823件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鹿屋市議会 2025-06-25 06月25日-03号

障害者等農業分野での活躍を通じて、自信や生きがいを創出し、社会参画を促す取り組みであり、農林水産省では、厚生労働省と連携して、「農業・農村における課題」、「福祉における課題」、双方の課題解決と利益があるウィン・ウィンの取り組みである農福連携を推奨しています。 同省はことし2月、農福連携で生産された農産物や加工品を認証するノウフクJAS日本農林規格を制定しました。 

鹿屋市議会 2020-09-18 09月18日-03号

市のホームページを見ますと、ほとんどが厚生労働省を初めとするホームページから成り立っているようですが、星塚敬愛園のある自治体が作成したものでありながら、星塚敬愛園にかかわる内容がほとんどないのはどうしてか。ハンセン病問題の啓発を進めていこうとする意欲に乏しい施策だと思います。併せてパンフレットにしても、どういう内部討議を経て作成されたのか、お示しください。 さらに伺います。

南九州市議会 2020-09-03 09月03日-01号

これは当然に学童保育がいわゆる厚生労働省の管轄で事業がやられている,そういったものを,学校施設内で学童をやるという点では,どういう経過があったのか,というのも含めて,ぜひ鹿児島市内事例などもつかんでいただいて,そういった可能性がないのかどうか,そこら辺をぜひ早急に手を打っていただきたいと。 保護者皆さん方は,市長さん,実にやっぱり切実なんですね。学童があればこそ安心して働くことができる。

南九州市議会 2020-06-19 06月19日-01号

本案は,学校教育法の一部を改正する法律施行に伴う厚生労働省関係省令整理等に関する省令及び放課後児童健全育成事業設備及び運営に関する基準の一部を改正する省令施行に伴い,所要の改正をしようとするものでございます。 改正内容は,放課後児童支援員認定資格研修需要に適切に対応するため,研修実施者の追加及び受講資格要件明確化について,厚生労働省基準に準じて改正しようとするものであります。 

霧島市議会 2020-05-01 令和 2年第1回臨時会(第1日目 5月 1日)

霧島市内における新型コロナ感染症患者数の今後の見込みについて,厚生労働省が示した推計値では,外来患者数419人,入院患者数216人,重症患者数9人とのことであります。市内コロナ感染症患者の受入可能な病床は4床のみであり,推計値のとおり,感染が広がることになれば,病床不足が深刻な状況になることは明らかであります。

霧島市議会 2020-03-27 令和 2年第1回定例会(第7日目 3月27日)

2月28日に厚生労働省のほうから通達が出されておりますけれども,そのことについては,どういうふうに対応がされようとしているのかについてお示しください。 ○保健福祉部長茶圓一智君)  それについては,まだ私のほうに報告がないところでございますので,担当課のほうに確認をしたいと思います。

南九州市議会 2020-03-25 03月25日-05号

委員から,更新制度が導入される経緯及び金額の根拠についてただしたところ,これまでは一度指定されると永久に資格を有することになっていたが,首都圏においてこれを悪用する業社が増加したことから,厚生労働省による水道法改正により,指定業者は5年に1回の給水装置設置工事資格更新が義務づけられることになったとの答弁でありました。 

伊佐市議会 2020-03-06 令和2年第1回定例会(第4日目) 本文 2020年03月06日開催

県くらし保健福祉部生活衛生課は、県内では事例がない、指導するものもないので国に問い合わせてほしいということでございましたので、厚生労働省生活衛生局生活衛生課に照会しましたところ、法律散骨規制はしておりません、条例を定めるかどうかは市町村の判断ですよというような回答でございましたので、既に散骨規制条例化しております全国自治体を調査して素案を作成をしました。

伊佐市議会 2020-03-04 令和2年第1回定例会(第3日目) 本文 2020年03月04日開催

厚生労働省では、従来からの精神保健福祉児童福祉、また15歳から34歳ぐらいまでの仕事についてない人のことを指すニート対策等において、ひきこもりを含む相談等取り組みを行っております。平成21年度からは、これらの取り組みに加え、ひきこもり対策推進事業を創設して、対策の充実に取り組むとあります。  

鹿屋市議会 2020-03-04 03月04日-03号

国際医療福祉大学の神崎仁教授によれば、難聴により、認知機能低下正常聴力の人より32から41%悪化が見られるとし、厚生労働省介護予防マニュアルにも、高齢者のひきこもりの要因の一つに聴力低下を上げています。 難聴に対し補聴器が有効ということはわかっていますが、これが非常に高い。老眼鏡なら、安売りの店もあり、それで十分な面もあります。

鹿屋市議会 2020-03-03 03月03日-02号

また、厚生労働省は、現時点で示した新型コロナウイルスの特徴は、1、感染経路飛沫感染接触感染である。2、一部の患者に強い感染力を持つ可能性がある。3、無症状病原体保有者がいる。4、無症状または軽症の人が多い。5、発熱や呼吸器症状が1週間程度継続することが多く、ほどよい倦怠感を訴える人が多い。6、高齢者基礎疾患を持つ人は重篤になる可能性が高い。

霧島市議会 2020-02-28 令和 2年第1回定例会(第5日目 2月28日)

霧島放課後児童健全育成事業設備及び運営に関する基準を定める条例及び厚生労働省放課後児童クラブ運営指針との整合性を含む相対的な見解,また今後の方向性について問います。要旨2,第1期霧島市子ども・子育て支援事業計画における放課後児童健全育成事業の成果と課題について問います。要旨3,支援員処遇改善及びキャリアアップ事業について,本市の現状と今後の方向性について問います。

鹿児島市議会 2020-02-26 02月26日-05号

その具体的な内容については、2019年3月に厚生労働省医師の働き方改革に関する検討会報告書がまとめられておりますが、そこで伺います。 第1点、報告書で示されている医師の時間外労働上限規制等の主な内容。 第2点、この報告書を踏まえ市立病院ではどのように課題を認識しているのか。 第3点、医師を含めた職員全体の働き方改革推進に向け新年度予算ではどのように対応しているのか、その内容。 

霧島市議会 2019-12-26 令和元年第4回定例会(第7日目12月26日)

厚生労働省が24日に発表した2019年度人口統計出生数は86万4,000人となったようです。前年度比で5.92%減と急減し,1899年の統計開始以来初めて90万人を下回っています。出生数死亡数を下回る人口自然減も51万2,000人と,初めて50万人を超え,政府の対策にもかかわらず,少子化人口減少が加速している状況です。本市も少子高齢化に伴い,総人口及び生産人口が減少しています。

伊佐市議会 2019-12-06 令和元年第4回定例会(第4日目) 本文 2019年12月06日開催

厚生労働省は、加齢に伴い筋力や心身の活力が衰え、介護が必要となる一歩手前の75歳以上の虚弱の方をフレイルとし、新たにフレイル健診を始めることになりました。フレイルとは日本老年医学会が2014年に提唱しました。そして、認知機能低下や鬱などの精神心理面、閉じこもりや孤立などの社会性も関係するとされます。