保,経済の下振れリスクを乗り越えようとする者への重点支援,未来への投資と東京オリンピック・パラリンピック後も見据えた経済活力の維持・向上を柱とする安心と成長の未来を開く総合経済対策も踏まえた総額102兆6,580億円の令和2年度予算案が,去る1月20日に国会へ提出されました。

鹿児島市議会 2020-02-14 02月14日-02号

総額で4.5兆円近い大型補正予算は、昨年相次いだ自然災害の復旧・復興や米中貿易摩擦による世界経済の停滞、昨年10月からの消費税増税に対する経済対策などが中心ですが、国民の暮らしへの支援策はごく一部です。本来、補正予算は当初予算成立後に生じた緊急で必要な場合に限られているにもかかわらず、戦闘機や護衛艦の購入費用などを加えていることも問題だと考えます。

霧島市議会 2019-12-11 令和元年第4回定例会(第5日目12月11日)

一日も早い復旧・復興を強く願うものであります。さて,去る10月22日に天皇陛下が内外に即位を宣言する即位礼正殿の儀国事行為として皇居宮殿で執り行われました。陛下は高御座に立たれ,国民の幸せと世界の平和を常に願い,国民に寄り添いながら,憲法にのっとり,日本国及び日本国民統合の象徴としてのつとめを果たすことを誓いますと述べられました。