43件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

姶良市議会 2019-06-27 06月27日-05号

では、WHO世界保健機関では、何dB以上に補聴器をつけるように奨励されておりますか。 ◎保健福祉部次長長寿障害福祉課長野村昭彦君) お答えいたします。 国連の世界保健機構WHO)では、41dB以上からの補聴器の着用が推奨されております。 以上でございます。 ◆14番(堀広子君) どういうレベルかといいますと、時々人の言うことがちょっと聞き取れない。

鹿児島市議会 2019-03-01 03月06日-08号

六十五歳という高齢者の年齢の区切りの始まりは諸説あるようですが、昭和四十五年に世界保健機関いわゆるWHOが発表した報告書にあるようであります。現在の日本平均寿命の八十一・〇九歳、女性の八十七・二六歳からすると六十五歳を高齢者とするにはいささか早いように感じますが、まずは高齢者の概念と健康寿命の考え方をお聞かせください。 答弁願います。 ◎健康福祉局長上之園彰君) お答えいたします。 

鹿児島市議会 2018-10-01 09月26日-05号

WHO世界保健機関は、児童生徒百人を上回らない学校規模を勧告しており、OECD加盟国の一学級当たり児童生徒数は小学校で平均二十一・二人の中、日本は二十七・九人となっています。諸外国で学校規模は小さいほうが教育効果が高いと証明されている中、戦後間もなく設定された国の適正規模を小さくするどころか、逆に十二学級から二十四学級と大きく設定したのが本市基本方針です。

鹿児島市議会 2018-10-01 09月25日-04号

報道によりますと、世界保健機関(WHO)は、今月、二〇一六年に世界の十八歳以上の成人の四人に一人に当たる十四億人以上が運動不足とみられ、糖尿病心臓疾患認知症にかかるリスクが高いとの研究結果を発表しました。運動不足の人の割合はアメリカ、四〇%、日本、三六%など高所得国で多く、性別では男性が二三%、女性が三二%の割合運動が不足しているとの結果でありました。

霧島市議会 2018-09-14 平成30年第3回定例会(第5日目 9月14日)

このようなゲーム障害について,WHO世界保健機関は,新たな疾病に位置づける方針としており,厚生労働省は,今後,日本国内への適用について検討を開始するとしています。したがって,現時点では,本市における,いわゆるゲーム障害患者の実態については把握できていないところです。次に,4点目にお答えします。

霧島市議会 2018-06-29 平成30年第2回定例会(第6日目 6月29日)

安全面に対しては,フッ化物洗口液に含まれるフッ化ナトリウムを,体重40㎏の子供が一度に約300人分飲み込んだ場合の致死率が50%であることから,一人分のフッ化物洗口液を誤って飲み込んだとしても命に関わることはなくWHO世界保健機関では虫歯予防に用いるフッ化物がアレルギーの原因となることはないと結論づけており,安全性については十分に検証されている。

鹿屋市議会 2017-09-26 09月26日-03号

WHO世界保健機関でさえ、27年前まで同性愛を精神疾患リストに入れていたのですから、無理解による差別の深さがわかります。 しかし、今、日本の全人口の7%がLGBTであると言われる中、都会にある珍しいことではなく、私たちまちにも傷つき追い込まれている人たちがいるとの危機感から、性的マイノリティーについての人権問題に真正面から向き合う時期がきていると、私は考えます。 

鹿屋市議会 2017-03-07 03月07日-03号

それぞれの回答につきましては、まず1つ目の一番多かった安全性につきましては、WHO世界保健機関厚生労働省など、国内外の専門機関専門団体が一致して科学的に安全であるとし、推奨していることや、学術的な賛否両論はないとしていること、長年にわたる全国の先進地や本市幼稚園等実施において、健康被害トラブル等が発生していないことなどから、安全であると判断したこと。 

姶良市議会 2016-11-29 11月29日-03号

1980年代にワクチンができ、世界保健機関WHOは、乳児全員へのワクチン接種を推奨しています。 B型肝炎ワクチンは、昨年の時点で、WHO加盟国194か国のうち95%にあたる184か国で、全ての赤ちゃんに定期接種されています。日本は、残り少ない定期接種化されてない国の一つでありましたが、ことし10月に定期接種化されました。

鹿児島市議会 2016-10-01 10月03日-07号

めるものなどであるが、このうち個人市民税関係の改正としてセルフメディケーション推進のための医療費控除特例が設けられていることから、この特例が設けられるに至った背景並びにその内容について伺ったところ、セルフメディケーションについては、健康的な生活習慣とともに医療や薬の知識を身につけることで、軽度な症状であれば、病院に行かずとも、みずからの知識で市販の薬により治療できるようにしようとするものであり、世界保健機関

鹿屋市議会 2016-09-13 09月13日-03号

世界的に見ても罹患率が高いことから、WHO世界保健機関は、ロタウイルスワクチン子供接種する最重要ワクチン一つに位置づけています。 日本では、ロタリックスロタテックの2種類のワクチンが認可され、2011年から任意接種が開始されました。どちらも生後6週間から接種可能で、ロタリックスは2回、ロタテックは3回接種することになっています。 

姶良市議会 2016-06-22 06月22日-04号

WHO世界保健機関は、2014年に胃がんの8割がピロリ菌感染原因であることを発表しました。ピロリ菌検査や、新しい胃がん検診方法として利用されている「ABC検査」の導入で、胃がんの撲滅に向けた取り組みを具現化する考えはないかを問います。 次に要旨2、佐賀県では、本年度から県内の中学3年生約9,000人を対象にピロリ菌感染検査実施を開始しました。

鹿児島市議会 2016-06-01 06月20日-02号

三期目におきましては、明治日本産業革命遺産世界文化遺産の登録、世界保健機関が推奨するセーフコミュニティ国際認証取得など、本市が目指してきた世界基準世界レベルまちづくりが認められるとともに、本市初鹿児島マラソン二〇一六の開催や市立病院交通局舎の移転、谷山連続立体交差事業の整備、本庁舎西別館の竣工など、本市にとりまして重要な施策・事業も着実に実を結んできており、市政は確かな歩みを続けていると

鹿児島市議会 2016-03-01 03月01日-05号

鹿児島市は、平成二十八年一月二十九日にWHO世界保健機関が推奨するセーフコミュニティ国際認証取得しました。認証記念イベントや市のホームページで取り組み紹介もあり、改めてモデル地区の皆様の取り組みはもちろんのこと、分野別対策委員会の分析、対策の企画、実施、活動、効果検証、そして、工夫改善を重ね、現地審査で高い評価をいただき、見事、認証を得られたことに敬意を表します。