10件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

伊佐市議会 2018-12-07 平成30年第4回定例会(第5日目) 本文 2018年12月07日開催

日本語では「大衆主義」や「人民主義」などのほか、否定的な意味を込めて「衆愚政治」や「大衆迎合主義」などとも訳されています。  近年では、複雑な政治的論争を単純化して、いたずらに民衆の人気取りに終始し、真の政治的解決を回避するものとしてポピュリズムを「大衆迎合」と訳したり、「衆愚政治」の意味で利用する例が増加している。

霧島市議会 2012-12-05 平成24年第4回定例会(第3日目12月 5日)

最後になりますけれども,先般の財政が厳しい中で,新聞の中に「国家人民のために立てたる君にて,君のために立てたる国家人民はこれなく候」ということで,恐らく市長なんかは御存じだと思いますけれども,私なんかあえて言いますと,米沢藩の上杉鷹山先生のお言葉でございます,逼迫した財政を立て直したですね。「藩主のために領民があるのではなく,領民のために藩主がある」と,市長も正にそのとおりですよ。

霧島市議会 2012-06-15 平成24年第2回定例会(第5日目 6月15日)

人民日報は,尖閣は革新的利益であり,日本実効支配破壊するためにどんな機材も準備すると宣言した。これは,強盗に入るぞということである。尖閣諸島購入は,本当は国が買うべきで,東京がやるのは筋違いだが,やらざるを得ない。強盗に入ると言われて戸締りをしない国がどこにあるか。購入に向けても寄付金も11億円を超した。日本人も捨てたものじゃない。沖ノ鳥島でも漁礁を構築し,日本漁船が出航するようになった。

霧島市議会 2010-10-08 平成22年第3回定例会(第6日目10月 8日)

中国共産党機関紙「人民日報」は,1953年1月の「米国の占領に反対する琉球群島人民の闘争」と題した記事に,琉球群島尖閣諸島など七つの島嶼からなっていると明記しています。また,中国国内で発行された地図にも,尖閣諸島中国の外に記載をされています。以上,述べましたように,尖閣諸島日本領土であることは,歴史的にも国際法上も明確な根拠があります。

霧島市議会 2008-12-02 平成20年第4回定例会(第1日目12月 2日)

6,「共生・協働のまちづくり」,国際交流につきましては,10月11日から3日間の日程で,中国から瀏陽市人民政府経済貿易調査団9名が市制3周年の記念霧島市花火大会の開催に合わせて訪問をされ,意見交換会や市内の行政視察を実施するなど,両市の相互理解を深め,昨年10月に締結をした友好交流協議書に基づき,今後も交流を推進していくことを確認いたしました。

霧島市議会 2007-03-06 平成19年第1回定例会(第3日目 3月 6日)

参加国の米国,中国ロシアは大国の利害のみで連携し,韓国は朝鮮人民の同胞として融和政策をとり,日本1か国が蚊帳の外であることが明確になったのであります。安倍総理はこれを受け,「速やかに拉致問題の解決なくして国交正常化なし。」と明言をいたしました。私も拉致問題に取り組んでいる地方議員の一人として安倍総理を強く,高く支持するものであります。

姶良市議会 1980-07-03 07月03日-03号

私もいろいろとこの自治ということやら、政治参加ということについても、市民の皆様にお話をしているわけでありますが、そういう中でよく例えられるのが、リンカーン大統領演説の中に、「人民人民による人民のための政治」というのがございますが、これが民主主義の原則を明確に表明しているというふうに、私もかねてから捉えておりまして、そういう意味でこのコミュニティに参画する、そしてそれを自己責任のもとにいろいろとつくり

  • 1