51件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

伊佐市議会 2020-03-04 令和2年第1回定例会(第3日目) 本文 2020年03月04日開催

ちなみに、国内で一番広い廊下幅となっている基準として、医療施行規則第16条11のイである精神病床及び療養病床で、この両方に部屋がある場合で2.7メートルです。この場合、車椅子ですれ違うのはもちろん、ストレッチャーでの移動もできることを想定しています。  基本計画では、これを超える3.5メートルから4メートルであり、3.5メートルといえば、高速道路の幅の規定と同じとなっています。  

鹿児島市議会 2018-03-01 03月08日-09号

企画財政局長(鉾之原誠君) 事業主体につきましては、二十九年九月から十一月まで募集を行い、一共同企業体から応募がなされ、外部有識者本市関係部課長で構成する生涯活躍のまち推進会議において、提案内容等の審査を行ったところであり、医療人参天会社会福祉法人喜入会で構成する共同企業体が選定されたところでございます。 以上でございます。   

鹿児島市議会 2015-03-01 03月04日-06号

難病支援について、約四十年ぶり抜本改革が行われ、難病医療改正児童福祉法平成二十七年一月より施行されました。平成二十六年第三回定例会の我が会派の代表質疑において、当局は、難病支援充実に向け、医療、教育、福祉就労等関係機関連携を深め、本市の実情に応じた支援を進めていかれるとのことでありました。 そこで、以下お伺いいたします。 第一点、慢性疾患児地域支援事業目的及び概要。 

鹿児島市議会 2014-09-01 09月09日-03号

約四十年ぶり抜本改革となる難病支援の根拠となる難病の患者に対する医療等に関する法律、いわゆる難病医療改正児童福祉法が成立し、平成二十七年一月より施行予定であります。 そこでお伺いいたします。 第一点、難病医療法及び改正児童福祉法目的概要。 第二点、指定難病に関する検討の進め方。 第三点、本市難病支援については、取り組み状況及び課題、今後の取り組みについて、それぞれお示しください。 

鹿児島市議会 2014-09-01 09月02日-01号

鹿児島病院事業設置等に関する条例一部改正の件は、医療施行令等の一部改正に伴い診療科目改正等を行うとともに、新病院開設にあわせて診療科目追加等及び病床数改正を行うものです。 鹿児島市営住宅条例一部改正の件は、三和住宅三十戸が竣工するので、これを更新住宅として設置するとともに、玉里団地住宅を建てかえるため、同住宅六十戸を廃止し、あわせて条文の整理をするものです。 

姶良市議会 2014-07-07 07月07日-05号

今回の介護保険制度改正については、団塊の世代が75歳以上となる2025年を見据えて、地域において効率的で質の高い医療介護提供体制を構築するために医療などの関連法改正とあわせて行われました。改正の柱の一つとして要支援1・要支援2向けの訪問介護通所介護保険給付から市町村地域支援事業に移行されました。 

鹿屋市議会 2013-03-06 03月06日-03号

保健福祉部長福祉事務所長徳留浩二君) 実は医療の中に国と県、鹿屋市の役割がうたってございますが、その中に市民の方々へ良質な、かつ適正な医療の効率的な提供をするということが、これが市の役割というふうにうたってございます。当然、きのうも議論がございましたが、地方自治法の中でも福祉増進とあわせまして1次医療につきましてはやはりそれぞれの市町村役割ということが大きくうたわれております。 

鹿児島市議会 2012-12-01 12月04日-01号

鹿児島診療所専属薬剤師配置基準に関する条例制定の件は、医療第十八条の規定に基づき、診療所における専属薬剤師配置基準を定めるものであります。 鹿児島理容師法施行条例制定の件は、理容師法及び理容師法施行令施行に関し必要な事項を定めるものであります。 鹿児島興行場法施行条例制定の件は、興行場法施行に関し必要な事項を定めるものであります。 

鹿児島市議会 2010-03-01 03月03日-05号

制度の改善に向けた国の動向としては、医療等の改正により、本年四月以降、総合病院においては、これまでの診療科ごと計算から病院単位計算へ見直されること、また、解雇等自発的失業者高額療養費及び高額介護合算療養費所得の区分の判定については、前年所得の百分の三十とすることが見込まれております。 

霧島市議会 2009-09-08 平成21年第3回定例会(第2日目 9月 8日)

増床につきましては,先の議会でも答弁申し上げましたように,鹿児島県保健医療計画によりますと,姶良・伊佐保健医療圏では,医療に基づくベッド数が既に過剰な状況になっております。また,増床に関する審議都道府県が権限を有しておりますことから,本市といたしましては,現段階では県の定める医療計画に即した医療充実を図っていく必要があると考えております。

霧島市議会 2009-06-11 平成21年第2回定例会(第4日目 6月11日)

基準病床数につきましては,医療医療施行令医療施行規則等により,県が保健医療計画で二次保健医療圏域ごとに定め,基準病床数を超える過剰病床数の見直しにつきましても,霧島市を含む二次保健医療圏域ごと鹿児島県が調査検討し,厚生労働省と協議し,決定することとなっております。したがいまして,霧島市独自で病床数を定められるものではなく,県の保健医療計画に基づき定められるものでございます。