運営者 Bitlet 姉妹サービス
400件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-03-27 霧島市議会 平成30年第1回定例会(第7日目 3月27日) 最後に,目標人口については,霧島市ふるさと創生総合戦略に掲げる各種取組を着実に推進することにより,合計特殊出生の上昇に伴う自然増,移住定住者数や若者の地元就職率の増加に伴う社会増を目指すこととし,計画最終年度の2027年の目標人口を12万7,000人としているとの説明がありました。 もっと読む
2018-03-08 鹿児島市議会 平成30年第1回定例会(2・3月)-03月08日−09号 今、国会では、深刻な労働力不足の解消、出生低下、一億総活躍社会に向けた取り組みとして、働き方改革関連法案が審議されていますが、高収入の一部専門職を労働時間の規制から外す高度プロフェッショナル制度をめぐる論戦が続いています。過労で家族を亡くした遺族らは、裁量労働制の対象拡大だけではなく、高収入の一部専門職を労働時間の規制から外す高度プロフェッショナル制度についても撤回すべきと訴えています。 もっと読む
2018-03-01 鹿児島市議会 平成30年第1回定例会(2・3月)-目次 本市における五年間の社会動態、自然動態……………………………………………78    (三)本市の総人口が予想より五年早く、二〇一五年に六十万人を割ったことについ      ての見解………………………………………………………………………………………78    (四)本市の人口増加(自然動態)に向けて…………………………………………………78      ①各種の出産・育児などの子育て支援策と直近五カ年の出生 もっと読む
2018-02-28 鹿児島市議会 平成30年第1回定例会(2・3月)-02月28日−05号 私は、人口減少問題を克服し、将来にわたって地域の活力を維持するため、地方創生の総合戦略に掲げた各種施策を展開してきたところであり、合計特殊出生の上昇や出生数の維持など一定の成果が見られる一方で、若年層を中心に東京や福岡など大都市圏への転出超過の傾向が続いていることから、さらに社会動態の改善を進めることが重要であると考えております。   もっと読む
2018-02-27 鹿児島市議会 平成30年第1回定例会(2・3月)-02月27日−04号 四点目、本市の人口増加に向けてでありますが、第一、本市の各種の出産・育児など、主な子育て支援策と直近五年間の出生、出生数の状況、傾向をお聞かせください。  第二、本市の結婚相談所に関し、直近五カ年の利用状況と婚約成立の状況をお示しください。あわせて、平成二十八年度の健康福祉局への所管がえ後について、この二年間での新たな結婚支援の取り組みと効果をお聞かせください。   もっと読む
2018-02-22 霧島市議会 平成30年第1回定例会(第4日目 2月22日) そのためには出生の向上などによる自然減の抑制と移住定住促進による社会減の抑制を図るとともに,安心して生活できる地域社会の形成に取り組んでいく必要があると考えます。その一環の早急な課題として,子育てをみんなで支え合う子育て環境の充実が重要であると思います。 もっと読む
2018-02-20 霧島市議会 平成30年第1回定例会(第2日目 2月20日) 各成果指標の進捗状況としましては,順調に推移している指標がある一方で,新規創業件数,合計特殊出生の二つの指標では,策定時の基準値を下回る結果となっております。そのため,これら2指標の成果向上につながる取組として,公約等で掲げております女性・若者の起業支援や,出産から育児,就学,就職,結婚までの総合的支援による子育て環境「日本一」のまちづくりなどを積極的に推進してまいりたいと考えております。 もっと読む
2017-12-21 霧島市議会 平成29年第4回定例会(第5日目12月21日) また,移住定住施策や子育て支援などの充実による出生の向上に加え,若者の定住化策等の推進による人口増加対策を講じることにより,2060年に,目標人口13万人を実現しようとする,霧島市ふるさと創生総合戦略を策定しており,この総合戦略に基づき,全国各地に霧島市の魅力をPRすることや移住を検討されている方へのきめ細かな支援,移住体験研修事業や空き家バンクの実施などの取組を通じて,幅広い世代の中山間地域への もっと読む
2017-12-18 霧島市議会 平成29年第4回定例会(第2日目12月18日) また,移住定住施策や子育て支援などの充実による出生の向上に加え,若者の定住化策等の推進による人口増加対策を講じることにより,2060年に目標人口13万人を実現しようとする,「霧島市ふるさと創生総合戦略」を策定しており,この「総合戦略」に基づき,全国各地に霧島市の魅力をPRすることや移住を検討されている方へのきめ細かな支援,移住体験研修事業や空き家バンクの実施などの取組を通じて,幅広い世代の中山間地域 もっと読む
