運営者 Bitlet 姉妹サービス
28件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2
日付議会議事録名議事録内容
2017-09-07 霧島市議会 平成29年第3回定例会(第4日目 9月 7日) 現行でのチェック機能として,議会や監査委員制度,住民訴訟など,市長以外の機関が行うとされてきています。これからの人口減社会において,地方公共団体が担う重要な役割や総合行政主体として広範な事務を処理していることを踏まえれば,これらの制度を有効に機能させ強化しながら,リスクの可視化や役割分担の明確化,監視の強化など,地方公共団体が事務を適正にするために内部統制制度の導入が必要であります。 もっと読む
2017-09-07 霧島市議会 平成29年第3回定例会(第4日目 9月 7日) 現行でのチェック機能として,議会や監査委員制度,住民訴訟など,市長以外の機関が行うとされてきています。これからの人口減社会において,地方公共団体が担う重要な役割や総合行政主体として広範な事務を処理していることを踏まえれば,これらの制度を有効に機能させ強化しながら,リスクの可視化や役割分担の明確化,監視の強化など,地方公共団体が事務を適正にするために内部統制制度の導入が必要であります。 もっと読む
2014-12-08 鹿屋市議会 平成 26年12月定例会-12月08日−02号 熊本県御船町の竹バイオマス事業問題については、国の補助金約3億円の返還を町が肩がわりしたことを違法として住民訴訟となり、熊本地裁が国の補助金約3億円のうち約1億円は、事業会社が既に複数の金融機関から融資を断られているにもかかわらず、町が支出したことを違法として、町長に1億円を請求するよう町に命じたものと新聞報道で承知しております。   もっと読む
2014-12-08 鹿屋市議会 平成 26年12月定例会-12月08日−02号 熊本県御船町の竹バイオマス事業問題については、国の補助金約3億円の返還を町が肩がわりしたことを違法として住民訴訟となり、熊本地裁が国の補助金約3億円のうち約1億円は、事業会社が既に複数の金融機関から融資を断られているにもかかわらず、町が支出したことを違法として、町長に1億円を請求するよう町に命じたものと新聞報道で承知しております。   もっと読む
2014-09-11 霧島市議会 平成26年第3回定例会(第4日目 9月11日) また,「法令順守」,「行政統治」といった視点がクローズアップされ,争訟や住民訴訟等にも的確に応えうる行政運営も必要となっております。 もっと読む
2014-09-11 霧島市議会 平成26年第3回定例会(第4日目 9月11日) また,「法令順守」,「行政統治」といった視点がクローズアップされ,争訟や住民訴訟等にも的確に応えうる行政運営も必要となっております。 もっと読む
2014-06-10 霧島市議会 平成26年第2回定例会(第2日目 6月10日) また,民間企業と同様にコンプライアンス(法令順守),コーポレート・ガバナンス(行政統治)といった視点がクローズアップされ,争訟や住民訴訟等にも的確に応えうる行政運営が必要となっており,「地域に根ざした政策を自ら立案できる」,「地域の諸問題に対して法を生かした解決策を自ら導き出せる」といった能力を持った人材の確保が必要となっております。 もっと読む
2014-06-10 霧島市議会 平成26年第2回定例会(第2日目 6月10日) また,民間企業と同様にコンプライアンス(法令順守),コーポレート・ガバナンス(行政統治)といった視点がクローズアップされ,争訟や住民訴訟等にも的確に応えうる行政運営が必要となっており,「地域に根ざした政策を自ら立案できる」,「地域の諸問題に対して法を生かした解決策を自ら導き出せる」といった能力を持った人材の確保が必要となっております。 もっと読む
2013-09-30 鹿屋市議会 平成 25年 9月定例会-09月30日−05号 7点目、もうここに来て百条調査委員会設置を拒む理由はもはや何もなくなっており、いたずらに引き延ばしや、2度も百条委員会設置を拒むようでは、時間の経過とともに今後は、市民の目は市や当該事業者ばかりではなく議会にも疑惑の目が向けられたり、また、住民訴訟ともなれば損害賠償訴訟まで発展しかねない状況が予測をされること。   もっと読む
2013-09-30 鹿屋市議会 平成 25年 9月定例会-09月30日−05号 7点目、もうここに来て百条調査委員会設置を拒む理由はもはや何もなくなっており、いたずらに引き延ばしや、2度も百条委員会設置を拒むようでは、時間の経過とともに今後は、市民の目は市や当該事業者ばかりではなく議会にも疑惑の目が向けられたり、また、住民訴訟ともなれば損害賠償訴訟まで発展しかねない状況が予測をされること。   もっと読む
