運営者 Bitlet 姉妹サービス
174件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-09-04 伊佐市議会 平成30年第3回定例会(第2日目) 本文 2018年09月04日開催 ですけど、私は基本的にはやはり子どもは風の子、太陽の子だと思います。どんなに周りを整えてあげても、今起きている災害の状況に遭遇することがないとは言えないんです、これからの時代は。そういうときにみずからがみずからの命を守って、しばしの間しのぐという、やはりその習慣もつけないと、全て科学技術が守ってくれるということに頼ってしまうとまた大きな犠牲を払うことになると思います。 もっと読む
2018-06-15 霧島市議会 平成30年第2回定例会(第5日目 6月15日) 調査地点が霧島市民会館前,住友生命保険前,宮崎太陽銀行前,JAあいら国分統括支店前,旧霧島商工会議所前,南日本銀行前となっておりまして,男女別等については調査はしておりません。 ○9番(德田修和君)  定期的にこういうことをされているということで,また,その報告等も上がってくると思いますけれど,実態調査であったり,交通量調査等を受けて,現状を課としてどう分析されているのかお示しください。 もっと読む
2017-12-21 霧島市議会 平成29年第4回定例会(第5日目12月21日) 商業系地域は,主な事業として,国分地区都市再生整備計画に基づき,国分パークプラザから京セラ鹿児島国分工場方面へ通じる平和通線や国分山形屋前の宮崎太陽銀行から東側へ通じる町の下2号線などの整備を進めております。このうち,平和通線は本年度で工事が完了する予定であり,国分市街地から市道国分~銅田線に通じる東西道路として,市民の利便性や安全性が向上するものと考えております。 もっと読む
2017-08-29 霧島市議会 平成29年第3回定例会(第1日目 8月29日) 大会の期間は平成32年10月3日から13日までの11日間で,昭和47年の太陽国体以来,48年ぶり2度目の本県での開催となります。また,日本障がい者スポーツ協会及び文部科学省スポーツ庁の協議において,第20回全国障害者スポーツ大会鹿児島大会の開催が正式に決定され,開催期間につきましても,鹿児島国体終了後の10月24日から26日までの3日間とすることが決定いたしました。 もっと読む
2017-08-29 霧島市議会 平成29年第3回定例会(第1日目 8月29日) 大会の期間は平成32年10月3日から13日までの11日間で,昭和47年の太陽国体以来,48年ぶり2度目の本県での開催となります。また,日本障がい者スポーツ協会及び文部科学省スポーツ庁の協議において,第20回全国障害者スポーツ大会鹿児島大会の開催が正式に決定され,開催期間につきましても,鹿児島国体終了後の10月24日から26日までの3日間とすることが決定いたしました。 もっと読む
2017-03-28 霧島市議会 平成29年第1回定例会(第7日目 3月28日) 「太陽光発電設備の設置で,反射光に対する苦情が出たとのことだが,この景観条例の審査の中では,その辺りの審査はするのか」との質疑に,「反射光については,判断を行う根拠となるデータがないことから,景観条例の中では考慮していないが,景観計画に景観形成基準ということで太陽光発電設備については,太陽電池モジュールは低明度かつ低彩度の目立たないものを使用し,低反射で模様が目立たないものを使用することと基準を設けている もっと読む
2017-03-28 霧島市議会 平成29年第1回定例会(第7日目 3月28日) 「太陽光発電設備の設置で,反射光に対する苦情が出たとのことだが,この景観条例の審査の中では,その辺りの審査はするのか」との質疑に,「反射光については,判断を行う根拠となるデータがないことから,景観条例の中では考慮していないが,景観計画に景観形成基準ということで太陽光発電設備については,太陽電池モジュールは低明度かつ低彩度の目立たないものを使用し,低反射で模様が目立たないものを使用することと基準を設けている もっと読む
2017-02-22 霧島市議会 平成29年第1回定例会(第3日目 2月22日) 同様に,霧島市の豊かな太陽の恵みを狙って,外国資本がメガソーラー建設に取り組んでいます。一部は極めて危険な場所に計画されており,多くの市民の方々から放置すべきではないとの意見が寄せられています。霧島の神話の里公園近くに別荘を囲むような太陽光発電施設計画もあります。そこで8点,伺います。1点目,経産省がメガソーラーの申請状況を市町村に公開していると聴きます。 もっと読む
2017-02-22 霧島市議会 平成29年第1回定例会(第3日目 2月22日) 同様に,霧島市の豊かな太陽の恵みを狙って,外国資本がメガソーラー建設に取り組んでいます。一部は極めて危険な場所に計画されており,多くの市民の方々から放置すべきではないとの意見が寄せられています。霧島の神話の里公園近くに別荘を囲むような太陽光発電施設計画もあります。そこで8点,伺います。1点目,経産省がメガソーラーの申請状況を市町村に公開していると聴きます。 もっと読む
