7件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

鹿屋市議会 2014-03-11 03月11日-03号

動物衛生研究所宮崎綾子研究員は、今回蔓延しているPEDについて、このウイルスは、中国で流行しているものと遺伝的にごく近い。そのウイルスの侵入を許したことは、アジア諸国で蔓延している口蹄疫鳥インフルエンザが入り込むすき間は十分あると指摘しております。こうした事態に県の関係者は、防疫対策のあり方を再検討する必要があると危機感を募らせております。 

霧島市議会 2011-03-02 平成23年第1回定例会(第3日目 3月 2日)

したがいまして,例えば疑われるものが出て,それを動物衛生研究所のほうに最終的に送るわけですけれども,その疑わしいものを送ったときには,直ちに市のほうにも連絡がまいります。そうしますと,うちのほうといたしましては,すぐ初動体制がとれるように,先ほども市長のほうから答弁をいたしましたけれども,「霧島市口蹄疫防疫行動手順書」というのを作成いたしました。それをそれぞれ職員にも周知をいたしております。

霧島市議会 2010-09-16 平成22年第3回定例会(第4日目 9月16日)

それで疑わしければ,東京動物衛生研究所検体を送るわけですけれども,そういう送ったという情報をいただいたら,もう直ちにそれを一応想定して準備に入るという段取りから,実際今度は,その確定した段階で対策本部を開いて,じゃどういう形で人員を配置して,いろんな資材の準備をして,防疫に入っていくかという,そういう細かい流れを全部手順書に定めているところでございます。

霧島市議会 2010-09-07 平成22年第3回定例会(第1日目 9月 7日)

終息宣言を1週間ほど過ぎた9月2日午前10時03分,えびの市長から「口蹄疫のような病状の牛が確認をされ,検体東京動物衛生研究所に送った」との緊急連絡が入りました。緊張が走る中,これまでの経験を踏まえ,緊急の事態に備えるよう危機管理体制を整える指示を出しました。結果的には検体は陰性であったことから安堵いたしたところでございます。

鹿児島市議会 2010-06-01 06月22日-05号

この間の時間的なラグはどういうふうに解釈すべきか迷うところでありますが、四月二十日に、東京動物衛生研究所検体で陽性が判明し、それから、間髪を置かずに対策が練られたようであります。現地からのルポによりますと、豚舎も牛舎も空っぽになっていると、これは川南町あたりはひどいものだという報告がなされています。

  • 1