835件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-28 霧島市議会 平成31年第1回定例会(第7日目 3月28日) 議案第5号,霧島市国民健康保険税条例の一部改正について,まず,執行部からの説明では,平成30年度から国保運営の都道府県単位化が実施され,現在,財政運営の責任主体である鹿児島県と市町村とが共同で国保事業の運営を行っている。平成30年度の制度改正に伴い,都道府県は市町村ごとの国保事業費納付金の決定及び標準保険料率等の算定等を行い,市町村は国保税を賦課・徴収し,都道府県に納付金を納めることになっている。 もっと読む
2019-03-05 伊佐市議会 平成31年第1回定例会(第5日目) 本文 2019年03月05日開催 高齢者団体や行政機関は次第に元気こころ館の利用が増えまして、また、合併後はまごし館の利用や、各コミュニティ協議会等の施設が整備されまして高齢者団体等が活用できる場が分散されたことや、コミュニティを初めとする地域主体の集いの場、サロンとか、頭の体操教室、さらには介護予防教室などがございますが、これが各地域で展開されるようになったことで平成26年度以降、高齢者団体や行政機関のいきがい交流センターの利用はほぼございません もっと読む
2019-03-01 鹿児島市議会 平成31年第1回定例会(2・3月) ゼロ予算事業の北部・南部斎場指定管理者導入事業については、墓地、埋葬等に関する法律の中でも火葬は遺体の処理ではなく葬る行為の一部と位置づけられ、公衆衛生の観点からも火葬場の計画、運営は高い公共性が求められるとして、過去、厚生労働省の通達でも運営の主体は地方公共団体が望ましいとされ、やむを得ない場合でも宗教法人か公益法人とされた経緯もあることから、民間への委託はなじまないこと。  もっと読む
2019-02-28 霧島市議会 平成31年第1回定例会(第5日目 2月28日) ○社会教育課長兼文化財グループ長事務取扱(西 潤一君)  作業主体が地域住民,地区自治公民館,あるいは自治会が行うものであれば対象になるということでございます。 ○20番(新橋 実君)  こういった歴史的文化遺産はしっかりと管理することが大事だと思いますよ。今後,こういった史跡がほかにもたくさんあると思います。 もっと読む
2019-02-28 伊佐市議会 平成31年第1回定例会(第3日目) 本文 2019年02月28日開催 この国保につきましては、県が運営の主体に入ってきたという、昨年からの制度の改正によって、私たちも、県の指導といいますか、最終的には県は全体を同じ基準にしようというのがあるかと思います。そこに向けて、それぞれの自治体が内容を改善するようにというようなことでございます。  ですので、そういう中で、私どもが、今おっしゃったそこを見直すというのは、今の段階ではまだ検討する段階ではないと思っております。   もっと読む
2019-02-27 伊佐市議会 平成31年第1回定例会(第2日目) 本文 2019年02月27日開催 ◯市長(隈元 新君)  御存じのとおり、平成30年度より県が財政運営の責任主体となりましてただいま国保を運営しておりますが、県の方針としましては、平成35年度を目標に県下全市町村で算定方式を4方式から3方式へ統一するようになっております。本市では平成30年度より税率改正にあわせて3方式の算定方式にいたしているところでございます。 もっと読む
2019-02-27 霧島市議会 平成31年第1回定例会(第4日目 2月27日) 市報新春号で瀬戸上教育長は,「地元企業や将来に向けた職業観を学び,自分の進路を主体的に選択できる力を養う,キャリア教育充実に努めます」と言われています。本市における社会に対応し得るキャリア教育の取組をお示しください。3点目の人権について伺います。日本国憲法の3大原則の一つが,基本的人権の尊重であります。 もっと読む
2019-02-26 霧島市議会 平成31年第1回定例会(第3日目 2月26日) ○17番(松元 深君)  それでは,当然にその運営主体はないんでしょうが,鹿児島県のK-GAP,それから日本のJ-GAPそれから有機JASの取得認定とかありますが,それに対してもそのような広報等でもお知らせいただければいいんじゃないかなと思いますので,ぜひ,そのような何か取組を。 もっと読む
2019-02-25 霧島市議会 平成31年第1回定例会(第2日目 2月25日) 中国からの誘客を,インバウンドを進めるのに,行政が主体的に取り組んでキャッシュレスに対応しようという取組をしたというのが南日本新聞にも掲載されておりました。それと市が,例えば定期健診,いろいろな健康相談,地域のイベント,そういうものに参加をした方にポイントができるような事業者との取組をしているという事例もぼつぼつ出てきているようです。 もっと読む
