5件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

鹿児島市議会 2013-09-01 09月10日-02号

本市港湾地区通称ウオーターフロント地区は、これまで平成五年の港湾計画において集約された奄美沖縄航路種子屋久航路三島十島航路及び桜島航路がある本港区に限定されておりました。しかし、二十二年の港湾計画の一部変更により、奄美沖縄航路本港区へ集約されずに新港区に残留することとなり、現在、県において約百億円もの事業費をかけて新港区の改修工事が進められております。 そこでお伺いします。 

鹿児島市議会 2008-03-01 03月11日-08号

平成十二年三月、十島航路供用開始平成十三年三月、三島航路供用が開始され、平成十四年には南埠頭完全供用開始がなされ、平成十五年には喜界航路北埠頭に移転、供用開始がなされております。しかし、完成から五年がたつ現在に至っても、ほかの奄美航路北埠頭完成後も当初の整備計画をほごにし、老朽化した新港区に居座り、いまだ北埠頭に移転しておりません。 そこで伺います。 

鹿児島市議会 2004-03-01 03月22日-11号

本港区への離島航路集約については、南ふ頭において十三年四月に三島十島航路が、十四年九月に種子島・屋久島航路供用開始されるとともに、高速船ターミナルが十八年度の供用開始を目途に整備中であること。本港中央ゾーンA街区については、鹿児島ポートルネッサンス21事業推進協議会において、定期借地方式による暫定開発協議が行われていること。

鹿児島市議会 2002-10-01 09月13日-02号

去る九月三日に本港南埠頭旅客ターミナル周辺施設完成式典があり、先に北埠頭から移転していた三島十島航路に続き、種子屋久航路北埠頭から南埠頭に移転し、高速船トッピーを除く種子屋久航路発着場所南埠頭に集約され、四日から全面使用が始まるとの報道がなされました。利用者にとっては三島・十島と種子屋久南埠頭からと明確になり、利便性も向上し、大変に喜ばしいことであります。

鹿児島市議会 1999-12-01 12月09日-05号

本港区は桜島航路種子屋久航路三島十島航路及び沖縄航路発着点として位置づけられ、新港区は奄美方面への貨客船の発着拠点として利用されてまいりましたが、その後、鹿児島ポートルネッサンス21事業を経て、鹿児島本港ウォーターフロント開発基本計画が策定され、またこの中で、本港区はマリンテラス鹿児島として整備され、北埠頭沖縄航路奄美航路南埠頭種子屋久航路三島十島航路等に整備本港

  • 1