425件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

伊佐市議会 2019-06-06 令和元年第2回定例会(第2日目) 本文 2019年06月06日開催

◯15番(柿木原 榮一議員)  そのほうが無難かなと思いながら、先ほどの視察に行きました富士河口湖町のところも、ある建設業者が購入されて、大会があるときにはその業者に設置をしていただくというような話もされておりましたが、先ほど判定の話がありましたが、カヌー競技ルールがあると思いますが、審判判定に写真判定を導入ということですが、ビデオとか、そのようなものまでしていかれるのか、お伺いさせてください。

霧島市議会 2019-02-26 平成31年第1回定例会(第3日目 2月26日)

○25番(前川原正人君)  やはり,正規職員と同等にというのは,確かに地公法があったりとかで,法律の一つのルールがありますので,難しさはあると思うんですけれども,やはり市民サービスを向上させるという点では,正規職員でも非正規職員でも変わらないわけであって,やはりそれに伴う労働報酬,若しくはその処遇改善というのは,当然よりよくなっていくべきであるし,するべきだと,そういう認識でよろしいですね。

霧島市議会 2018-12-26 平成30年第4回定例会(第6日目12月26日)

予算流用については,必要に迫られているということだけを強調され,それが実際のルールとして,議会側にも目を向けて対応するという気持ちがあったのかと感じる。しっかりと執行部にもルールを守ってもらいたいということを,この機会にしっかりと要請したいとの意見がありました。議案処理に入り,反対討論として,予算流用について,このこと自体を否定するものではない。

伊佐市議会 2018-12-07 平成30年第4回定例会(第5日目) 本文 2018年12月07日開催

学校の空調設備設置と3番目の補正予算の小・中学校の空調設置についてでございますけども、2番のほうは確かに一般質問として9月に教育長が答弁したことに対しての、それが再び一般質問の場で取り上げられるのもそうだろうかなというふうに今の質問と答弁を聞いていて思いましたけども、3番目の補正予算につきましては、この12月議会で出しているのについて一般質問で今のような質疑応答があるというのは、これは議会質問ルール

霧島市議会 2018-12-06 平成30年第4回定例会(第4日目12月 6日)

しかしながら,中山間地域の市営住宅への転居を可能とすることにより,自然豊かな環境子育て希望する方々などの住宅が確保されるとともに,定住人口の確保及び地域の活性化のほか,住宅有効利用にもつながることから,一定のルールの下で運用できないか検討してまいります。 ○建設部長兼まちづくり調整監(堀之内毅君)  次に,2点目にお答えします。

伊佐市議会 2018-12-06 平成30年第4回定例会(第4日目) 本文 2018年12月06日開催

◯市長(隈元 新君)   登  壇  三つの自治体の対応がそれぞれ少しずつ違うということで、質問なさるとしましても大変やりにくいというのはよくわかるような気がするわけですが、まず前提としまして、地方自治体の場合はそこの自治体がやはり施策において最終的な決定をするということがルールでありますので、私どもが二つのまちにつくるかつくらないかということを相談して決めなければならないということにはなりませんので

霧島市議会 2018-12-05 平成30年第4回定例会(第3日目12月 5日)

供給力が電力需要を上回るような場合には,電力広域的運営推進機関があらかじめ定めた優先給電ルールによって,九州エリア内全ての火力発電の出力抑制や九州以外への送電等が行われますが,それでもなお,需要と供給のバランスが図られないと見込まれる場合には,バイオマス発電についで風力発電及び太陽光発電の出力制御が行われることになります。

伊佐市議会 2018-12-05 平成30年第4回定例会(第3日目) 本文 2018年12月05日開催

学校教育におきましては、小中学校における情報モラル教育は、子どもの発達段階を考慮しながら、国語科、社会科、技術家庭、そして総合的な学習の時間にネット社会ルールマナー責任などについて学習しております。また、道徳では、ネット社会に潜む危険を回避しようとする態度や、相手の立場に立って考えることの大切さ等を学ばせております。  

霧島市議会 2018-12-04 平成30年第4回定例会(第2日目12月 4日)

それともう一点は,天降川小学校の関係及び全ての学校,7校で影響があって,それに対する予算ということで理解をするわけですけれども,この天降川小学校の屋内運動場,これは大体10年弱,9年程度が経過をしているというふうに認識を致しておりますが,この災害自然災害ではありますが,その瑕疵担保責任,これは施工業者に対して,大体引き渡してから,10年間の瑕疵担保責任というのもひとつの協定というか約束ごとでルール

