運営者 Bitlet 姉妹サービス
905件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-07-06 垂水市議会 平成30年  6月 定例会(第2回)-07月06日−05号 外務省の有識者会合のエネルギー提言は、世界的には原子力は高リスクで、競争力のない電源であることが明らかになっているにもかかわらず、日本では、原子力が他の電源よりも安価であるという試算がそのまま使われている。投資リスクは高く、柔軟性に欠けるエネルギー技術への固執は、再生可能エネルギーの拡大をはばみ、日本のエネルギー転換を妨げてしまうと、政府の原子力推進の姿勢を厳しく批判しています。   もっと読む
2018-06-22 垂水市議会 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月22日−02号 会計処理の透明性確保、教職員の徴収管理業務の負担軽減、また教職員の方々が、未納分の学校徴収金を御自身で補填されるリスクをなくすことを目的に、学校給食費以外の学校徴収金についても、公会計化することも一つの手法と思われますが、導入に当たっての課題や問題点はあるのでしょうか。 もっと読む
2018-06-15 霧島市議会 平成30年第2回定例会(第5日目 6月15日) この事業は,虫歯や歯周病になりにくい強い歯を作るため,特に虫歯リスクが高い園児や小学校低学年期の児童に,フッ化物洗口を行っているものであります。昨年の3月議会で私も一般質問し,本市での取組も大いに進めるべきと申し上げ,できるだけ早い時期に全校実施の取組をと求めました。 もっと読む
2018-06-14 霧島市議会 平成30年第2回定例会(第4日目 6月14日) また,特定健診も病院にも全く行かない人がいて,その中には糖尿病ハイリスク者も多く存在しています。糖尿病は10年から15年掛けてゆっくりと進行していきます。この人たちが,早く重症化予防に取り組まなければ,このまま糖尿病性腎症患者が増え続け,国保財政はますます困難な状況に追い込まれてしまいます。この事実をもっと発信していく必要がありませんか。では,資料の3を御覧ください。 もっと読む
2018-06-13 霧島市議会 平成30年第2回定例会(第3日目 6月13日) だからどんどんどんどん高齢化リスクが当然上がっていくというのは目に見えているわけですね。ですから,こういう推計,予測で,こうなるであろうですけれど,まだそのときになってみないと見えない部分もありますが,やはり中長期的な,今回のすこやかプランも計画としてありますけれども,これは3年間ですので,まだ先を見据えた施策といいますか,手立てというのも当然必要になってくると思いますが,いかがですか。 もっと読む
2018-03-27 霧島市議会 平成30年第1回定例会(第7日目 3月27日) その辺のリスクはどの程度議論しているのか」との質疑には,「一昨年の雨量のことも計算して,盛土でGLを上げている。一昨年程度の雨量であれば浸からないということで,計画を進めている。再度,事業課と調整して確認の意味で協議したい」との答弁でした。 もっと読む
2018-03-22 鹿児島市議会 平成30年第1回定例会(2・3月)-03月22日−11号 次に、第一二〇号議案 後期高齢者医療特別会計予算におきましては、質疑経過を踏まえ、意見の開陳を願ったところ、委員から、「一点目に、後期高齢者医療制度は七十五歳以上という疾病リスクの最も高い年齢層だけで別の新しい医療保険制度をつくるという世界に類を見ない医療制度であることから、同制度を廃止し、もとの老人保健制度に戻すべきであること。 もっと読む
2018-03-08 鹿児島市議会 平成30年第1回定例会(2・3月)-03月08日−09号 昨年の九月議会でも紹介しましたように関西大学の安部教授は、「特急ワンマン化は、運転士が非常対応を一人でするためリスクが大きい。車掌乗務にかわる有効な安全対策はなく、望ましくない」と指摘されています。  そこで、森市長にお伺いいたします。  特急きりしまのワンマン化に対して乗客の安全が担保されないと思いますが、市長の見解とJR九州への対応を伺います。  以上、答弁願います。     もっと読む
2018-03-06 鹿児島市議会 平成30年第1回定例会(2・3月)-03月06日−07号 まず、優しさと思いやりの可視化である子ども食堂のリスクマネジメントとしての保険料の助成事業についてお伺いいたします。  議案にある食堂主催者への行事保険料助成による効果の期待と条件等含め事業の詳細はどのようなものか。また、スケジュールをどのようにお考えのものかお示しをください。   もっと読む
2018-03-01 鹿児島市議会 平成30年 第1回定例会(2・3月) 資料-請願・陳情審査結果一覧表 二項四号=本市国保では被保険者に対して、生活習慣病予防、重症化予防及び医療費の適正化を目的とし、特定健診、特定保健指導及び重症化ハイリスク者への訪問指導等を行っている。 もっと読む
