920件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鹿屋市議会 2053-12-11 12月11日-04号

12月は、1日の世界エイズデーに始まり、3日の国際障害者デー、障害者週間、10日の世界人権デー、人権週間、北朝鮮人権侵害問題啓発週間、19日の食育の日、地球温暖化防止推進月間、歳末たすけあい運動期間と、幾重にも深い意義を持った月であります。苦しみや痛みを抱えておられる方が幸福になるように、誰一人置き去りにしないSDGsの根本理念を忘れることなく、しっかりと質問をしてまいります。 

南九州市議会 2028-06-20 06月20日-02号

平成には,昭和戦争戦後処理に多くの時間を費やした反省を含め,国の内外,天地とも平和が達成されるという意味が込められたものではありましたが,地球環境の悪化に伴う甚大な被害を巻き起こし,未曽有と称される自然災害が各地で発生,天地動乱の時代となっております。災害の傷跡はたやすく癒やされるものではありません。災害による被害を少しでも減少させるための取り組み,防災力の強化は,緊急の課題でございます。 

鹿屋市議会 2021-09-30 09月30日-05号

過疎地域は、我が国の国土の過半を占め、豊かな自然や歴史文化を有するふるさとの地域であり、都市に対する食料・水・エネルギー供給、国土・自然環境の保全、いやしの場の提供、災害の防止、森林による地球温暖化の防止などに多大な貢献をしている。 過疎地域が果たしているこのような多面的・公益的機能は国民共有財産であり、それは過疎地域の住民によって支えられてきたものである。 

南九州市議会 2020-11-21 11月21日-02号

これまでの治水対策防災対策を上回る気象の変化は,地球環境が私たちの想像以上に変わり,改めて知恵を結集して,これからの対策を考えていかなければならないと痛感しました。この認識は,ここにいる一同で共有したいと考えております。 さて,ラグビーワールドカップの全国的な盛り上がりは明るい話題として記憶に残りました。

南九州市議会 2020-11-20 11月20日-01号

持続可能な開発目標,いわゆるSDGsは,2015年の国連サミットにおいて全会一致で採択された,人類及び地球の持続可能な開発のために達成すべき課題とその具体的な目標を掲げたものでございます。 日本においては,内閣に推進本部を設置するなどSDGsの全国展開を推進しており,自治体ベルにおける取り組みも期待されているものと考えております。 

鹿屋市議会 2020-09-18 09月18日-03号

SDGsとは2015年9月の国連サミットにおいて採択された「持続可能な開発目標」のことで、具体的には貧困を終わらせ、全ての人が平等な機会を与えられ、地球環境を壊さずによりよい生活を送ることができる世界を目指すことであり、17のゴールとこれを細分化した169のターゲットから構成されています。 

鹿屋市議会 2020-09-17 09月17日-02号

この地球温暖化による気象変化は、地球の平均にすると100年前に比べわずか0.5度しか上がっていないとのことですが、国連の機関IPCCの最新報告では、今後100年間で最大6.4度の気温上昇との予測。これは、これまでの100年間に比べて10倍以上の気温上昇になるものと予測されております。 そして、このまま地球温暖化が進めば、降雨量の変化並びに異常気象がさらに多発することになります。

南九州市議会 2020-09-04 09月04日-02号

来年2月以降,本市に寄贈されることとなっております九州大学,大屋教授のマルチ型,新型の風力発電装置を風の里のシンボル施設として,地球の未来を語る,夢を育む有効利用を図ることのできる企業誘致,さらには,地域全体に対し,市独自の展望を明らかにしたブランドデザインを整備し,それをもとにした企業誘致など,待ちからの攻めの存続対策への転換について,企画課長及び都市計画課長の今後の姿勢について,答弁をいただきたいと

南九州市議会 2020-06-19 06月19日-01号

議員(大倉野由美子)  近年の地球温暖化の進行の中で,大規模災害が頻繁に起きております。地震ゲリラ豪雨などの発生は予測もつかないわけです。市内で進む開発行為の中でとりわけ大規模の太陽光発電建設は,危険な原発にかわる電源での再生可能エネルギーの普及としては当然の大事な事業です。ところが住民との共生が十分図られることになるのか,現実は自然を壊し,人々の暮らしが脅かされかねない状況にあります。

姶良市議会 2020-03-16 03月16日-05号

生ごみ堆肥化につきましては、市長答弁にもありましたように、循環型社会とかの形成とかCO2削減、あと地球温暖化の視点から考えますと、大変いいものと考えますが、あと事業費等の中の費用対効果、あと自治会市民の皆様方の理解、あと堆肥化した後の堆肥の搬出先とか処理先等、まだいろいろな課題があるかと思っております。

鹿児島市議会 2020-03-04 03月04日-08号

持続可能な開発目標にもありますように、改めてジェンダー平等、女性と女児のエンパワーメントがこの地球日本鹿児島を救うと実感し、誰ひとり置き去りにしない社会を目指して頑張ってまいることをお誓い申し上げ、私の質問の全てを終わります。 ○議長山口たけし君) 以上で、小川みさ子議員個人質疑を終了いたします。(拍手) 次は、ふじくぼ博文議員。   

鹿屋市議会 2020-03-04 03月04日-03号

農業で自然を相手にし、畜産動物と触れ合い、林業地球環境の改善に役立つなど、いろいろな喜びを感じられるのではないでしょうか。もちろん外に出るだけでも大変ですので、最初から仕事ではなく、居場所の提供として取り組むべきではないでしょうか。 不登校が全てひきこもりにつながるわけではありませんが、小中学生への対応が大切であります。

霧島市議会 2020-02-26 令和 2年第1回定例会(第3日目 2月26日)

2の(1)霧島ジオパークについて,霧島ジオパークとはこれまでもたくさんの議員が一般質問をされていますが,ジオパークを調べてみると,地球,大地のジオ,公園のパークとを組み合わせた言葉で大地の公園を意味し,地球学び,丸ごと楽しむことのできる場所を言います。大地の上に広がる動植物生態系の中で,私たち人は生活し,文化産業などを築き,歴史を育んでいます。

鹿児島市議会 2020-02-25 02月25日-04号

経済活動の地球規模の拡大は経済問題のみならず、人口環境食料問題等について全地球規模で対応すべき課題とされる中、中国から世界に拡散した新型コロナウイルスの影響により、人や物の流れ、サプライチェーンなども大きな打撃を受けています。本市においても鹿児島マラソンを中止にするなど苦渋の選択をされ、市政運営においても新年度はかじ取りが難しい年になるのではないかと思われます。 

姶良市議会 2020-02-25 02月25日-02号

それから、グローバル化によりまして活力が低下していくという問題でありますけども、これにつきましては、いわゆる、これは国際化とは違いまして、国際化というのは国対国の問題でありますけども、グローバルというのは、いわゆる地球全体ということの問題でございまして、地球全体の考え方として考えるわけでございますが、いわゆる小規模企業につきましてはそういった規模というのは全く関係がないようではございますけども、いわゆる