1939件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鹿屋市議会 2025-06-25 06月25日-03号

昨年度も質問しましたが、今回は、子供たちの人権を守るという視点に立って、いじめ児童虐待などについてお伺いいたします。 いじめ原因で命を絶つ児童生徒や、いじめ原因で不登校になる児童生徒の問題は、いまだに絶えることがありません。先生が悪い、学校が悪い、教育委員会が無責任だと悪者探しをすることで解決できるものではありません。

南九州市議会 2024-10-02 10月02日-05号

ことし夏休みの前後で設置工事が完了し,児童生徒,そして先生方にとって,この上もない喜びになりました。我が党はこの間,一貫して文科省が示す教室適正管理を指摘し,夏場の猛暑が続くとき,その改善策を求めてきました。 昨年,全国的に熱中症が多発する中でエアコン設置を求める声が全国で,また南九州市でも保護者子ども学校関係者から声が広がり,政府が予算を計上する中での今回の事業となりました。 

鹿屋市議会 2021-12-19 12月19日-05号

医療的ケア児への支援体制小学校・中学校児童生徒の4人に1人が学校給食や修学旅行などの費用が払えない、準要保護児童生徒があること、その背後には、母子家庭の半数以上が貧困家庭であることなどなど、政治が支援してくれるのを、行政が支援してくれるのを待っている多くの市民がいることを忘れてはなりません。 ○議長(宮島眞一君) 時吉議員討論は簡潔にお願いします。

鹿屋市議会 2021-09-30 09月30日-05号

次に、民生費児童福祉費について申し上げます。 県民健康プラザ健康増進センター内への子育て支援施設の整備については、一部、企業版ふるさと納税を活用するとのことであるが、活用できる期限があるのかとの質疑があり、これについては、内閣府に地域再生計画を申請することとなっており、現在申請中で、11月中旬に認可される予定となっている。 

鹿屋市議会 2021-06-26 06月26日-04号

加えて、鹿屋児童手当事務取扱規則において、受給資格の申し出による学校給食費等費用徴収などに係る事務処理を明記しています。これは全ての受給資格者対象で、希望があれば申出書に同意するだけで、児童手当の額から学校給食費の額を徴収、控除できるといった仕組みであります。 児童手当を活用することで、確実に未納が減少いたします。

南九州市議会 2020-11-29 11月29日-03号

主な理由として,民生費児童福祉費保育所関係費で,事業名私立保育所等運営費に8,797万9,000円計上されております。これは,安倍内閣幼児教育無償化が10月から実施されたことに伴う幼児教育保育無償化による給付費の増額並びに平成30年度実績確定に伴う子どものための保育給付費負担金超過分返還額の補正です。 

鹿屋市議会 2020-11-29 11月29日-01号

次に、2点目は、市道・県道を含む全ての道路のセンターラインサイドライン横断歩道の白線など消えている箇所が多いことから、児童生徒歩行者等安全性確保の観点からも早期の改良をお願いしたい。 次に、3点目は、選挙啓発費について、各種選挙投票率は、低下傾向にあることから、投票率を上げるために期日前投票所をふやしていただきたい。 以上、要望いたしました。 次に、討論について申し上げます。 

南九州市議会 2020-11-21 11月21日-02号

これとは別に,ひとり親家庭における医療費助成制度は,高校卒業の18歳まで,重度心身障害者医療費助成制度は,年齢にかかわらず適用されていることも踏まえ,本制度は,代表的な公的扶助である児童手当受給対象と同一の義務教育修了前までとする現行制度を継続してまいりたいと思います。 以上でございます。 ◆議員(大倉野由美子)  災害問題につきまして,質問をしてまいりたいと思います。 

鹿屋市議会 2020-09-17 09月17日-02号

今回、道徳は一領域から正式の教科となりましたが、教科となったことで児童生徒発達段階に応じた目標が設定され、検定教科書を用い、原則として週1回担任教師による授業を行うようになります。この授業では、例えば多様な考え方のできる道徳的課題を一人一人の児童生徒が自分のこととして捉え、しっかりと向き合う「考える道徳」、「議論する道徳」が展開することになります。

南九州市議会 2020-09-03 09月03日-01号

次に,質問4,放課後児童クラブ運営についての1番目,運営困難となっている事業所への支援策について。 本市における放課後児童クラブ数は,本年5月1日現在19クラブで,このうち南九州放課後児童健全育成事業補助金交付要綱に基づき,補助金交付を受けているクラブが15クラブ,市が直接運営しているクラブが1クラブ,残る3クラブ保育所等自主事業として運営している状況です。 

鹿屋市議会 2020-07-03 07月03日-05号

まず、議案第15号鹿屋児童センター条例の一部改正については、鹿屋児童センター遊戯室及び集会室使用時間帯による使用料を改定するとのことであります。 次に、議案第19号鹿屋串良温泉センター条例の一部改正については、鹿屋串良温泉センターの浴場の大人1回、または1日当たりの使用料を、20円から30円増額する。