2018-03-01 鹿児島市議会 平成30年第1回定例会(2・3月)-目次 …………………………………………354      ②周知方策……………………………………………………………………………………354      ③フォロー体制の充実についての考え方…………………………………………………354    (四)未来を見据え母子感染予防に取り組まれる森市長の思い……………………………354 三  のぐち 英一郎(無所属)   一 優しさと思いやりの可視化であるこども食堂のリスクマネジメント もっと読む
2018-02-28 鹿児島市議会 平成30年第1回定例会(2・3月)-02月28日−05号 ぜひとも着実に計画どおり進めていただきたいものですが、労働力の確保困難や資材費高騰の現状を勘案すると計画期間内の効果に数えるのはリスクが高いと考えますが、見解を示していただきたい。  以上、答弁願います。  次に、頑張る商店街支援事業について伺います。  近年、郊外に大型商業施設等が出店し商業施設周辺はにぎわっているものの、中心市街地や小規模商店街等は活気を失いつつあります。 もっと読む
2018-02-27 鹿児島市議会 平成30年第1回定例会(2・3月)-02月27日−04号 国において、長時間にわたる過重な労働は、疲労の蓄積をもたらす最も重要な要因であり、健康障害のリスクを高めるものとされ、そのことについては認識しており、長時間労働の改善を図り、ワークライフバランスを実現していくことは大切であると考えております。   もっと読む
2018-02-23 霧島市議会 平成30年第1回定例会(第5日目 2月23日) これを受けて鹿児島県も作成しておりますが,これは,1,糖尿病が重症化するリスクの高い未受診者,治療中断者を治療に結びつけること,2,治療中の患者のうち,重症化するリスクの高いものに対して保健指導を行い,重症化を予防することを目的に,医師会や糖尿病対策推進会議等と連携して取り組むことになっております。 もっと読む
2017-12-22 垂水市議会 平成29年 12月 定例会(第4回)-12月22日−05号 情報は、集積されるほど利用価値が高まり、攻撃されやすくなるというリスクを持っています。通知カードを受け取っていない人が市内で1,284人、番号通知すら終わるめどがないのに希望者が任意で申請する個人番号カードの交付作業が開始されています。他人にむやみに知らせてはならない番号と顔写真、氏名が一体で記載されているカードを持ち歩くことのほうが紛失や盗難のリスクを高めるものであります。 もっと読む
2017-12-22 鹿児島市議会 平成29年第4回定例会(12月)-12月22日−06号 第三に、設計、建設、維持管理、運営に至る業務が適正に行われているかをチェックするためのモニタリング体制の強化と本市と事業者間のトラブルを回避するためのリスク分担の明確化は不可欠ですが、搬入されるごみ等に処理不適物が混入していた場合のコスト増は本市が責任を負うなど、新たな負担増が見込まれる懸念があること。   もっと読む
2017-12-22 鹿児島市議会 平成29年第4回定例会(12月)-12月22日−06号 第三に、設計、建設、維持管理、運営に至る業務が適正に行われているかをチェックするためのモニタリング体制の強化と本市と事業者間のトラブルを回避するためのリスク分担の明確化は不可欠ですが、搬入されるごみ等に処理不適物が混入していた場合のコスト増は本市が責任を負うなど、新たな負担増が見込まれる懸念があること。   もっと読む
2017-12-14 鹿児島市議会 平成29年第4回定例会(12月)-12月14日−05号 また、そのサルコペニアによるリスクは何かお示しください。  答弁願います。 ◎健康福祉局長(上之園彰君) サルコペニアとは、加齢や疾患により筋肉量が減少することで、全身の筋力低下や身体機能の低下が起こることを指し、高齢者が要介護状態になる原因とされております。  以上でございます。    [徳利こうじ議員 登壇] ◆(徳利こうじ議員) 答弁いただきました。   もっと読む
2017-12-14 鹿児島市議会 平成29年第4回定例会(12月)-12月14日−05号 また、そのサルコペニアによるリスクは何かお示しください。  答弁願います。 ◎健康福祉局長(上之園彰君) サルコペニアとは、加齢や疾患により筋肉量が減少することで、全身の筋力低下や身体機能の低下が起こることを指し、高齢者が要介護状態になる原因とされております。  以上でございます。    [徳利こうじ議員 登壇] ◆(徳利こうじ議員) 答弁いただきました。   もっと読む
2017-12-13 鹿児島市議会 平成29年第4回定例会(12月)-12月13日−04号 甲状腺がんを発症するリスクを抑えるために、影響の大きい子供たちへの備えはとりわけ重要となっています。このような点でも、篠山市が子供たちの被曝を防ぐために努力を重ねられたことは、原発事故の教訓を生かした学ぶべき取り組みではないでしょうか。  改めてお伺いしますが、UPZ圏外である篠山市が安定ヨウ素剤の事前配布を始めたのはなぜでしょうか。   もっと読む