2016-12-22 霧島市議会 平成28年第4回定例会(第6日目12月22日) 市民からの批判等をどのように考えるか」との質疑には,「ここは温泉ではなく,太陽熱で沸かしたものをさらにボイラーで加熱して実施しており,1日当たりの利用が,近隣の方10人足らずであり,国分総合プール横のふれあい温泉センターと統一して210円とした」との答弁。四つ,「今回の条例改正では,60㎡ごとに四つの区分に分けて料金設定したとの説明だったが,内訳はどのようになっているか。 もっと読む
2016-12-07 霧島市議会 平成28年第4回定例会(第3日目12月 7日) 皆様方も昭和47年の1回目の鹿児島国体,太陽国体という名前が付いておりましたけれども,それの経験値をお持ちの年齢の方々が,180万県民と,当時確か言っていたと思うんですが,鹿児島県土の真夏の暑い時期での国体開催でございまして,私の記憶では,県民挙げて総力戦で迎えたと。 もっと読む
2016-12-07 霧島市議会 平成28年第4回定例会(第3日目12月 7日) 皆様方も昭和47年の1回目の鹿児島国体,太陽国体という名前が付いておりましたけれども,それの経験値をお持ちの年齢の方々が,180万県民と,当時確か言っていたと思うんですが,鹿児島県土の真夏の暑い時期での国体開催でございまして,私の記憶では,県民挙げて総力戦で迎えたと。 もっと読む
2016-09-08 霧島市議会 平成28年第3回定例会(第4日目 9月 8日) そして,願わくばですよ,太陽が上がったら同時に健やかに目を覚まして,さんさんと太陽が輝いている中で多くの人間活動を堂々とやって,そして太陽が沈んだら穏やかに,あちこち飲みまわらずに人間らしく自分の生活を維持していく。それをずっと穏やかにできるならば,本当に人間らしい生活ができるのかなと,こう思います。ですから,大いに,どんなに科学が発達,発展してもお互いに心も体も鍛えながら精進すべしと思います。 もっと読む
2016-09-08 霧島市議会 平成28年第3回定例会(第4日目 9月 8日) そして,願わくばですよ,太陽が上がったら同時に健やかに目を覚まして,さんさんと太陽が輝いている中で多くの人間活動を堂々とやって,そして太陽が沈んだら穏やかに,あちこち飲みまわらずに人間らしく自分の生活を維持していく。それをずっと穏やかにできるならば,本当に人間らしい生活ができるのかなと,こう思います。ですから,大いに,どんなに科学が発達,発展してもお互いに心も体も鍛えながら精進すべしと思います。 もっと読む
2016-06-27 姶良市議会 平成 28年 6月定例会(第2回)-06月27日−06号 その18ページ、社会教育総務費、太陽系に浮かぶ小惑星「airashi」命名の記念式典の内容や講演会の内容はどのようなものか。 ◎市長(笹山義弘君) 議案第61号につきましては、2人の方からご質疑をいただいております。田口議員のご質疑につきましては教育委員会が、また、吉村議員からのご質疑につきましては久保副市長がそれぞれお答えいたします。 もっと読む
2016-06-22 鹿屋市議会 平成 28年 6月定例会-06月22日−04号 また、今後は、太陽が冷却期に入ることから、かつて経験したことのないゲリラ豪雨の時代、異常気象の時代に入ると言われております。台風の常襲地帯である南九州、鹿屋は、まさにその真っただ中にあります。   もっと読む
2016-06-22 鹿屋市議会 平成 28年 6月定例会-06月22日−04号 また、今後は、太陽が冷却期に入ることから、かつて経験したことのないゲリラ豪雨の時代、異常気象の時代に入ると言われております。台風の常襲地帯である南九州、鹿屋は、まさにその真っただ中にあります。   もっと読む
2016-06-17 霧島市議会 平成28年第2回定例会(第5日目 6月17日) これは昭和47年太陽国体というのがありました。そのときは約180万県民,心を一つにして,全国の日本の言わばオリンピックですからね,それらの選手団,そして応援団,それを迎えるために,それはそれはもう全県挙げて,県民は一つになって歓迎体制をおつくりになられたわけでございます。そして,その時期を県政はしっかりにらんで,まず空港を造る。 もっと読む
2016-06-17 霧島市議会 平成28年第2回定例会(第5日目 6月17日) これは昭和47年太陽国体というのがありました。そのときは約180万県民,心を一つにして,全国の日本の言わばオリンピックですからね,それらの選手団,そして応援団,それを迎えるために,それはそれはもう全県挙げて,県民は一つになって歓迎体制をおつくりになられたわけでございます。そして,その時期を県政はしっかりにらんで,まず空港を造る。 もっと読む
2016-06-16 霧島市議会 平成28年第2回定例会(第4日目 6月16日) どのようなチームかと申しますと,太陽誘電,かずさマジック,日本経済大学,大正大学などでございます。 ○13番(池田綱雄君)  人数も聴いたと思いますけれど,1チーム大体どれくらいですか。何人くらい。 ○保健体育課長(赤塚孝平君)  申し訳ございません。 もっと読む