605件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鹿屋市議会 2023-12-10 12月10日-03号

(1)リナシティかのや周辺の古前城地区等には、文化財指定や登録には至らないものの歴史建築である古民家等が多数存在している。近年は文化建築の活用価値が見直され、政府平成28年に策定した「明日の日本を支える観光ビジョン」の中でも、文化財の本格的な活用の方向性が示されている。しかしながら、古前城周辺の歴史建築は保存・活用の措置が講じられないままで、所有者の意向に任されているのが現状です。

南九州市議会 2020-06-19 06月19日-01号

公共施設等総合管理計画は,公共施設等(建築)だけでなく,道路・橋梁などインフラ資産も含めて,その管理計画を定めたものでありますが,工業施設等適正配置計画は,建築に焦点を絞って,その適正な配置等について検討しようというものです。 本市には,公共施設等総合管理計画策定時点の平成27年度末現在で保有する公共施設等は,480施設余りがありました。 

伊佐市議会 2020-03-04 令和2年第1回定例会(第3日目) 本文 2020年03月04日開催

◯1番(谷山 大介議員)  ちなみにですが、建築基準法では、両方に部屋がある場合で廊下幅は1.6メートル、片側にしか部屋がない場合は1.2メートルバリアフリー新法では、建築移動等円滑化基準で1.2メートル建築移動等円滑化誘導基準で1.8メートル鹿児島県福祉のまちづくり条例基準では、整備基準として1.2メートル、目標となる基準としては1.8メートル、50メートルごとに車椅子のすれ違いに支障がない

伊佐市議会 2020-02-28 令和2年第1回定例会(第2日目) 本文 2020年02月28日開催

その時代の公共工事あるいは公共建築のつくり方というのは、確かに今、議員さんがおっしゃいますように、職員の中である程度の設計ができていて、例えば部屋の間取りにしましても、そういうのが経験上できていまして、それをベースにしてつくられたというのがあの当時の行政の姿でありました。

霧島市議会 2020-02-27 令和 2年第1回定例会(第4日目 2月27日)

少子高齢化進行に伴い,増加が見込まれる社会保障関係費や公共建築の老朽化対策など,行政需要が今後,更に増大することが確実である。そのため引き続き霧島市経営健全化計画の下,行財政改革を積極的に推進し,真に必要な行政サービスの質と量を確保しながら,健全な財政運営の堅持に努めると発言されました。そこで,本市の財政運営について具体的な質問を致します。

鹿児島市議会 2020-02-26 02月26日-05号

本市では、平成20年に策定した耐震改修促進計画を30年8月に改定しておりますが、鹿児島湾直下などの大地震に備え、今後、より一層建築耐震化を促進することが必要であります。 このような中、住宅耐震化促進に向け新たな取組を令和元年度から実施していることから、以下伺います。 第1点、本市の耐震化の状況等として、改めて耐震改修促進計画における住宅耐震化の目標。

霧島市議会 2020-02-14 令和 2年第1回定例会(第1日目 2月14日)

加えて,少子高齢化進行に伴い,ますます増加が見込まれる社会保障関係費や公共建築の老朽化対策など,行政需要が今後更に増大していくことは明らかです。そのため,引き続き,霧島市経営健全化計画(第3次)の下,行財政改革を積極的に推進し,真に必要な行政サービスの質と量を確保しながら,健全な財政運営の堅持に努めてまいります。

鹿児島市議会 2020-02-14 02月14日-02号

また、今回の改正に加え省エネ性能に関する説明の義務づけが令和3年4月に施行される予定となっていることから、全ての建築について建築主や設計者等の省エネへの意識向上につながるものと考えております。 以上でございます。   [のぐち英一郎議員 登壇] ◆(のぐち英一郎議員) 御答弁をいただきました。 

鹿児島市議会 2020-02-10 02月10日-01号

土木費につきましては、補助内示見込みによる幹線道路整備事業費を計上したほか、民間建築耐震化促進事業費の不用見込額を減額しました。 消防費につきましては、ドクターカー運用事業費の不用見込額を減額しました。 教育費につきましては、補助内示に基づく校舎・屋体等整備事業費を計上したほか、学校施設安全対策事業費の不用見込額を減額しました。 

鹿児島市議会 2019-12-01 12月12日-04号

続きまして、第二点、ドルフィンポートについて、第一、港湾計画及び都市計画による土地利用規制、建築制限と対応、第二、スタジアム整備は想定していないという土地所有者、県の意向、協議の状況。 以上の課題について答弁願います。 ◎観光交流局長(有村隆生君) ドルフィンポートにつきましては、港湾法都市計画法等による建築制限への対応や県のグランドデザインとの整合が課題と考えております。 

鹿児島市議会 2019-12-01 12月11日-03号

執務室の空調温度については、建築における衛生環境の確保に関する法律のほか、国や本市の省エネや環境に関する取り組み等に基づき設定しているところであり、今後においても関係部局と連携を図りながら対応してまいりたいと考えております。 以上でございます。   [柿元一雄議員 登壇] ◆(柿元一雄議員) 答弁いただきました。 

伊佐市議会 2019-09-26 令和元年第3回定例会(第6日目) 議事日程 2019年09月26日開催

8 大規模な地震に備え、県民の安全・安心を確保するため、大規模建築住宅学校社会 福祉施設水道生活排水処理施設などの耐震化に必要な事業費を確保すること。 9 地方税財源の充実・確保に向けて、税源の偏在性が小さく、税収が安定的な地方税体系の構 築に努めること。 10 地方交付税の財源保障機能・財政調整機能の強化を図り、小規模自治体に配慮した段階補正 の強化などの対策を講じること。   

霧島市議会 2019-09-10 令和元年第3回定例会(第2日目 9月10日)

また,本市の公共建築の保有量や,それに係る維持費等の関係から,新設よりも既存施設有効活用することのほうが投資等を極力避けることにつながるということで,既存施設有効活用というものを基本方針に検討したところでございます。 ○福山総合支所長兼市民生活課長(国師五寿美君)  先ほど御質問がありました,今後,検証はどうされるのかということにつきましてお答えいたしたいと思います。

南九州市議会 2019-09-05 09月05日-03号

候補地の一つであった県有地の県立保健看護学校跡地は,既存の建築を残したまま放置されることとなります。新薩南病院基本構想策定委員会の中では,既存の校舎等の解体にかなりの費用がかかるとの理由から,早々に候補地から外されたとのことでした。 今回の県の進め方については,疑問を呈したいこともありますが,南九州市としても情報不足や市内にある県の施設へのチェックが甘かったと感じております。

姶良市議会 2019-09-04 09月04日-02号

水道事業部長(水流哲也君) この事業の対象になる建築につきましては、住宅事務所、店舗兼の兼用住宅等でございます。あと、建て売り住宅条例の中で対象にすることができるとなっております。 ◆7番(鈴木俊二君) ということは、公的機関は対象にならないんですか。 ◎水道事業部長(水流哲也君) はい。対象にはならないというふうに考えております。