51件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鹿屋市議会 2023-12-10 12月10日-03号

今、部長から聞いただけでも、これだけの被害、例えば5番目の問題ですが、殺処分、いわゆる自分が手塩にかけて育てた豚に豚コレラが発生した場合ですが、殺処分されるわけですけれども、おなかに入っている子豚を持っている母豚から、小さい子豚まで、全て生きているものを注射なりで殺処分をして、自分の畑なり、持っている土地に埋葬をします。それを見る農家の気持ちを考えれば、恐らく立ち直れない。

伊佐市議会 2020-03-06 令和2年第1回定例会(第4日目) 本文 2020年03月06日開催

◯環境政策課長(宇都宮 安照君)  1番目に申し上げましたとおり、散骨に関する法律というものは何もありませんけれども、墓地埋葬等に関する法律第1条に──ちょっと読み上げますけれども──「この法律は、墓地納骨堂又は火葬場管理及び埋葬等が、国民宗教的感情に適合し、且つ公衆衛生その他公共の福祉の見地から、支障なく行われることを目的とする」という条文がございましたので、それを参酌をしたところです。

鹿児島市議会 2020-02-25 02月25日-04号

合葬墓につきましては、我が会派の同僚議員平成27年第4回定例会において質疑を行い、当時の環境局長からは、「今後の納骨堂合葬墓を含めた市営墓地の在り方については、近年、埋葬に対する考え方が多様化してきていることを踏まえ、他都市状況把握関係機関からの情報収集なども行ってまいりたい」との答弁がありましたので、そのことを踏まえて2点のみ伺います。 

霧島市議会 2019-09-12 令和元年第3回定例会(第4日目 9月12日)

また,身元引受人等が判明しない場合は,墓地埋葬等に関する法律に基づき,市が葬祭業者葬祭を依頼し,遺骨については,市の無縁墓地等へ納骨しています。死後事務の課題としては,親族等がいない場合や遺族が関与を拒絶している場合,さらに現金等の遺産もない場合は,公費により葬祭費用を負担することとなり,平成30年度においては,2件の葬祭費用を支出しています。次に,3点目にお答えします。

鹿児島市議会 2019-03-01 03月20日-10号

ゼロ予算事業の北部・南部斎場指定管理者導入事業については、墓地埋葬等に関する法律の中でも火葬は遺体の処理ではなく葬る行為の一部と位置づけられ、公衆衛生の観点からも火葬場の計画、運営は高い公共性が求められるとして、過去、厚生労働省の通達でも運営の主体は地方公共団体が望ましいとされ、やむを得ない場合でも宗教法人公益法人とされた経緯もあることから、民間への委託はなじまないこと。 

鹿児島市議会 2018-12-01 12月12日-04号

キリシタンたちは、明治六年、明治政府キリスト教を解禁し、同年十二月に長崎へ帰郷するまでの三年二カ月余りを福昌寺で過ごしましたが、そのうち五十三人が亡くなり、裏山に埋葬されております。福昌寺跡に日本の宗教史を見ることができると言われるゆえんであります。そのストーリー性を考えたとき、さらに福昌寺の歴史的・教育的価値が高まったものと思料します。 そこで、以下伺います。 

鹿児島市議会 2017-10-01 09月13日-03号

次に、埋葬あり方についてお伺いいたします。 先日、あるテレビ放送墓じまい様子遺骨を自宅に保管している人、駅のコインロッカーなどに置き去りにされた遺骨の問題などが取り上げられ、そして、大量に持ち込まれる身寄り不明な遺骨に苦悩する自治体職員様子も放送されており、考えさせられる内容でした。 そこで、今後、市民意識変化に対応した施策が必要と考えることからお伺いいたします。 

姶良市議会 2017-06-19 06月19日-02号

その馬のそば後ろのほうに、ちょっと後ろにあるんですが、最後まで馬の面倒を見た橋口という人がいるんですが、自分が死んだら馬のそば埋葬してくれ、というのが遺言で、後ろのほうに夫婦墓がございます。今も花が上がっております。 そういうことで、こういうことの整備をぜひ一体となって図ってもらいたいと思っておるわけです。 文化財の関係、きのう加治木でくも合戦がございました。

姶良市議会 2016-12-19 12月19日-07号

死亡届に基づき市民課埋葬許可書を発行し、その埋葬許可書を見て利用料金を判断しますので、現場は混乱しません。 以上で質疑を終結し、討論に入りましたが、討論はなく、採決に入りました。 採決の結果、全会一致で議案第85号 姶良火葬場条例制定の件は、原案どおり可決することに決しました。 以上で、文教厚生常任委員長の報告を終わります。 ○議長(湯之原一郎君) これから質疑を行います。

姶良市議会 2016-12-05 12月05日-06号

それと、使用料減免関係でございますけれども、まず墓地埋葬等に関する法律の第9条で、市町村長埋葬または火葬義務規定されております。個人の死亡警察等により発見された場合、あるいは本人が被保護者でなく、葬儀を行う親族等がいない場合、地域自治会長さんですとか、そういった方々が喪主となられるような場合のことを想定して、減免規定規定しているところでございます。

姶良市議会 2016-09-07 09月07日-04号

少子高齢化等によって、墓地から納骨堂へ移される家族が多くなる状況があることは認識しておりますが、墓地納骨堂は、それぞれの地域における歴史を踏まえた管理のやり方や宗教性もあることから、経営許可権者である市としましては、墓地及び埋葬等に関する法律目的である、国民宗教的感情に適合して、墓地納骨堂等管理支障なく行われるよう努めることとし、市営納骨堂設置については考えていないところであります。

鹿児島市議会 2015-12-01 12月09日-04号

環境局長井上謙二君) 今後の納骨堂合葬墓を含めた市営墓地あり方につきましては、近年、埋葬に対する考え方が多様化してきていることを踏まえ、他都市状況把握関係機関からの情報収集なども行ってまいりたいと考えております。 以上でございます。   [薗田裕之議員 登壇] ◆(薗田裕之議員) 答弁いただきました。 

鹿児島市議会 2015-09-01 09月09日-03号

近年、高齢化核家族化といった家族形態変化により、墓地や墓、埋葬あり方についても考えが多様化していると思われ、報道でも頻繁に取り上げられています。その中に、「墓が捨てられる~無縁化の先に何が~」と題し、墓の維持管理を負担に思う人、墓を継ぐ人がなく無縁化を心配する人、無縁化し大量に捨てられた墓石などが取り上げられているものがあり、考えさせられる内容でした。

姶良市議会 2015-06-18 06月18日-02号

墓地維持管理については、高齢化などで難しくなっておりますが、墓地埋葬等に関する法律姶良墓地等経営許可に関する条例により、墓地等経営改葬許可を出しているところであります。法や条例にも規定されておりますとおり、宗教的な意味合いもあり、また市の関与については規制されていないため、市の広報誌等により墓地の適正な管理をお願いしているところであります。 

姶良市議会 2015-03-03 03月03日-03号

あいら斎場の名称については、姶良火葬場設置及び管理に関する条例第2条第1号において規定しており、また火葬場については、墓地埋葬等に関する法律第2条第7項の規定において定義されており、同条例及び同法の規定に基づき、呼称の区別をしているところであります。 3番目のご質疑についてお答えいたします。 設計委託料は、火葬場実施設計を行うものであります。