7件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

霧島市議会 2019-03-28 平成31年第1回定例会(第7日目 3月28日)

その他の重点事業としては,総合診療への取組,外傷・フレイル疾患への対応強化,脊椎・脊髄疾患への対応強化,予防医学健康増進の充実のほか,腎尿路系疾患への対応強化として,透析中の患者糖尿病等の合併症を持った患者の周術期対応を行うため,透析設備の整備や常勤の専門医の確保など,充実した診療体制の構築に努める。

霧島市議会 2009-09-11 平成21年第3回定例会(第5日目 9月11日)

老人福祉については,これからは高齢者主導として,一つには老人力・老人パワーを生かした自己満足の余暇利用型社会,二つにはこれまでの受身の福祉サービスから社会に貢献する参加社会,三つには,病気治療よりも予防医学,レクリエーション等を普及し,死の直前まで完全に燃焼する老衰とは異なる健康管理型社会へと,お年寄りが第二の人生を生きがいを持って社会活動に参加できるように,市行政も対処,転換する時代でもあります

霧島市議会 2007-09-13 平成19年第3回定例会(第4日目 9月13日)

病院に行くなということではなくて,まず予防医学ということを,先ほど壇上からも申し上げましたけれども,医師会ともしっかりとしたやはりそういう協議も行っていただきたいと思います。やはり入院すればお金がかかるんですけど,予防であれば,未然にそれが防げればその医療費の削減になっていくと思っております。財政難で非常に厳しい夕張市,市立病院持っております。どこを,どういう部門をメインに取り組んでいくかと。

霧島市議会 2007-06-15 平成19年第2回定例会(第5日目 6月15日)

その向こうにやはりこの健康市民が増えることによって予防医学,予防医療,そして医療費の削減につながると,こういうことの繰り返しだというふうに強く認識をいたしておりますんで,議員のおっしゃりたいお気持ち,入院をなさった上で周りを見ながら,医師看護師医療スタッフを見て毎日ベッドの中で恐らく四元議員がこれは大事だなということをつくづく肌身で感じられてのお言葉だと思います。よく気持ちは分かります。

霧島市議会 2007-03-07 平成19年第1回定例会(第4日目 3月 7日)

医療費抑制対策として生涯スポーツ予防医学の施策等いろいろありますが,近頃脳梗塞の奇跡の新薬と言われるTPAという薬が発売をされました。そのTPAに関する認識をお伺いします。また,新薬TPAの早急な配備について行政として何ができるか検討すべきであるが,お伺いをするものであります。

霧島市議会 2006-03-08 平成18年第1回定例会(第3日目 3月 8日)

そして,例えば,予防医学という言葉がありますけれども,人間ドック一つにとらまえましてもですね,結局は鹿児島まで行かなければ自分の健康のチェックというものが,順番待ちで,相当な時間と相当な順番待ちをしたり,それなりの手続きをし,鹿児島まで行かなければ,自分の健康チェックも我々のこの県下2番目に大きい市ではでき得ないという状況にあります。しかし,一部その医療センターとしては人間ドックも始めました。

霧島市議会 2005-12-21 平成17年第1回定例会(第1日目12月21日)

さらに、現代社会の状況に対応をし、予防医学の見地から人間ドック受診センターの設立や24時間体制の救急救命医療システムの検討を行うなど、医療体制の充実を図ってまいりたいと思っております。高齢化社会の到来を受け、高齢者の方々が安心していきいきと暮らせる地域づくりを実現するために、社会全体がこれを支えていく仕組みをつくっていく必要があるかと思います。

  • 1