2017-06-20 鹿児島市議会 平成29年第2回定例会(6月)-06月20日−03号 また、子育て支援政策、つまり、保育サービス、産休・育休、児童手当などが他のいかなる政策よりも労働生産性、経済成長率、出生を引き上げ、子供貧困、自殺率を低下させるとの見解も示されております。乳幼児期における公的投資に力を注ぐことは、ひいては鹿児島の経済発展につながると言っても過言ではないということであります。今まで以上に乳幼児期の支援策に重点を置くべきと認識を新たにいたしました。   もっと読む
2017-06-20 鹿児島市議会 平成29年第2回定例会(6月)-06月20日−03号 また、子育て支援政策、つまり、保育サービス、産休・育休、児童手当などが他のいかなる政策よりも労働生産性、経済成長率、出生を引き上げ、子供貧困、自殺率を低下させるとの見解も示されております。乳幼児期における公的投資に力を注ぐことは、ひいては鹿児島の経済発展につながると言っても過言ではないということであります。今まで以上に乳幼児期の支援策に重点を置くべきと認識を新たにいたしました。   もっと読む
2017-06-14 霧島市議会 平成29年第2回定例会(第3日目 6月14日) 結婚をしないと出生も言えないです。結婚をして初めて出生が上がったとどうかというのが言えるのであって,まず私は人口を増やすには結婚,それには若者がいっぱいいる霧島市しかないんですよ。これをよその市に言っても始まらない。霧島市だから,若者がたくさんいるから,働く場がたくさんあって,そういうところに勤める若い男女がいるから,霧島市だから言える問題だと私は思います。 もっと読む
2017-06-14 霧島市議会 平成29年第2回定例会(第3日目 6月14日) 結婚をしないと出生も言えないです。結婚をして初めて出生が上がったとどうかというのが言えるのであって,まず私は人口を増やすには結婚,それには若者がいっぱいいる霧島市しかないんですよ。これをよその市に言っても始まらない。霧島市だから,若者がたくさんいるから,働く場がたくさんあって,そういうところに勤める若い男女がいるから,霧島市だから言える問題だと私は思います。 もっと読む
2017-06-13 霧島市議会 平成29年第2回定例会(第2日目 6月13日) 特に霧島市の場合は,合計特殊出生が全国平均よりも鹿児島県平均よりも赤ちゃん誕生の数が多いです。そういう意味でも,ほかのまちに負けない仕組みをしっかりと積極的な対処・対応をすることによって,総合的に見て子育て支援,子育てがしやすいまち,そして最終的には人口増にこのことがつながり,そして我がまちに勢いが出てくるという方向に最大の努力を傾けてまいりたいと思います。 もっと読む
2017-06-13 霧島市議会 平成29年第2回定例会(第2日目 6月13日) 特に霧島市の場合は,合計特殊出生が全国平均よりも鹿児島県平均よりも赤ちゃん誕生の数が多いです。そういう意味でも,ほかのまちに負けない仕組みをしっかりと積極的な対処・対応をすることによって,総合的に見て子育て支援,子育てがしやすいまち,そして最終的には人口増にこのことがつながり,そして我がまちに勢いが出てくるという方向に最大の努力を傾けてまいりたいと思います。 もっと読む
2017-03-08 鹿児島市議会 平成29年第1回定例会(2・3月)-03月08日−09号 次に、急激な人口減少は、地域経済社会に大きな影響を与えていくことが危惧されることから、本市の人口ビジョンにおきましては、出生の上昇を図りつつ、人口移動を均衡させ、二〇六〇年の長期的な目標として将来人口五十一万五千人の維持を目指していくこととしております。 もっと読む
2017-03-08 伊佐市議会 平成29年第1回定例会(第4日目) 本文 2017年03月08日開催 ◯16番(福本 千枝子議員)  10年前からしますと、出生も非常に悪うございまして、生まれる子どもさんが少なく、亡くなられる方も多くなってきているわけでありますが、これがどんどんどんどんこの先続いていくのかなというのも、大変心配もいたしております。 もっと読む
2017-03-08 鹿児島市議会 平成29年第1回定例会(2・3月)-03月08日−09号 次に、急激な人口減少は、地域経済社会に大きな影響を与えていくことが危惧されることから、本市の人口ビジョンにおきましては、出生の上昇を図りつつ、人口移動を均衡させ、二〇六〇年の長期的な目標として将来人口五十一万五千人の維持を目指していくこととしております。 もっと読む
2017-03-07 伊佐市議会 平成29年第1回定例会(第3日目) 本文 2017年03月07日開催 希望出生も伊佐市の場合は高いですが、ぜひ子どもたちのために住みやすい伊佐市にしてほしいと思います。鹿児島県の中でも八つしかないということですが、やっぱりおくれないように、よろしくお願いいたします。  それと、伊佐市の公園の実態とこれからの公園管理について質問をいたします。  伊佐市の公園の維持管理ができているのか。 もっと読む
2017-02-28 鹿児島市議会 平成29年第1回定例会(2・3月)-02月28日−05号 言うまでもなく、少子化の流れに歯どめをかけていく上では、若い世代が結婚・出産・子育ての希望を実現することで出生の向上につなげていくことが重要であり、そのためには安心して結婚し、子供を産み育てることができる環境を整備しなければなりません。 もっと読む