2013-02-20 鹿児島市議会 平成25年第1回定例会(2・3月)-02月20日−03号 政務調査費をめぐっては、住民監査請求や返還を求める住民訴訟が全国で起こり、昨年、本市議会では、年度末の駆け込み支出が新聞社の取材により指摘されました。また、鹿児島県議会議員が、一昨年のみずからの選挙運動期間中に、選挙区内で開かれた有権者らの会合への参加を調査活動に当たるとし、政務調査費を支出していたことも発覚しています。 もっと読む
2013-02-20 鹿児島市議会 平成25年第1回定例会(2・3月)-02月20日−03号 政務調査費をめぐっては、住民監査請求や返還を求める住民訴訟が全国で起こり、昨年、本市議会では、年度末の駆け込み支出が新聞社の取材により指摘されました。また、鹿児島県議会議員が、一昨年のみずからの選挙運動期間中に、選挙区内で開かれた有権者らの会合への参加を調査活動に当たるとし、政務調査費を支出していたことも発覚しています。 もっと読む
2012-09-14 霧島市議会 平成24年第3回定例会(第5日目 9月14日) ○21番(岡村一二三君)  この神社・仏閣など政教分離住民訴訟もあるようですが,その判断はどうされているんですか。政教分離住民訴訟というのもあるわけなんですが,訴訟もありますよね。そういったものについての判断はどう考えていらっしゃったのか。 もっと読む
2012-09-14 霧島市議会 平成24年第3回定例会(第5日目 9月14日) ○21番(岡村一二三君)  この神社・仏閣など政教分離住民訴訟もあるようですが,その判断はどうされているんですか。政教分離住民訴訟というのもあるわけなんですが,訴訟もありますよね。そういったものについての判断はどう考えていらっしゃったのか。 もっと読む
2012-01-09 伊佐市議会 平成24年第4回定例会(第5日目) 本文 2013年01月09日開催 自治体は地方自治法並びに地方自治法施行令でありますが、自治体の場合では直接民主的な発想が私債権の管理のあらゆる段階で持ち込まれ、住民の直接選挙で選ばれた議員で構成された議会の議決を得なければ債権を放棄できないこと(地方自治法96条)や、自治体が徴収を行ったことにより私債権を消滅させたときに住民監査請求、住民訴訟が制度化されております。 もっと読む
2010-04-13 南九州市議会 平成 22年 第 3回臨時会( 4月)-04月13日−01号 次に,住民訴訟において,まあ,これは,弁護士を立てなくても立てても,どちらでもとれると思っております。あるいはまた,市長が自ら自分のお金でもって弁護士を立てることも可能だろうと思っております。そこで,住民訴訟において,弁護委託料を計上できる規定がどこにあるのか,それをお示しいただきたい。   もっと読む
2010-03-26 南九州市議会 平成 22年 第 2回定例会( 3月)-03月26日−04号 これらの自治法上の3カ所に觝触する当給食センターの予算が執行されれば,違法による財務会計上の行為に当たり,住民監査請求の対象となり,住民訴訟の対象になると考えます。これは1人の市民でも住民監査請求,住民訴訟ですが,これは1人の市民でも意思によって成立しますが,住民訴訟に至れば霜出市長は最後は裁判所の判断によりますが,最高5億を超える支払い命令を受ける可能性があるものと考えます。   もっと読む
2007-09-14 霧島市議会 平成19年第3回定例会(第5日目 9月14日) そこで若干これから何点か質問をさせていただきますが,まず初めに平成14年3月に公布された地方自治法等の一部改正法は,住民監査請求,住民訴訟制度の改革など住民が政治に参画することを目的とした主な内容となっているわけです。したがって,先ほど申し上げましたように,今日では全国各地でオンブズマンや住民の監査請求や住民訴訟など直接請求の動きがなぜ広がっていると思考されていらっしゃるのか。 もっと読む
2007-09-14 霧島市議会 平成19年第3回定例会(第5日目 9月14日) そこで若干これから何点か質問をさせていただきますが,まず初めに平成14年3月に公布された地方自治法等の一部改正法は,住民監査請求,住民訴訟制度の改革など住民が政治に参画することを目的とした主な内容となっているわけです。したがって,先ほど申し上げましたように,今日では全国各地でオンブズマンや住民の監査請求や住民訴訟など直接請求の動きがなぜ広がっていると思考されていらっしゃるのか。 もっと読む
2006-02-15 鹿屋市議会 平成 18年 2月臨時会-02月15日−01号 公職選挙法第15条第8項の特別の事情の違法性、いわゆる裁判になったときのことがとやかく言われていますが、具体的な住民訴訟の判例もないものを、住民訴訟が起きたときのことを想定する議論は、譲り合いの気持ちがない中での議論であります。この住民訴訟は、起きたときに司法の場で判断するほかはないとされております。   もっと読む
  • 1
  • 2