18件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

鹿児島市議会 2016-10-01 09月16日-04号

また、過去三年間におけます孤立発生状況と、それらの世帯のうち緊急通報システム設置の有無についてお示しください。 さらには、以前から固定電話がない世帯への設置要望をお伝えしてまいりましたけれども、困難ですと、できませんということをずっとお答えいただいておりますけれども、いまだに状況は不変でしょうか。

鹿屋市議会 2016-03-07 03月07日-02号

しかし、その生き方は千差万別であり、とりわけ孤立という言葉を耳にすることがある。孤立とは、内閣府の高齢者白書によると、誰にもみとられることなく息を引き取り、その後、相当期間放置されているような状態を言うとあり、また、他の書物では、そのうち期間を置かないものは孤独死というと記されています。 

鹿児島市議会 2016-03-01 03月08日-08号

孤立対策について伺います。 孤立対策につきましては、平成二十四年と二十五年に質疑をいたしておりますが、その後の取り組み等を伺います。 まず、孤立について伺います。 一点目、定義を設けている他市とその内容。 二点目、定義に対する本市考え方。 以上、答弁願います。 ◎健康福祉局長鶴丸昭一郎君) お答えいたします。 

鹿屋市議会 2013-09-17 09月17日-02号

議員宮島眞一議員) それから、群馬県の太田市で市職員によるお年寄り見守り隊というのを発足させて、孤立ゼロに向けて全庁体制で見守り活動を行っているというふうなことみたいなんですけれども、この取り組みについて何か思いがあればお願いします。 ◎保健福祉部長福祉事務所長徳留浩二君) 福祉を担当している部長といたしましては、非常にすばらしい取り組みだというふうに感じているところでございます。

姶良市議会 2013-06-20 06月20日-05号

そこで高齢者の見守りや孤立防止対策地域の共助力を高める取り組みとして黄色い旗運動を実施する考えはないか伺います。 次に、市税等収納率向上対策について質問します。 税金等のクレジットカードによる収納は、手元に現金を必要としない支払い方法であり鹿児島県では県の普通自動車税クレジット決済により窓口に出向かなくても支払いができます。

鹿児島市議会 2013-03-01 03月04日-07号

全国各地孤立が相次ぎ、大きな社会問題となっており、昨年の六月議会では、厚生労働省が示した通知について質疑させていただきましたので、以下、伺ってまいります。 質問の一点目は割愛いたします。 最初の質問は、孤立定義について、これまでも議会から指摘があり、課題となっていましたが、県との統一的な定義のもとで実態把握に努める必要があるのではないかと考えますので、当局の見解を伺います。 

鹿児島市議会 2012-12-01 12月10日-02号

心をつなぐ訪問給食事業は、本市独自の取り組みであり、第二回定例会においても我が党議員質問に対し、孤立対策の一環として、安否確認孤独感解消のための施策としての意義を強調しておられます。ただいまの御説明は、訪問給食事業実施要綱にも記載されていない内容であり、申請の際に、このような基準当局内部で決められているのであれば問題であります。 

霧島市議会 2012-03-28 平成24年第1回定例会(第7日目 3月28日)

小泉内閣以来の社会保障制度後退に次ぐ後退で,お年寄りや障がい者などの孤独死孤立が全国的に発生し,社会問題となっておりますが,今後の社会保障の在り方が問われているのであります。特に,今でも少ない年金から強制的に保険料を徴収され,可処分所得は減少し,本来,市民を守るべき福祉制度市民生活を脅かしていることも否定できない事実であり,問題であります。

姶良市議会 2012-03-21 03月21日-07号

それから、この孤独死でございますが、これは、まだ孤立とも呼ばれているわけですけれども、明確なる定義というのは、まだはっきりしていないわけです。鹿児島県が昨年実施しましたこの定義が、死後2日以上たってだれにもみとられずにお亡くなりになったという方でございますが、この定義には昨年の段階では、姶良市は入っておりませんでした。 

鹿児島市議会 2011-03-01 03月07日-07号

孤独死or孤立という本を読んでみましたが、彼らの訴えと重なることが多かったです。遺品整理に当たる市民やケースワーカーの大変な作業は市民本市職員でも知らない部分です。 当局におかれましては、孤独死をふやさない施策はもちろん、それでも孤独死がふえそうな今後を想定し、課題を解決するために何ができるのか、他都市ではどうやっているのか急ぎ調査をしていただくことを要望しておきます。

鹿児島市議会 2009-10-01 09月18日-04号

厚生労働省において、ことし三月から高齢者が一人でも安心して暮らせるコミュニティづくり推進会議、これは副題にですね、孤立ゼロを目指してとあります。国のほうでも本格的に動き出しました。連絡が途絶えるなど異常が発生した場合には、最寄りの警察官やホームヘルパーが駆けつける体制を持つ自治体もあります。それにより、骨折により動けなくなり、衰弱死寸前の老人が一命を取りとめたケースもございます。

鹿児島市議会 2007-12-01 12月11日-03号

孤独死及び孤立定義でございますが、国の資料などによりますと、孤独死という言葉は、マスメディアなどにより自然発生的に使われだし、一般的にはみとる人がだれもいない状態での死と考えられているようでございます。また、孤立は、単身の高齢者高齢者のみの世帯などが地域から孤立した状態で亡くなることとされているようでございます。 

鹿児島市議会 2007-03-01 03月05日-05号

第二点は、厚生労働省が昨年、新年度からだれにもみとられず自宅でひっそりと息を引き取る孤独死がふえている現状を踏まえ、平成十九年度予算案の中にも約一億七千万円の事業費を計上し、孤立ゼロ・プロジェクト事業を創設する考えですが、この事業の具体的な内容と、本市が行っている独居高齢者対策について、その利用者数等過去三年間の実績をお示しください。 

  • 1