957件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鹿屋市議会 2053-12-11 12月11日-04号

議員永山勇人議員) 本当に台風だけじゃなくて、地震とかいろんな可能性がありますので、しっかりとした計画を立てていただきたいと思います。 次に入ります。 まず、鹿屋市が総合体育館の誘致をしたということに対して、県の返事、対応はどうだったのか、お答えください。 ◎市長(中西茂君) 特段、私どもの要望について県のほうからの回答はいただいておりません。 ◆議員永山勇人議員) 失礼な話ですよね。

南九州市議会 2028-06-20 06月20日-02号

6月18日におきました新潟山形地震に見舞われた方々のお見舞いを申し上げるとともに,いち早い復興をお祈りいたします。 建設的な質問をしていきますので,真摯な答弁をよろしくお願いしたいと思います。 最近,とてもいい学びに出会うことができまして,それは,人間が死ぬ間際に何を後悔するのかというものでございました。 

鹿屋市議会 2023-12-10 12月10日-03号

(2)米軍機墜落事故地震津波よりは、はるかに確立が高いが、空中給油機・オスプレイの事故被害をどのように想定しているのか。また、事故発生した場合の対応手順について示されたい。 (3)住民説明会米軍訓練実施に関しては、安全確保とともに周辺地域への影響に十分に配慮するよう申し入れていくなど、当局は当初の説明会住民に公言しています。

鹿屋市議会 2020-12-09 12月09日-02号

NHK総合番組で巨大地震についての特別番組があったわけですけれども、その中で、バッテリーの要するに充電池の話が、せめて1週間ほどはもってほしいというような声がありました。そのあたりを考えたときに、早急にしなさいということじゃなくて、やはりここは人命を、安全安心を握っていることですので、ぜひそういったものの方向へといいますか、そういった、先ほど乾電池を使えばいいと。

南九州市議会 2020-11-21 11月21日-02号

体制的に申し上げますと,職員皆さん方が,熊本北部地震が起きた際に,それぞれ益城町とか,甲佐町にそれぞれ援助に入られて,さまざまな災害経験のフォローをされたわけですが,益城町だったでしたか,この自治体の職員の数がうんと減っていたということがテレビでも,そのことが弊害になっているというのが災害対応についてのニュースの中で聞こえております。 

鹿屋市議会 2020-09-17 09月17日-02号

鹿屋市の訪問給食サービス事業は、市内を4つのエリアに分割し、それぞれを異なる事業者に委託して実施しており、その契約において、災害発生など緊急時の対応については、「台風地震等の天災地変により配達が困難なときは、鹿屋市と受託者が速やかに協議し、前日までに鹿屋市が判断し、受託者対応を行う。」こととしております。 

鹿屋市議会 2020-06-24 06月24日-02号

質問の前に、先日の新潟山形県で地震被害に遭われた方の一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。災害被害に遭われた方の復興も、なかなか資材不足人材不足で進んでいない状況ですが、一日でも早い復旧をお祈り申し上げます。 6月といえば、梅雨の時期になります。鹿屋市においても災害は決して他人ごとではありません。豪雨災害地震等、いつ起こるかわかりません。

鹿児島市議会 2020-03-18 03月18日-09号

また、これまでの調査経過を踏まえ、委員会におきまして過去4年間にわたる調査経過のまとめを行ったところ、成果あるいは一定の方向性が見られた点として、災害の軽減に貢献するための地震火山観測研究計画に沿った研究が引き続き進められるとともに、28年度には3本目となる高免観測坑道が完成したほか、精度の高い観測機器が整備されるなど、監視の強化が図られたこと。 

南九州市議会 2020-03-05 03月05日-04号

川辺分遣所は,昭和49年に建設され,築45年が経過し,耐震補強はなされておらず,地震等により地域防災の核としての機能を発揮できない事態も懸念されるなど,市民の生命,財産を守る常備消防施設としましては,脆弱な施設でございます。 また,事務所・倉庫・車両旋回スペース等が手狭のほか,職員用仮眠室や浴室などの生活スペースは,機能的・衛生的にも劣るなど,新たな分遣所建設は数年来の課題でございました。 

伊佐市議会 2020-03-04 令和2年第1回定例会(第3日目) 本文 2020年03月04日開催

また、人吉市、水俣市は、熊本地震により一般単独災害復旧事業債の適用となり、起債基準が異なるため、熊本県の市町村を入れるとコストが増えることが容易に想像できます。  次に、必要面積の算定では、7市1町の平均で8,619平方メートルなのに、わざわざ職員1人当たりの面積を小数点第2位まで計算し、新庁舎建設執務想定職員数も、平均では355人であるのに330人。

鹿児島市議会 2020-03-04 03月04日-08号

昨年12月、NHK首都直下地震被害を想定したドキュメンタリーが放送されました。その中で名古屋工業大学の渡辺研司教授が提案した被災ツリーという手法が用いられていました。 そこで、第1に、この被災ツリーという手法の概念及び概要を示してください。 また、第2に、被災ツリーについての事例の把握と与える効果をどのように考えているのか示してください。 以上、答弁願います。

鹿屋市議会 2020-03-04 03月04日-03号

日本の国土は、地震津波火山噴火が絶えず、多くの土地の地盤も強固ではありません。狭い列島を脊梁山脈が貫くため急流も多く、洪水被害も深刻です。実に脆弱な国土と言わざるを得ない。さらに、最近は気候変動による風水害の拡大が追い打ちをかけています。この30年くらいを見ると、1時間に100ミリメートルといった恐怖を覚える雨など、豪雨発生頻度は約2倍になっています。 

伊佐市議会 2020-02-28 令和2年第1回定例会(第2日目) 本文 2020年02月28日開催

それは聖火リレーの場所にまず選ばれたということ、それから、NHKの1分案内のところで常に出していただくということ、それから、観光の動向調査を見ましても、熊本地震で大きく落ち込んだものの、平成29年の入り込み客数が65万255人、平成30年が66万787人、元年が75万7,121人、インバウンドが増えております。