546件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

伊佐市議会 2020-03-04 令和2年第1回定例会(第3日目) 本文 2020年03月04日開催

そうした中、3月の卒業式シーズンに入り、式を短縮するのは賛成ですが、保護参加できない卒業式に意味があるのか。仕方ないと肩を落とす関係保護の姿は、本当に残念な状況で、危機的事態にあると思います。  過去に例のない状況で、対応に追われて大変な状況だとは察しますが、伊佐市としても、危機感への対応が余り伝わらないのも事実ではないでしょうか。

伊佐市議会 2020-02-28 令和2年第1回定例会(第2日目) 本文 2020年02月28日開催

それと、市内企業ガイダンスの事業の成果ということにつきましては、伊佐市内の企業、事業所の労働力を確保すべく、中学生、高校生とその保護を中心に、一般の人も対象に合同説明会を開催しております。令和元年度に開催した説明会においては中高生17人を含む30人の方に来場いただきました。

霧島市議会 2020-02-27 令和 2年第1回定例会(第4日目 2月27日)

二つ,生活保護への生活管理,指導はどのように行っているか伺います。三つに,不正受給の状況についてお伺いいたします。以上,壇上からの質問は終わりますが,答弁によりまして再質問をお願いし,終わります。 ○市長(中重真一君)  下深迫議員から3問の御質問がありました。1問目の1点目及び2点目は私が,2問目の5点目は教育委員会が,そのほかは関係部長がそれぞれ答弁します。

霧島市議会 2020-02-25 令和 2年第1回定例会(第2日目 2月25日)

こども館については,遊びの体験を通じて,幼児期における基礎体力や運動能力が向上し,発想力,想像力が育成されるなど,子供たちにとって健やかな成長と学びの場となり,さらに,子育て世代保護にとってもいろいろな人と出会い,保護同士の交流の中で子育ての不安や悩みを解消できるような施設になるよう考えています。

霧島市議会 2019-12-12 令和元年第4回定例会(第6日目12月12日)

ケースワーカーは被保護と信頼関係を築きながら,利用者の援助,自立に向け利用者に寄り添ったケースワークをすることが大切です。その一方では,不正受給がないか,収入,資産調査も行っております。信頼と疑いのはざまで大変ストレスを感じながらの業務であると聴いております。ケースワーカーのメンタルが保たれていなければ利用者に寄り添うことはできません。

霧島市議会 2019-12-11 令和元年第4回定例会(第5日目12月11日)

面談などは生徒や保護希望を優先して決定していくということだそうですけれども,これについてはどう思われますか。 ○学校教育課長(芝原睦美君)  全員担任制に関する評価は差し控えますが,担任だけでなく他の教員道徳等の授業を行っている学校は本市にもございます。また,児童生徒が先生に相談しやすい環境を作ることはとても大切なことであると考えます。

霧島市議会 2019-12-10 令和元年第4回定例会(第4日目12月10日)

このような場合には,生徒,保護学校が事前に十分に話し合い,まずは休部の措置をとり,さらに,休部の状態が続くようであれば,次年度以降の入部希望者の推移などを踏まえ,保護に事前説明した上で,廃部を検討することになります。廃部になれば,それ以降の部員の受入れや顧問の配置はなされないことになります。次に,3点目にお答えします。

霧島市議会 2019-12-09 令和元年第4回定例会(第3日目12月 9日)

○市長(中重真一君)  今回提案しておりますのは高校生の通学資金等に対する貸与の条例でございまして,大学専門学校,短大に行く,霧島市内の保護がいる子供たちの奨学金については,平成29年度に創設しました霧島市に帰ってきて,霧島市に住んで,霧島市で働けば5年で半額,10年で全額無償といった制度がございますので,今回はあくまでも通学のほうでございまして,これまでカバーできなかった通学の部分を今回新たに

伊佐市議会 2019-12-06 令和元年第4回定例会(第4日目) 本文 2019年12月06日開催

それから、保護が一部負担をすることで、きずながしっかりするというお話があるということを引き合いに出されたんですが、ここも、私は全然わかりませんでした。なぜ一部負担をすることで、保護と子どものきずながしっかりしてくるのかということはわからないというふうに申し上げておきたいと思います。  

伊佐市議会 2019-12-02 令和元年第4回定例会(第2日目) 本文 2019年12月02日開催

教育長(森 和範君)  結局、伊佐市内には耳鼻咽喉科の先生がいらっしゃらないわけですので、健診をしていただいた先生を保護紹介する、または、それを一つに限定しないで、さつま町、姶良市、そこにもいらっしゃいますので、子どもたちが受診しやすい、保護が連れていきやすいところの医師紹介してもらうというところが今のところは考えられる方法だと思っております。

霧島市議会 2019-10-07 令和元年第3回定例会(第6日目10月 7日)

ただ,説明会の際,保護から土砂どめが作れないかとの提案があり,法人側としては,園舎の北側に土砂どめを設置するという考えで進んでいる」との答弁。「民営化をしてきた園等で,その後の保育環境に対してのトラブルや苦情,何か問題が出たケースがあるのか」との質疑に,「現在までに5園,民営化したが,特に保護からの苦情等は寄せられていない。

霧島市議会 2019-09-12 令和元年第3回定例会(第4日目 9月12日)

子育て支援課長(砂田良一君)  今回のアンケートにつきましては,幼稚園保育園等の保護を対象に含めて行っておりますが,特にこの施設利用者の保護につきましては,回答率というのが6割を超えておりましたので,こども館への関心というのが高いのではないかというふうに考えているところでございます。 ○1番(山口仁美君)  私もそのように思います。