伊佐市議会 2018-09-21 平成30年第3回定例会(第6日目) 本文 2018年09月21日開催

これにより個人情報についてのルールは何ら変わるものではなく、あくまでも法令上の定義である」との説明でした。  質疑を終わり、討議はなく、討論もなく、採決の結果、「議案第54号」は全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。  次に、「議案第55号 伊佐市農業委員会委員等の定数に関する条例の一部を改正する条例の制定について」報告します。  

霧島市議会 2018-09-14 平成30年第3回定例会(第5日目 9月14日)

3,本市では,市P連等の提案で夜9時以降スマホ等は使わないとのルールがありますが,どこまで守られているのでしょうか。帰宅してから夜9時までゲームをしているのであれば,何の意味もありません。子供たちにどこまで浸透しているとの御認識でしょうか。市としてもう一歩踏み込んで,使用時間の制限を設定,啓発してはどうでしょうか。4,増田院長のもとに治療に連れてこられる子供のうち,回復が見られるのは僅か数%。

霧島市議会 2018-09-12 平成30年第3回定例会(第3日目 9月12日)

解体後の跡地利活用につきましては,このような土地市民の貴重な財産であることから,まず,公有財産としての活用ができないか庁内で協議し,利活用が見込めない場合は,民間への売却も含め,公有財産処分のルールのもとで計画的に処分を進めてまいります。 ○13番(前島広紀君)  それぞれ答弁を頂きましたので質問席からの質問を引き続き行います。

伊佐市議会 2018-09-07 平成30年第3回定例会(第4日目) 本文 2018年09月07日開催

市民へ御説明すると同時にというか、まだそれよりもちょっと早目のほうがいいのかと思うんですけども、当然、議会のほうに御相談といいますか、報告といいますか、そういうのをしながら市民の方々に御説明しなければ議会軽視にもなりますし、議会というのが市民代表するという、間接民主制制度の中ではこのルールというのは大事なことだというふうに思っていますので、今後とも十分に配慮してまいりたいと思っております。  

伊佐市議会 2018-08-06 平成30年第2回臨時会(第1日目) 本文 2018年08月06日開催

もし、工事中に発見されましたら収集、運搬、処理によりますマニフェストも必要ですので、見つかりましたときにはルールどおりの処理をお願いいたします。  最初に言いましたように、大口小学校を拝見させてもらいましたが、耐用年数が過ぎていると思うので、多数の生徒、先生方の命がかかっております。工事を請け負われた方々が熱射病等にかからないように御配慮願いたいと思います。  

垂水市議会 2018-06-22 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月22日−02号

まず、外国人労働者の受け入れにつきましては、議員も少し触れられましたが、昨年の全国市長会においても、この少子高齢化人口減少の進展に伴う労働力確保の観点から、外国人労働力の活用を検討すること、それと外国人住民が地域社会と共生できるよう日本語文化ルール等を学習する制度を構築するとともに、自治体が実施している事業に対して、十分な財政措置を講じること。  

霧島市議会 2018-06-15 平成30年第2回定例会(第5日目 6月15日)

そこらの部分は分かりますけれども,しっかりとルールにのって,取組を今後も求めて,私の質問を終わりたいと思います。 ○議長中村正人君)  以上で,阿多己清議員の一般質問を終わります。次に,14番,有村隆志議員から3件通告がされております。したがって,発言を許可します。 ○14番(有村隆志君)  公明党霧島市議団,有村隆志でございます。第2回定例会で発言の許可を頂き,感謝を申し上げます。

霧島市議会 2018-06-14 平成30年第2回定例会(第4日目 6月14日)

保険の適用,不適用ルールがあることを知らない一般市民の多くの方々は,近所に新しい整骨院ができて,各種保険使えます,その表示を見て,保険使えるんだと悪意はなく,軽い気持ちで施術を受けてしまっているのだと思います。そこで,提案なんですけども,保険が使える場合と,使えない場合の正しいルールを整骨院に表示するよう行政指導できないでしょうか。

霧島市議会 2018-06-13 平成30年第2回定例会(第3日目 6月13日)

みんながみんな公営住宅希望したときに入れるかというとそういうわけではないので,あそこにある公営住宅も古くなっていますので,年数的なものでいろいろ条件を外せたりというものがルール的にあったような気もするので,このような形で使わせることはできないものなのでしょうか。私もこちらの法律上のものは詳しくはございません。内副市長,よろしくお願いします。