257件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

霧島市議会 2019-07-05 令和元年第2回定例会(第6日目 7月 5日)

このほか,保育所等の整備に関する経費,風疹予防接種の拡充,農政畜産関係で,国県の100%補助での大型施設整備に要する経費,国民体育大会等推進事業費など,各般にわたっての事業費を計上し,必要な予算措置であることから,賛成であるとの討論がありました。採決の結果,議案第50号は,賛成多数で原案のとおり可決すべきものと決定しました。

伊佐市議会 2019-06-13 令和元年第2回定例会(第3日目) 本文 2019年06月13日開催

そうした中にあって、予防接種は、生命を脅かす感染症を制御し回避するために証明された、最も費用対価の高い公衆衛生上の介入の一つであると考えます。  そして、日本予防接種制度は、予防接種法に基づいて市町村が原則無料で行っている定期予防接種と、任意で受ける有料の任意予防接種がありますが、本市では、任意予防接種であるロタウイルス予防接種を全額公費助成していて、無料で受けられます。

伊佐市議会 2019-06-05 令和元年第2回定例会 目次 2019年06月05日開催

  1 一般質問     (6) 3番 岩元 努 議員  ………………………………………………………………70      ア ドリームカムトゥルーハウスの現状と今後の具体策について      イ 森林環境税導入に伴う、林業活性化策について      ウ ホームページリニューアルの現状について     (7) 2番 武本 進一 議員  ……………………………………………………………84      ア 予防接種

霧島市議会 2018-12-07 平成30年第4回定例会(第5日目12月 7日)

既にアメリカの疾病対策センターは,予防接種や感染歴のない妊婦は訪日しないよう国民に呼び掛けています。ただならぬ事態に,厚労省は定期予防接種の機会がなかった39歳から56歳の男性に重点的に抗体検査やワクチン接種をすると方針を決めたのです。私が通告を出した次の日でした。風疹で注意したいのは,妊婦や妊娠を希望する女性のいる家庭です。

霧島市議会 2018-12-05 平成30年第4回定例会(第3日目12月 5日)

2問目に,インフルエンザ予防接種についてお伺いします。今年もインフルエンザのはやる時期に入ってきました。また,予防接種の時期でもあり,今接種が行われております。定期予防接種ではなく任意であり,希望する人だけに接種されます。65歳以上の人には助成がありますが,以外の人には助成はありません。家計にも大きな負担となります。せめて子供に対する接種料金を無料にできないか。

垂水市議会 2018-10-04 平成30年  9月 定例会(第3回)-10月04日−06号

新規に小中学生のインフルエンザ予防接種に1回当たり2,000円の助成、社会福祉議会が入っている永利町の総合福祉センターにエレベーターの設置、国体を間近に控え、樋脇屋外人工芝競技場の人工芝張りかえ、住宅リフォーム助成制度の継続事業など、評価できるものもあります。  しかし、本予算で最も重大なのは、コンベンション施設建設費が文化ホールとの統合化で増大していることであります。

霧島市議会 2018-06-14 平成30年第2回定例会(第4日目 6月14日)

これは,すなわち自費で予防接種されている方が多いということではないでしょうか。市では,自費で接種されている人数を把握されていますか。三つ,第2次総合計画に安心して子供を産み,育てられる環境の充実とありますが,であるならば,国の定期接種化を待たず,先駆的に霧島市子育て政策としてワクチン接種の助成を行ってはどうでしょうか。次に,持続可能な国民健康保険事業の運営について質問します。

垂水市議会 2018-03-06 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月06日−04号

罹患する確率、重症化する確率を抑え確実に免疫力を高める予防接種。飛沫感染する機会を減少する咳エチケット、マスク着用。他人から感染することが多いことから、可能な限り人混みや混雑する場所を避ける。体力が低下すると免疫力が落ち、感染しやすくなることから、バランスのとれた食事、十分な睡眠。

伊佐市議会 2018-02-28 平成30年第1回定例会(第2日目) 本文 2018年02月28日開催

そのために、伊佐市では、子どもひとりひとりの個性や家庭の状況に応じた子育て地域の重要課題として捉え、予防接種の全額助成をはじめ、子ども交流支援センターによる児童発達支援や子育て全般に関する相談への対応など、伊佐で子どもを育ててよかったと感じられる施策を保健医療教育福祉ネットワークによる県内屈指の支援体制でサポートしていきますと記載されています。  

伊佐市議会 2017-12-08 平成29年第4回定例会(第4日目) 本文 2017年12月08日開催

こういうのについて、まずは予防という観点からワクチンでの取組、またワクチンの中でもまだ開発されていないワクチンとかが多くありますけれども、開発されたらそういうワクチンを率先して導入し、最終的には定期予防接種まで持っていけるような感じがいいのかなということで思っております。  

霧島市議会 2017-06-15 平成29年第2回定例会(第4日目 6月15日)

4,フッ化物洗口学校で行うことについて,予防接種が個別に移行したこととの関連の記述があります。貧困家庭は虫歯が多い,その救済の為にフッ化物洗口を実施するとも読めます。詳しく説明願います。5,フッ化物洗ロが普及してこなかった理由として,インターネット等を通し正しい情報が伝わっていない。不安をあおっている。

垂水市議会 2017-03-03 平成29年  3月 定例会(第1回)-03月03日−02号

次に、個別の案件でありますが、市民健康課で新規予算として上げられた子どものインフルエンザ予防接種にかかわる感染予防事業についてお伺いをします。  ことしもインフルエンザが猛威を振るい、鹿児島市病院インフルエンザによる入院患者死亡事故も発生しました。その後、病院の見舞いに関しても規制がかけられ、身内以外、病室に入ることはできず、担当者による発熱や健康チェックをするといった物々しさです。