2019-02-22 伊佐市議会 平成31年第1回定例会(第1日目) 本文 2019年02月22日開催 また、4月から施行される森林経営管理法に基づき、林業の成長産業化と森林資源の適切な管理の両立を図ることを目的に、市主体の新たな森林管理システムの構築に着手します。  鳥獣害対策では、侵入防止柵の設置や猟友会との連携を図りつつ、鳥獣被害防止計画に基づく有害鳥獣捕獲を進め、農林作物の被害防止に取り組みます。   もっと読む
2019-02-18 霧島市議会 平成31年第1回定例会(第1日目 2月18日) また,確かな学力の定着に向け,学校評価と連動した実効性のある学力向上プランを推進するとともに,教員の資質向上や家庭学習と連動した授業づくりに取り組み,児童生徒の主体的・対話的で深い学びの実現に努めます。 もっと読む
2018-12-26 霧島市議会 平成30年第4回定例会(第6日目12月26日) また,対象地区はどこか」との質疑に,「実施主体は,霧島市しいたけ生産振興会を考えている。現在21名の会員のうち10名の農家を予定している。地区別では,牧園4名,国分隼人6名である」との答弁でした。次に,商工観光部関係について,「西郷公園の空調設備の工事請負費が1,750万円とあるが,この金額はどのように算出したのか。 もっと読む
2018-12-07 霧島市議会 平成30年第4回定例会(第5日目12月 7日) これを目指すための育成支援に力を注いでいきたいといった意味でございまして,強い経営体と申しますのは,例えば農作業の効率化による生産コストを軽減したり,あるいは付加価値の高い作物への転換を推進したり,あるいは生産体制の強化や出荷体制等の強化といったようなことを目的として,補助事業の導入等を主体として推進していこうという内容でございます。 もっと読む
2018-12-06 霧島市議会 平成30年第4回定例会(第4日目12月 6日) ○20番(新橋 実君)  勉強会もされているということなんですけれども,それはどこが主体となってやっているんですか。 もっと読む
2018-12-06 伊佐市議会 平成30年第4回定例会(第4日目) 本文 2018年12月06日開催 伊佐市の御出身で大都市での成功をおさめられた坂元様の経験や、その関連会社の皆様が伊佐市とさつま町をよくしようとお考えになり、地元の支援や産品を生かして新しい大きなビジネスを地元の方が主体となって行えるよう取り組んでいただいているものであります。   もっと読む
2018-12-05 霧島市議会 平成30年第4回定例会(第3日目12月 5日) それから,これは市町村というよりも,事業者が今主体的に取り組んでいるところもたくさんございまして,例えば,鹿児島市のパン屋さんの例なんかで申しましても,その日で売り切らなければいけないものを冷凍して,半値ぐらいで送って,買う方も安くで買えて,そして,商店側も売れ残りがなくなるという取組もあるようでございます。 もっと読む
2018-12-05 伊佐市議会 平成30年第4回定例会(第3日目) 本文 2018年12月05日開催 今、具体的な例としましては、NPOのあったらし会が主体といいますか、運営するということで、ボートの発着所というのが、国土交通省によって整備されておりますし、近いうちだと思うんですけども、そのようなボートによる遊覧というのもできるのではないかなと思っております。   もっと読む
2018-12-04 霧島市議会 平成30年第4回定例会(第2日目12月 4日) グループ制の活用については,所属長の積極的で主体的な取組のもと,職員自身の主体性,自主性の尊重と能力の発揮により職場を活性化できる制度であり,平成20年4月の組織改正において,消防局及び一部の出先機関を除いて導入したところです。 もっと読む
2018-12-01 鹿児島市議会 平成30年第4回定例会(12月) 四点目、入居者の募集や決定は公営住宅法により事業主体である地方公共団体が行うこととされ、指定管理者が行うことができる業務は行政判断が不要な機械的事務、事実行為であり、入居申請の受け付け、入居決定等の通知行為であるとされています。ところが、仮当選者への通知行為の前提となる入居条件の審査基準に関して極めて不明確な問題点が残されています。 もっと読む
2018-11-27 霧島市議会 平成30年第4回定例会(第1日目11月27日) また,平成30年度からは,県が国民健康保険の財政運営の責任主体となり,安定的な財政運営や効率的な事業の確保等の国保運営について中心的な役割を担う新制度が始まったので,制度の安定化が図られていくものと考えているとの説明がありました。 もっと読む